2018年09月18日

まちづくり関連本、など 1506 TSUKASA MIYOSHI

A the HIATUS PHOTO BOOK.JPG

「the HIATUS Bend the Lens Tour PHOTO BOOK On the Show.」
TSUKASA MIYOSHI、2018

今、銀座のギャラリーでザ・ハイエイタスを撮影した写真展が行われています。そこで手に入れた写真集です。最新の写真集ではありません。中身をみて、なんとなくこれが最もいいと思ったものを選びました。最新のものはサイズが一回り大きいです。なんとなくですが、サイズは自分が手にしたA5版がよいと思いました。

このような写真を撮る人を、ぼくは尊敬しているのだと思います。それは、自分がこのような写真を撮り続けることが無理だと思ったからです。人に向き合うことに怯えたのでしょう。別の言い方をすれば、人を食うことができなかったのだと思います。例えがおかしいかもしれませんが、そのことを怯えたのかもしれないと思います。

この写真集は、どの写真も好きです。自分が写真にのめり込めなかったことを思い出させてくれまるので。そして、買わなかった他の写真集も好きです。ハイエイタスのことをよく知っている訳ではありませんが、この写真集を眺めていると彼らの音楽が聞こえてきます。そして、もっとライブに行っておけばよかった、と思いました。たまたまウエノコウジ生誕祭でライブを観ることができただけですが、もっともっと音楽を聴いておけばよかった、と思いました。この写真に向き合うために、もっともっと。

このブログを書くために手持ちのアルバムを聴こうかと思いましたが、なんとなくやめてしまいました。連動しないものなのかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 15:38| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018318 本八幡@

A IMG_2842.JPG

「駅前」

駅前に情感が沸かないような気がしました。なぜだか分かりませんが、この写真を撮りながら。そのように思いました。



A IMG_2843.JPG

「きまっし」

石川弁です。金沢弁なのか。能登弁なのか。魚の種類で、能登弁だと理解したように覚えています。今度、本八幡に行く機会があれば、寄ってみたいと思いました。



A IMG_2844.JPG

「サイゼリア」

発祥の地だそうです。下手な史跡よりも意味が出てくるのだはないかと思いました。素晴らしいと思いました。住民たちには、見慣れた光景なのでしょうね。
posted by KAZZ Satoh at 14:53| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鑑賞的 0131 レアンドロ・エルリッヒ展B

A180327 レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館 (33).JPG

「模型が放つリアリティ」

模型が精巧に作られています。美術家の模型だと思いました。これを実物大で表現したのが「作品」となります。



A180327 レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館 (36).JPG

「階段とステージ」

このようなスペースを設計したいと思いました。



A180327 レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館 (38).JPG

「その下側」

階段とステージの下側は、このような模型でした。そうか、この展示はパブリックアートだったのかもしれません。



A180327 レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館 (39).JPG

「KANAZAWA」

金沢21世紀美術館に展示されています。もはや漢字で表記している状況ではないのかもしれません。



A180327 レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館 (41).JPG

「本人」

スペイン語でしたか。たしか、そうだったと思います。
posted by KAZZ Satoh at 14:44| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

まちのたね 018317 LAMY

A IMG_2841.JPG

「インク抜き」

新しい万年筆を買いました。6月頃の話です。それで、写真に写る万年筆に休息を与えることとしました。
posted by KAZZ Satoh at 15:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1505 浦沢直樹

A夢印.JPG

「夢印」
浦沢直樹著、強力:フジオプロ、小学館、2018

ようやく見つけて、読み終わった直後に思ったのは、映画を漫画で描きたいのだろうということでした。また今回も、映画を読んでいるような気になりました。小説とか物語とかの単語ではありません。映画という単語が最も適していると思いました。

慌てずに読むべきだったのかもしれません。表紙にフジオプロとあることに気がつけば、もっと面白く読んだのかもしれません。以前は手塚治虫。今回は赤塚不二夫。漫画の神様たちをリスペクトしています。次は、どなたでしょうか。別の興味を抱きました。

映画というキーワードに戻します。できれば、フランス人に映画化してほしいと思いました。日本人が撮るフランスの風景ではなく、フランス人が撮る日本の風景を見たいと思いました。できれば、フィルムはコダックで。現代はフィルムという感覚ではないのかもしれませんが、コダックの質感で観てみたいと思いました。石造りの街並みはコダックの質感が似合うと、昔に思ったことがあります。
posted by KAZZ Satoh at 15:16| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鑑賞的 0130 レアンドロ・エルリッヒ展A

A180327 レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館 (12).JPG

「みえるもの、みてるもの」

レアンドロの作品は、見えているモノは実物なのか、どうなのか。。。。やがて、どうでもよくなりました。



A180327 レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館 (14).JPG

「きづくもの」

人は、おそらく古来から「見えてしまったもの」だけを信じているのだと思います。



A180327 レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館 (17).JPG

「向こう側」

虚像であることを知りながら除きます。そして、本物ではないものと知りながら、リアリティを感じます。



A180327 レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館 (23).JPG

「迷路」

迷路が作品になっています。フィッティングルームが迷路になるとは。お見事としか言いようがありません。こういうものがアートなのだと思います。



A180327 レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館 (31).JPG

「なにを見ているのか」

多くの方がスマートフォンで写真に撮り、おそらくはSNSに挙げたことでしょう。その写真の撮り方が、その人のセンスを表してしまいます。アイロニーがどこに向かって発動されるのか、興味が尽きません。
posted by KAZZ Satoh at 15:06| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

まちのたね 018316 メガすぎる

A IMG_2837.JPG

「焼きそば」

大学の非常勤講師たちでの「授業の振り返り」に登場しました。大勢で食べるにはちょうどいいものでした。自分ひとりでは買う気になれませんが、面白いものです。自分が買い出し係だったとしても、買うと思います。

posted by KAZZ Satoh at 14:17| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018315 柏一八

A IMG_2802.JPG

「柏市まちづくり公社」

柏市まちづくり公社のビルが出来ています。素敵な飲食店が入居したので、現在は知る人ぞ知るオシャレスポットになっているようです。



A IMG_2814.JPG

「内覧会」

自分が訪れたのは、内覧会の時です。柏二番街商店会に案内が届いていたので、理事長さんたちと出かけました。



A IMG_2817.JPG

「素敵な場所」

おそらく素敵な場所なのだろうと思いました。そして、もっと素敵になってほしいと思いました。外観が分かる写真がないことに、今、気がつきました。部分写真ばかりでした。



A IMG_2821.JPG

「お土産」

ロゴが散りばめられたトートバッグを頂きました。ありがとうございます。
posted by KAZZ Satoh at 14:09| Comment(0) | 柏名物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鑑賞的 0129 レアンドロ・エルリッヒ展@

A180327 レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館 (4).JPG

「混んでいました」

2018年3月下旬に観に行きました。想像以上に多くの方が来館されていました。日本人の感度良好だと思いました。



A180327 レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館 (5).JPG

「理由」

自分は感度が良い訳ではなく、ウエノコウジの生誕50年記念ライブの前に寄るという姿勢でした。なぜ観たかというと、知り合いの建築家がレアンドロと友達だからです。凄い話です。



A180327 レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館 (6).JPG

「見つける」

この展覧会は写真撮影が許されていました。そうであれば、こちらも「アート」を探さなければならないでしょう。



A180327 レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館 (8).JPG

「雲が国」

何枚ものレイヤーに描かれている雲の模様が、国の形をを表現しています。なぜ雲なのか?なぜ曖昧な輪郭なのか?レイヤーが重なっている理由は?などと、考えが巡ります。いろいろとイメージが広がります。こういう行為がアートなのでしょう。現代は、とくに。
posted by KAZZ Satoh at 14:00| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

まちのたね 018314 ごーやー

A IMG_2834.JPG

「沖縄らしさか」

有楽町というか銀座エリアですね。沖縄のアンテナショップがありますが、そこで手に入れたものです。やはり苦いものでした。もう一回、買うかどうかは定かではありません。自分の場合は、苦手と思ったものでも、見つけると買ってしまうことがあるからです。やがてなれるかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 11:41| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする