2017年03月30日

鑑賞 0044 千葉県少年少女オーケストラ 第21回定期演奏会

A千葉県少年少女オーケストラ第21回定期公演.JPG

「これはチラシです」

毎年、3月最後の日曜日は定期演奏会です。おそらく、全国各地の吹奏楽部なども行うのでしょう。自分たちは、家庭の事情で千葉に行きます。



A千葉県少年少女オーケストラ 第21回定期公演(パンフ).JPG

「今回の目玉」

注目は、指揮者です。井上さんは何度も千葉県少年少女オーケストラの指揮を行っているそうですが、今回も登場しました。鑑賞する側からすると、井上さんの情熱やユーモアが目立ちますが、実はもっと凄いのは指揮が分かりやすいと思ったことです。派手なアクションに見えますが、踊っているように見えますが、それは善い音を引き出すためのアクションだと理解しました。

少年少女オーケストラのメンバーもそのことを十分に理解しているのだろうと思います。井上さんと同調しているように感じました。指揮者にとって、少年少女オーケストラの魅力は「同調と共有」なのかもしれません。もしかするとオトナのオーケストラでは起こりえない魅力なのではないかと、毎回のように思います。
posted by KAZZ Satoh at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

まちのたね 017082 深谷C

A161010 深谷 (11).JPG

「元酒蔵が文化拠点」

お目当ての映画館は、この敷地の中にありました。ここは「元酒蔵」です。このような建物を、そのまま活かしているところが素敵です。このような使い方が、歴史を物語り、そして文化の在り様を考えさせます。



A161010 深谷 (12).JPG

「中に入れば」

表の建物の脇を抜けていきます。それぞれの建物が、かつての酒蔵のままです。そして、そのまま新しい使い方がされています。

もし建て替えられるとしたら、この魅力を超えるものができるのでしょうか?



A161010 深谷 (13).JPG

「ここが映画の中の世界のようで」

映画を見に来たので、そのように思うでしょう。このミチの向こうから、役者たちが芝居をしながら出てきそうです。できれば、ここで映画を撮ってほしいと思いました。そのように思わせる場は、少ないのではないでしょうか。

このように各所を愉しんでしまうので、なかなか先に進みません。
posted by KAZZ Satoh at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1342

A千葉県少年少女オーケストラ 第20回定期演奏会.JPG

「千葉県少年少女オーケストラ 〜結成20周年・財団設立30周年記念〜」
2017

2016年3月に行われた演奏の録音です。ジャケットで判断できますが、20周年の記念は「第九」でした。その前に「シャコンヌ」(バッハ)を演奏しましたが、その後は第九です。プロのソリストと合唱は東京オペラシンガーズ。指揮は、下野竜也。なんと豪華な布陣でしょうか。とても10歳から20歳までのメンバーで構成されているオーケストラのものとは思えません。

アンコールに「大地讃頌」が収録されていますが、これも聴きごたえがあります。このような活動を千葉県がなされていることは賞賛に値します。知事がどなたであっても、この活動がとん挫しないことを願います。

叶うならば、ラ・フォル・ジュルネでも演奏してほしい。クラシックファンが各地から集うのですから、その方々に鑑賞していただきたいと思います。そして、このオーケストラをさらに成長させてほしいと思います。
posted by KAZZ Satoh at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

まちのたね 017081 深谷B

A161010 深谷 (7).JPG

「面白そうな場所」

深谷駅から目的地へ向かう途中で目に留まりました。なんだろうか?



A161010 深谷 (8).JPG

「深谷ベース」

この記事を書くために、うっかりサイトを検索していしまいました。
「深谷ベースのコンテナは基礎も含めて移動が可能な新しいコンセプトの建物です」
このように書いていあります。発信元は、深谷市商工振興課です。

区画整理事業のなかでも移動可能は「まちづくり基地」のようです。
いうまでもなく、おしゃれな雰囲気です。



A161010 深谷 (9).JPG

「こういうアングルが」

コンテナを使うというコンセプトですが、ここに定着している間の外構整備はちゃんとしています。そういうところを深谷市役所が理解しているということを理解しました。他の自治体と比べたくなってしまいますが、それは伏せておきましょう。
posted by KAZZ Satoh at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

まちのたね 017080 深谷A

A161010 深谷 (3).JPG

「宿場町」

古めかしい食堂です。ここで食べればよかった。



A161010 深谷 (4).JPG

「遺産」

中山道の宿場町のひとつであるということのポテンシャツを感じます。しかし、これをどのように活かすのか?というところが、悩みの種でしょう。
posted by KAZZ Satoh at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1341

