2019年11月14日

まちのたね 019327 何の酒か

A IMG_5215.jpg

「夏」

くずまきワインです。白です。いつ飲んだのだろう。今年であることは間違いありませんが、季節を忘れています。

どこのワインが好きですか?と、訊かれたら「くずまき」と言ってしまうかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 12:04| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019326 ストーリーズ88

A DFRA1405.jpg

「お礼の品」

施主にお礼をしました。初めて、こういうことをしました。今後は、こういうことをできる仕事を増やしたいと思いました。

これの作者は、宮田琴さんです。このような作家が柏に工房を構えていることに感謝しています。自分にもほしい逸品です。
posted by KAZZ Satoh at 12:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1640 レヴィ=ストロース

A 哀しき熱帯T.jpg

「悲しき熱帯T」
レヴィ=ストロース著、川田順造訳、中公クラシックス、2001

ようやく、ひとつ終わりました。まだ半分残っていますが、とりあえずこれを全ページめくったことを喜びたい気分です。こんなことでいいのか?と自問したりしますが、何十年も読破できなかったものだから、これで良しとします。
 なぜ、読めなかったか?簡単に言えば、著者本人に興味を抱かなかったからでしょう。それよりも、著者が調査した集落の事例に興味がありました。著者が構築した分析方法をなぞりながら、自分のフィールドに向かうことが精いっぱいでした。20代のころです。たぶん、タイミングがずれたのでしょう。自分が大学生のころに、これを読んでいればよかったのでしょう。そんな思いばかり募っていましたが、とりあえず半分終わりました。後は、かつてのブラジルで調査された内容を「ページをめくる」こととなります。

なぜ、これを読みとおせなかったのか?それは、著者の描きっぷりが重いからです。憂いがのしかかってきます。また、こちらに知識がないものだから書かれている内容のいちいちが分かりません。そして、フランス語の翻訳の言い回しが、思いのほか辛い。それは、訳者のせいではなく、原文が複雑で重層的で、多様な読み込みが孕んでいるからなのだろうと思うに至りました。ぶっちゃけていえば、著者の愚痴めいた話に付き合えなかったのです。

では、今、なぜ読めたのか?これは中身が分かったという意味ではありません。ページを全部めくって、文字を追い終えたというだけのことですが、読みとおせたのは「今なら読めるのかもしれない」と思ったからです。それだけのことで、ここから何かを学びたいとも思いませんでした。逆に「今しか読めないかも」と思ってページをめくりました。

読み終えて分かったのは、構造主義的分析手法をなぞる程度の自分であったとしても、その時に呼んでおけばよかった。ということです。著者の思考の変遷や、底流に流れる「何か」の存在を感づいていれば、自分が調査させてもらった集落の理解がもっと深まっていたのかもしれません。今更、こんなことを書いていても仕方がないのですが、そんなことも思いました。

さて、年末年始に向けて「悲しき熱帯U」に向かうべきですが、このまま読み進めると息が詰まりそうなので、旧友が今年に上梓した本「戦後思想の修辞学」に映ります。パソコンの「更新して再起動」の最中にページをめくってしまいました。中身の理解はともかく、こちらのほうが読み進められるような気がしましたので、こちらを読み終えた後に「U」に取り組みます。たぶん、来年になると思いますが。
posted by KAZZ Satoh at 11:53| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月13日

まちのたね 019325 大きいサイズ

A IMG_5209.jpg

「ヴィレッジヴァンガード」

原宿にヴィレッジヴァンガードのハンバーガーショップがあります。そんなところにもはいってしまう2019の夏でした。美味しかったです。この手のものに期待はしていなかったので、というか、美味しい立派なハンバーガーを食べ慣れていないので自分の中に評価軸がありません。そういうことでした。
posted by KAZZ Satoh at 18:17| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

てぬぐい 0050 猫たち

A IMG_5207.jpg

「浮世絵から」

太田記念美術館の地下に「かまわぬ」が入っていました。そういうことだったのか!などと一人で合点して、これを買いました。気に入っています。夏のことでした。
posted by KAZZ Satoh at 18:14| Comment(0) | てぬぐい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019324 ストーリーズ87

A CWRX6569.jpg

「いいね。流山市」

流山市役所に行ったときに見つけました。いいですね。こういうものがシビックプライドを育むと思っていますので。
posted by KAZZ Satoh at 18:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019323 越谷アサイラム-6

A 190421 潤一@越谷アサイラム (117).jpg

「沖縄の型染」

アサイラムのイベントは沖縄が関係しているようです。たしか公式サイトにもそのようなことが書かれていました。アサイラムという単語をこのイベントに照らし合わせて考えると、日常のさまざまな窮屈に思えることから自分を解放して差別なども考え直して楽に生きようぜ、と自分なりの結論に達しました。



A 190421 潤一@越谷アサイラム (123).jpg

「どうやら」

ここが越谷のライブハウスの代名詞的な場所のようです。自分にとっては、モジョモジャですが、こっちのほうがメジャーなのだろうと思いました。あくまでも個人的な感想です。



A 190421 潤一@越谷アサイラム (134).jpg

「広いスペース」

広いです。存在感のある場所でした。ここで、仙波清彦とカルガモーズを観ることができたなんて。なんて日でしょう。ありがとう、越谷!


posted by KAZZ Satoh at 18:04| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

鑑賞的 0195 Mojo Moja

A IMG_5172.jpg

「アコースティックナイト」

ライブハウスは、いろいろな企画を持っています。それが定期的に行われます。そこに、うちの次男が呼ばれますので、ときどきチケット要員になります。

このような場所に来ることがないと、アコースティックギターやピアノの弾き語りが根強く演奏されていることを知らないままにいることになります。メジャーな空間、例えばテレビとかラジオとか、で流れにくく泣ているだけです。考えてみれば、いつの時代にも楽器を演奏する人たちがいて、どこかで披露されています。

このような企画は大事です。飛び込みでライブハウスに行くことはハードルが高いものですが、多くの人に見てもらえるといいのに。と、思います。
posted by KAZZ Satoh at 12:44| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019322 ストーリーズ86

A LRLG4395.jpg

「アートラインの定番」

アートラインかしわの定番メニューのひとつだと理解しています。柏にゆかりのある作家たちが、凄いことを知るとても良い機会です。この展覧会が長続きしていくことを期待します。そして、新しい動きが起きるかもしれないことを願います。

そういえば、「アートライン」の名前を使ったイベントが、かつて他の沿線でもありました。今は、どうなっているのでしょうか。
posted by KAZZ Satoh at 12:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019321 越谷アサイラム-5

A 190421 潤一@越谷アサイラム (106).jpg

「描くこと」

絵描きたちは黙々と描きます。人が見ていようが、写真に撮られようが。こういう姿勢を見習わなければなりません。



A 190421 潤一@越谷アサイラム (108).jpg

「描かれること」

何が描かれたのでしょうか?具体的に判断できる絵のことではなく、作者の思いの部分です。また、何が描かれてしまったのでしょうか?気になりました。



A 190421 潤一@越谷アサイラム (112).jpg

「飾られること」

瓢箪です。もっとも気になったのが瓢箪です。なぜ、瓢箪なのか?豊臣秀吉か?越谷の名産のひとつか?越谷のことを何も知らないことに気がつきました。しかし、あれから半年もすぎているのに、調べもしていない自分にも気がつきます。
posted by KAZZ Satoh at 12:29| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする