2017年02月27日

鑑賞 0034 シアターナイト@

A160827 シアターナイト@運河 (1).JPG

「イベントであるけど、作品でもあるので」

2016年8月に、千葉県流山市になると思いますが、東京理科大前の運河で理科大生によるイベントがありました。建築系の学生が主体であるため、運河を用いたインスタレーションが展示されます。よって、この記事のカテゴリーを「探索的」とせず、「鑑賞モノ」としました。

写真は、土手の上に配置された屋台です。雨が降ったので、大変な状況になっていました。このまま中止か。それとも天気予報を信じて続行か?運営側は決断に悩んでいました。



A160827 シアターナイト@運河 (3).JPG

「対岸」

映画「こうのとり、たちすさんで」を見たせいか、あれから30年くらいたっても「対岸」は「べつの国」と思ってしまいます。



A160827 シアターナイト@運河 (15).JPG

「川の中心軸」

先の写真の左端に写っているのが浮橋ですが、それを渡りました。そして、川の真ん中で写真を撮りました。左右対称に見える風景ですが、当たりまえですが右と左は異なる世界です。水辺公園があるエリアは両岸とも流山市ですが、もう少し先に行くと右側は野田市になります。自治体が変わるということは、市民サービスの在り方も変わるということです。

ちなみに理科大は野田市にあります。



A160827 シアターナイト@運河 (19).JPG

「インスタレーションの中を歩く」

ここを歩いたときは小雨まじりでした。続行されたら夜景が見られると思いましたので、ぜひとも中止にならないようにと思いました。

どうも、このような曇り空を観ていると、テオ・アンゲロプロスが描く「もうひとつのギリシア」を思い浮かべます。それは、日本人が思いもよらない空の色です。アテネやエーゲ海の観光用の写真には登場しにくい現実です。
posted by KAZZ Satoh at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

街づくり関連本、など 1333

Aショスタコーヴィチ 第6番 第9番.JPG

「ショスタコーヴィチ 交響曲第6番、第9番」
指揮:マリス・ヤンソス、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団、1991録音

ショスタコーヴィチのことはよく分からないのですが、ロシア革命のころに「革命」と名が付く曲を作っています。たしか、NHKの「らららクラシック」だったと思いますが、肯定的に創ったわけではないようなことを聞いたように覚えています。そして、指揮者である井上道義さんが、ショスタコーヴィチの交響曲全曲を演奏したことがあるということも聞きました。

柏あたりのCDショップでは、井上さんが指揮をした演奏がCDになっているものを見かけませんので、手に入りやすいものでコツコツと集めてみようと思いました。好きか嫌いかではなく、聴きながら何を感じるのか知りたくなりました。知らない世界が開けるかもしれません。

このCDは、全体の音圧が低いようです。最近のCD、特に日本のミュージシャンのものはラジオCDプレーヤーのようなものでも、よく聞こえます。それに比べると、昔のCDのようです。ですから、あまり迫力が感じられないのでヴォリュームを上げますが、音がもう少しクリアーであるとよいのに、、、などと訳知り顔になってしまいます。困ったものです。自分が。

さて、曲ですが、個人的には「近代」と呼ばれた時代のものが好きなようです。古典的な交響曲に比べて、ストラビンスキーなどのロシア系が好きなようです。まあ、クラシックのファンと言えるほどの教養がありませんので知らないものばかりですから、そのうち他の地域の作曲者たちに出くわすと大きな転換が起きるかもしれません。

自分でもよく分かりませんが、ショスタコーヴィチやガーシュインなどは、何回聴いても飽きません。国や地域の観点よりも、時代性なのかもしれません。自分が関心を示すのは。
posted by KAZZ Satoh at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

まちづくり関連本、など 1332

Aファリャ 三角帽子.JPG

「バレエ音楽《三角帽子》火祭りの踊り 他」
アンドレ・プレヴィン指揮、2016

このCDは2016年にリリースされたようですが、ライナーノーツの解説には2001年とあります。演奏は、1982年と1989年に行われているとのことです。

このアルバムを購入したのは、「予習」のためです。千葉県少年少女オーケストラの定期公演の演目のひとつが「三角帽子」です。まったく馴染みがないので、聴いてみたくなりました。スペインな調子が面白いです。このような楽曲を聴くと、ヨーロッパの音楽は、実は多重構造であることが分かってきます。いわゆる「クラシック」というものをジャンルで括っていますが、純粋クラシックと民族調クラシックと大きく分かれているのではないかと思います。クラシックに詳しくなく、民族音楽に興味を覚えていた自分としては、曲によって垣間見える民族調にヨーロッパの多重性と底力が表れているように思います。

EUと各国の在り方が、実はクラシック音楽に体現されているのではないかと、分かった風なことを思ってみたります。
posted by KAZZ Satoh at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1331

A遺族のための葬儀 法要 相続 供養.JPG

「遺族のための葬儀→法要→相続→供養」
二村祐輔監修、池田書店、2015

遺族になってから手にする本ではなくて、事前に気持ちの準備ができているとよいものだと思います。しかし、実際は難しい話です。父が亡くなって、葬儀がなんとな済んだタイミングで購入しました。ですから、この本に書かれている「葬儀」と「法要」にういては、事を進めている段階でした。

しかし、最も知るべきなのは「相続」というよりは、死亡後の「手続き」はどのようなものか?というところでしたので、役に立ちました。おかげで、葬儀が終わってからの一週間ほどで概ねの手続きを済ませることができました。真っ先に片づけなければならないのは、光熱費にかかる名義変更なのだろうと思いました。これをほったらかしにすると、口座引き落としの場合は大変です。

なんとなく感じているのは、一周忌を迎えるまでは、何かとやらなければならないことが多いのでしょう。そのように思っておけば、他の用事が舞い込んできても慌てずにすむでしょう。今年の運勢の注意事項に「重責多忙運」とあります。用心しなければなりません。
posted by KAZZ Satoh at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

まちづくり関連本、など 1330

Aトリトメナシ.JPG

「トリトメナシ」
チャラン・ポ・ランタン、2017

知っている人は知っている有名な人になってきました。と、勝手に思っていますが、自分などがおもう以上に多くの方が注目しているのだろうと思います。ミスター・チルドレンのライブにも登場するらしいですし。

さて、今回のアルバムも、元気です。テンポが速いです。こちらに元気があるときに聴くと、この人たちの元気さに打ちのめされる気がしました。ノリにノッている感じが伝わってきます。
 ところが、こちらが元気足りないとき、例えば二日酔いから復活できないでいるとき、、、そんな時に聴くと元気を沢山もらえる気がします。面白いものだと思いました。

面白いのは、Reiと片平里菜と共作している曲があることです。その他に東京スカパラダイスオーケストラともやっています。誰もが注目するユニットなのでしょう。
posted by KAZZ Satoh at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

かけあがれレイソル 0002

A2017 選手名鑑.JPG

「Jリーグ選手名鑑2017」
エル・ゴラッソ特別編集、2017

2月25日からJリーグが始まります。こちらは、葬儀があったこともあり、完全に出遅れています。まあ、毎年何かの理由でバタバタしていますので、こんなものかとも思います。

今年のレイソルは、選手が多く入れ替わりました。思いもよらぬ選手が移籍しました。それぞれにそれぞれの思いがあるのでしょう。どの選手も活躍してくれることを期待します。他のチームに移った選手たちが日立台で別のユニフォームを着る姿には違和感を覚えるでしょうが、それは仕方がないことです。

開幕が迫るということは、悲喜こもごもの10か月が始まるということです。応援してしまうから、勝手にうれしくなったりかなしくなったり、なさけなくなったり、、、これも仕方がありませんね。
posted by KAZZ Satoh at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | まちなかにレイソル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017062 鎌倉の商業施設

A160811 鎌倉文学館 (84).JPG

「ご利益ありそうな」

あるお店の前の舗装面に、店の敷地内と思いますが写真にある文様がありました。中央に「合格」と書かれています。合格祈願です。昨年の夏に見つけましたが、次男が高校受験を控えていたので、有り難いものに出くわしたと思いました。

おかげさまで、志望校に合格しましたから、ご利益があったのだと思います。落ち着いたら、再訪しようと思います。



A160811 鎌倉文学館 (86).JPG

「参考事例になりそうな」

商業施設を取り上げる建築専門図書に登場しそうな施設だと思いました。商店街であるにぎわう小路から中に入ると、ヨーロッパの中庭空間をイメージさせる場所が開けます。間口は広くなく、奥行きが長い敷地の有効利用の好例として評価されたのではないかと思いました。



A160811 鎌倉文学館 (87).JPG

「向こうが小路」

中には、小路からするとさらに地盤が低くなっています。そのためでしょう。中庭周りの建築は、小路に面した建築より半階分下がっています。計画時に、この段差がヨーロッパ的解決策を導き出したかもしれません。階段の在り方が、それを思わせます。
posted by KAZZ Satoh at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

鑑賞 0033

AIMG_4303.JPG

「下北沢にて」

2017年松の内に息子たちのバンドがライブを行いました。看板にある通り、最後に登場したのは王様です。看板の最上段に書かれている方がトリです。有り難いことです。一粒で2度美味しい感覚です。



AIMG_4305.JPG

「がんばれというしかありません」

親というのは困ったものです。塩素が上手いかどうか、もとい、、、、塩素を直接てにしては危険ですので、、、演奏が上手いかどうかはともかく人数稼ぎに参加するという、、、まあ、王様の演奏を聴くことができるので感謝しています。

しかしながら、写真に写るバンドは毎回工夫を凝らしているので、それはそれで面白いです。
posted by KAZZ Satoh at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まとのたね 017061 近代美術館跡

A160811 鎌倉文学館 (81).JPG

「あとのまつり」

鶴岡八幡宮の敷地内に神奈川県立近代美術館がありました。2016年8月の時点では、建物はありましたが閉館していました。ですから、建物があっても「跡」です。

閉館が決まってから訪れようかと思いましたが、慌てていくのも失礼かと思ってためらってしまいました。自分みたいなものでも厚かましく訪ねればよかったのかもしれません。



A160811 鎌倉文学館 (82).JPG

「輪廻」

蓮を見ると、福永明子さんが描かれる絵を思い浮かべます。それからというものの、絵を眺めるような気持ちで写真を撮るようになりました。
posted by KAZZ Satoh at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

まちのたね 017060 鶴岡八幡宮

A160811 鎌倉文学館 (72).JPG

「参道」

キレイになっていました。八幡宮に向かう通りは真ん中に人が歩く道がキレイになっています。両脇を車が通るなか、堂々とお宮参りをしているのだと思いました。

写真は、参道を歩き終わり、これから境内に向かうところです。参道に直角に交差するように、境内のヘリを走る通りは、交通量が多く人と車が交錯するなか大鳥居を潜ることになります。



A160811 鎌倉文学館 (75).JPG

「威厳」

土地の特徴を上手く活用していると思いました。このような発想が、もはや職業病です。なぜ、人は高いところに上がると高揚するのでしょうか。「高揚」という言葉を使ってしまいましたが、空気圧に歯向かう行為が人の心を開放でうすのでしょうか?