Aイチカシ 第34回チャリティコンサート.JPG

「柏市立柏高等学校吹奏楽部 第34回チャリティーコンサート」

2016年12月に行われたコンサートの録音盤です。友人の娘さんが高校3年なので、最後のステージということですから、それを称えて購入しました。

通称「イチカシ」と呼ばれていますが、本当に凄い人たちです。すごい演奏です。音楽ジャンルの好き嫌いを抜きにして、一度、ご覧になることを多くの方に勧めたいと思います。この素晴らしさを感じることのできない人を疑ってしまいそうになるほどのコンサートです。

「高校生だから」「若いって素晴らしい」というような言葉では片づけられない完成度です。彼らに足りないのは、人生の円熟度だけかもしれません。しかし、幾つになっても円熟に向かえない自分のようなアホンダラからすると、尊敬しか浮かびません。

吹奏楽ファン、あるいはイチカシファンでない人でも、数年に一度はコンサートを観る機会があるといいと思います。そうやって、生きて行ければと思います。
posted by KAZZ Satoh at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 柏名物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

まちのたね 017079 深谷@

A161010 深谷 (2).JPG

「深谷駅」

2016年10月10日に深谷に行きました。目的は映画です。駅に降りて驚きました。なんだこれは?なんでこんなものができあがってんのか?しばし、呆れてしまいました。それは、実は「うらやましい」の裏返しでした。

駅舎がこのような姿になるためには、地元の尽力が相当なものだったのだろうと思います。JRが金を出すとは思えません。渋沢栄一という偉人が誕生したということが、後世の人々にこのようなものを造らせたのだと思うと、偉人の排出は一人で充分なのかもしれないという気になります。

話をずらすのですが、岩手県は「宮沢賢治」と「石川啄木」で稼いでいるのではないかと思うのですが、同じようなことが「渋沢栄一」や「野口英雄」などにも起きるのでしょう。やがてスポーツ選手たちも「偉人」の仲間にはいるのでしょうか。。。。日本の価値観が変化するタイミングに位置した人は幸いです。その方の功績が称えられます。

おそらく、これからも偉大なる功績を遺す人が生まれるのでしょう。問題は、それをどのように顕彰できるか?という部分なのかもしれません。「電子」の記録は増えれども、「駅舎」は増えないかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1340

A GIANT KILLING 43.JPG

「GIANT KILLING 43」
ツジトモ著、綱本将也原案・取材協力、講談社、2017

他のサッカー漫画を読まないので、この漫画の特異性がどのようなものか考えたことがないのですが、やはりすごいと思います。日本のプロサッカーにまつわるあらゆることを取り上げながら、その上でサッカーそのものの魅力を描いていると思います。

日立台でボランティア活動に関わっているので、スタジアムの描き方が。これは、日立台がモデルと言うことではなく、プロサッカーの試合そのものの描き方という意味ですが、よく取材しているなあと思います。カメラマンが選手を写真に納めるときの感情が描かれていますが、写真に撮りたくなる選手がどういうものかをカメラマンが語ります。これは、写真撮影に興味ある人は共感するでしょう。サポーターの視点だけではなく、記者の立場、カメラマンの立場、試合に行かないけど街で店をやっている人の立場、または旦那が試合に行ってしまうので店から離れられない奥さんの立場。チーム・スポンサーの立場。などなど。

全てが描かれてこそ、プロスポーツというものの在り方が考えさせられます。
posted by KAZZ Satoh at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

まちのたね 017078 ガラスと光と水

AIMG_4333.JPG

「休みの午後」

このような写真を撮ってしまうのは、クセのようです。
posted by KAZZ Satoh at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1339

A VINTAGE.JPG

「VINTAGE」
TOSHIKO & LEW、2008

先日、銀座山野楽器で見つけました。「生産中止」と書いてあるものですから、買わずにはいられないと思いました。裏を返せば、そのように書いてなければ、控えたでしょう。しかし、一度、ルウ・タバキンの演奏を聴いているので、見つけると手に取って眺めてしまいます。買うか買わないかは、その時の財布の事情に因ります。

ところで、このアルバムは夫婦でデューク・エリントンを演奏しているというものです。ビッグバンドの曲を二人で演奏するというものです。こういう演奏は、ごまかしがききません。演奏者の力が明確に出ると思います。すごいアルバムなのだな、と思って聞いています。飽きることなく聴けることを思うと、本当に力があるのだろうと思います。自分にみたいなモノ知らずでも、そのように思うのですから。
posted by KAZZ Satoh at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

まちのたね 017077 さまざまに微妙

AIMG_4337.JPG

「お年玉チョコ」

なるほどと思いながらも、なんだかなあ。的な。。。
posted by KAZZ Satoh at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1338

A都道府県の持ちかた.JPG

「都道府県の持ちかた」
バカリズム著、ポプラ社、2010

まず、ポプラ社から出版されていることに驚きます。児童書が主と思っている出版社が、このような本を出すことに嬉しい驚きを覚えました。

もしかすると、真剣に企画して辿り着いた答えなのかもしれません。どうすれば、都道府県に親しみを持ってもらえて、それぞれの概要を知るようになるのか。それが社会科だけでなく総合学習などに活かされていくのか。などを考えた挙句でしょうか。そうであれば、個人的にはなおさら嬉しいことです。

バカリズムの視点と絵が冴えています。思わず、なるほどと頷いてしまいます。そして、「各都道府県の持ちかた」を見ているうちに、それが都道府県ではないものに見えてくるところが不思議です。このような企画が増えると、世界は平和になると思います。

しかし、「持ちかた」ばかりみてしまい、概要やデータは素通りしてしまいます。ここが凡人であるところです。できる人は、ちゃんと概要やデータに目を通し、そこから更なる笑いのツボを探ることでしょう。
posted by KAZZ Satoh at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

まちのたね 017076 憲章がフラッグに

AIMG_4338.JPG

「柏駅周辺まちづくり憲章」

行政からみの計画は、作るばかりで誰も知らないと言われることが少なくありません。それは、行政側に根気強く広めていく姿勢があるかどうかと言われますが、関わった行政以外の方々も同様に問われるべきことかもしれません。

しかし、柏では少し異なります。だいぶ前のことですが、柏駅周辺まちつづくり憲章がアーケード内にフラッグとして掲載されました。まずは、このようなことを実践しなければ、先に進みません。そして、見えるかたちになったら、みんなで応援するしかありません。そうやって、効果が上がるように動かないとなりません。
posted by KAZZ Satoh at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 柏名物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

まちのたね 017075 冬の薔薇など

AIMG_4328.JPG

「細く」

薔薇が細く生きていました。花を咲かせていました。今年の正月に見に行ったときのことでした。あの時は、あまり間を空けずに眺めに行こうと思っていたのですが、もう彼岸です。



AIMG_4331.JPG

「霜柱」

霜柱を見なくなりました。それは、土がないからです。アスファルトなどに覆われてしまっているので。しっかりとした霜柱を観ることは大切です。こういうところから、子どもは何かを掴んでいきます。



AIMG_4332.JPG

「朽ちること」

かつて、父が作ったベンチです。木材が朽ちていました。そういうものですが、その現実を見ることができると考えるものです。

美術作品だと思いました。「変化」や「時間」を作品に組み込む発想が好きです。そして、建築物はそのものです。時間経過をどのように乗り越えていけるのか。乗り越える必要があるものと、期待されていないものがあることに気がつきますが、、、、
posted by KAZZ Satoh at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鑑賞 0043 第21回 芹沢_介作品展

A芹沢_介作品展 動物図鑑.JPG

「動物図鑑」

柏市郷土資料展示室にて開かれています。砂川七郎コレクションによるものです。芹沢_介作品のなかから動物が描かれたものを選んで展示されています。

このような企画は好きです。美術作品を親しみをもって眺められます。敷居を高くする必要はありません。気楽に眺め、そして記憶に刷り込んでいくことで、いつの日か影響を受けたかもしれない何かが出現することでしょう。

出現する何かは美術のそれではなくて、生活の一コマであってよいでしょうし、仕事に反映されるかもしれません。具体的に何が反映されるかは分かりませんが、「センスは知識から」という本があるとおりに、眺めて感じることが大切です。

もし柏に美術館があったなら、、、
posted by KAZZ Satoh at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

鑑賞 0042 KJSO 第34回定期演奏会

A KJSO 第34回 定期演奏会.JPG

「2017年3月19日」

柏ジュニアストリングオーケストラの定期演奏会を観てきました。今回、最もすごいなあと思ったのは、最後に演奏された「フィンランディア」でした。今回のメインは「くるみ割り人形」でした。これも良かったと思いましたが、その後が最も心に残りました。

ぼくは、このオーケストラが好きです。子どもたちと大人たちが一緒に演奏しているところです。大人にはエキストラの方だけでなく、団員として子どもたちと一緒にパンフレットに掲載されている人が何人かいます。こういうところが好きです。大きな家族のような楽団だと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017074 春だからか

A IMG_4569.JPG

「具合がわるい」

CDが止まります。毎年、春の季節に起きるような気がします。調子悪いのは、人間だけではないかもしれません。PCの具合も思わしくありませんし。
posted by KAZZ Satoh at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017073 棒茶

AIMG_4334.JPG

「ペットボトル」

見つけてしまうと、つい、買ってしまいます。
posted by KAZZ Satoh at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かけあがれレイソル 0006

A IMG_4571.JPG

「残念無念」

仙台相手に負けました。3月18日のことです。自分は、花粉の大打撃を喰らい、試合後は起きていられないくらいの状態となりました。

何十もの敗北感です。
posted by KAZZ Satoh at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | まちなかにレイソル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

かけあがれレイソル 0005

A170315 ルヴァン vs清水 (1).JPG

「ルヴァン」

3月15日は、ルヴァンカップがありました。自分にとって、今シーズン初めての日立