A160811 鎌倉文学館 (78).JPG

「輪廻」

大木が朽ちました。しかし、新しい芽が出ていました。何年かすると、ここに写る風景が変わるのでしょう。ゆっくり変わっていくのであれば、人は受け止められるのだと思います。
posted by KAZZ Satoh at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1329

Aピアノレッスン.JPG

「ピアノレッスン」
マイケル・ナイマン、1994

映画のサントラ盤です。先日、バラエティ番組で曲が流れたので、思い出しました。そして聴いてみました。そうしたら、テオ・アンゲロプロス監督作品のサントラ盤より哀しいことが分かりました。こちらのほうが感情を揺さぶります。テオ・アンゲロプロスのほうは、自分を遠くに連れていくような気がします。そして、彷徨うことを強いられるようなきがします。

ピアノレッスンは、内に籠ります。自分の内面に深く落ち込み、そして、眠らせておいた感情の蓋を開けらてしまいます。封じ込めていたものたちが、炭酸が吹きあがるようにこみ上げてきます。気を付けないと、収集が付かなくなります。

ゆっくりゆっくり聴かなければなりません。用心深く聴かなければなりません。作業が出来なくなります。
posted by KAZZ Satoh at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

まちづくり関連本、など 1328

A Musics For Films.JPG

「Music For Films」
エレニ・カラインドルー、1991

先に挙げた「こうのとり、たちすさんで」サウンドトラック盤と同じ時期に手に入れました。テオ・アンゲロプロス特集を映画館で上映されていたときです。このアルバムも映画館で見つけました。CDショップでは手に入らないと思い、決断しました。その時に買わないと、買えなくなるものがあります。海外旅行で、そのような経験を何度かしました。大したものではありませんが、あのときに買っておけばよかったと思ったものです。

このアルバムには3つの作品に提供された曲が納められています。「Landscape in The Mist」「The Beekeeper」「Voyage To Cite」ジャケットの写真は、「Landscape in The Mist」邦題は「霧の中の風景」です。ドイツに出稼ぎに行った父を追ってドイツに向かおうとする少女とその弟の話です。バルカン半島に霞む霧の向こうの世界に旅立つのですが、この姿がバルカン半島の現実を現わしているのかもしれないと思いながら観ました。

残念ながら、他の2作品は観ていません。しかし、チャンスがあれば観ておきたいと思っています。ギリシアの現実というものを正確に理解できる人がいるのだろうか?と、アンゲロプロスの映画を観るたびに思います。観光地のひとつとしてギリシアを眺めてしまいますが、そこに生活があります。
posted by KAZZ Satoh at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

まちのたね 017059 しずく媛

AIMG_4323.JPG

「愛媛の酒」

先日、両親の友人の方から頂きました。すでに呑んでしまっていますが、愛媛の酒です。息子さんの結婚式が松山で行われたということで、お土産を頂きました。

「しずく媛」とあります。「愛媛」だからだと思いました。四国の酒と聞くと土佐の酒を思い浮かべますが、米が取れて酒を作れる気候であれば、どこにでも銘酒が存在します。

有り難いことです。
posted by KAZZ Satoh at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1327

Aこうのとり、たちすさんで.JPG

「こうのとり、たちすさんで オリジナルサウンドトラック」
エレニ・カラインドルー、1992

テオ・アンゲロプロス監督作品「こうのとり、たちすさんで」のサウンドトラックです。眠っていたものを掘り起こしました。

四半世紀も前の映画であることに気がつきました。ですから、物語が霞んでいます。この映画が日本で公開されたころ、アンゲロプロスの映画がまとめて上映されました。頑張って観に行きました。旅芸人の記録は見逃したように思っています。

「こうのとり、たちすさんで」も映画ではっきりと覚えているのは、ジャケットの写真にあるシーンです。国境で離ればなれになった人々が、行き来を許されないまま、結婚の儀式をします。花婿と花嫁がそれぞれの川岸に立ちます。すごいことが起きていると思いました。バルカン半島の現実なのか、それともファンタジーなのか分かりませんが、相当なリアリティを感じたことを覚えています。

アンゲロプロスが描く、ギリシア北部マケドニア地方から東欧を遠望するような暗い空や風景を旋律にすると、このアルバムに納められている音楽になります。見事に体現されているのだろうと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

まちのたね 017058 この世界の片隅に

AIMG_4289.JPG

「お酒のラベル」

正月に義兄が呑ませてくれました。有り難いことです。この映画は思いのほかヒットを続けているようで、何よりです。多くの方に見てもらえるといいなあ、と思っていましたが、本当にそのようになりました。

そして、旧正月の少し前に、つまりは1月の末ころに呉出身の知人が送ってくれました。父の葬儀が出来てしまったので、まだ封を開けていません。やがて、大事に頂きます。
posted by KAZZ Satoh at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017057 由比ガ浜から長谷寺へ

A160811 鎌倉文学館 (54).JPG

A160811 鎌倉文学館 (57).JPG

A160811 鎌倉文学館 (58).JPG

A160811 鎌倉文学館 (59).JPG

A160811 鎌倉文学館 (62).JPG

「夏の鎌倉あたり」

昨年の夏に訪れたレストランです。カメラの特性を活かす写真を試みました。細かい設定をすることなしに、オートのままで撮りました。なんとなく、自分が恥ずかしい。
posted by KAZZ Satoh at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

まちのたね 017056 替え刃のこと

AIMG_4322.JPG

「シリーズ5」

電気カミソリ、現代風に言えばシェーバーですが、外刃が欠けてきました。今はまだ使えます。しかし、やがて交換しなければなりません。ということで、ビックカメラに買いに行きました。1月下旬のことでした。

そうしたら、合いません。おかしいなあ、と思っていたら、モデルチェンジされていることに気がつきました。困ったことが起きました。外刃は5000円弱しました。これを捨てるのももったいないことです。では、どうするか?

仕方がないので、新しいものを買いました。今、使っているものの替え刃はビックカメラに置かれていません。ネットで購入すれば手に入るようですが、すでに新しいモデルの替え刃を買ってしまいました。今のものは、使えるだけ使います。
posted by KAZZ Satoh at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017055 鎌倉文学館2

A160811 鎌倉文学館 (26).JPG

「うきうきすることなあに?」

たかどのほうこ展でしたので、このようなものがありました。これに書いて文学館の方に渡しますと、掲示板に貼ってくれます。

このときは「渦巻」を描きたくなりました。



A160811 鎌倉文学館 (28).JPG

「へんてこなどうぶつ」

まず、箱に手を入れてカードを3枚取ります。そこに書かれている文字を並べて名前を考えます。それから、三角や丸、四角に切られた折り紙を組み合わせて「へんてこなどうぶつ」を作ります。

はたして「へんてこ」になったのかどうか。。。。「へんてこ」に作るのは、とても難しくて面白いです。



A160811 鎌倉文学館 (34).JPG

「外観」

このような建物は、できる限り遺してほしいと思います。かたちあるものはやがて無くなりますが、かたちあるかぎりは残してほしいです。



A160811 鎌倉文学館 (40).JPG

「いったいどこだ?」

まるで日本ではないみたいです。このような建築を現代に造ろうと思っても、敵わないと思います。あの時代だから成しえたもの、というものが幾つもあります。ですから、現代は現代。あの時は、あの時。ということで。
posted by KAZZ Satoh at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

まちのたね 017054 にごり酒

AIMG_4286.JPG

「これも美味しい」

従弟が買ってきてくれたものです。震災復興ということで、会社内で時折、販売されるそうです。有り難いことです。年末年始に頂きました。
posted by KAZZ Satoh at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017053 鎌倉文学館1

A160811 鎌倉文学館 (2).JPG

A160811 鎌倉文学館 (8).JPG

A160811 鎌倉文学館 (15).JPG

A160811 鎌倉文学館 (24).JPG

「アプローチの妙」

鎌倉文学館は旧加賀藩主の別荘だと記憶していますが、お屋敷のなかにトンネルがあり、それを抜けて庭にでると、この風景です。素晴らしいと思います。何度も訪れてみたい場所のひとつとなりました。
posted by KAZZ Satoh at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする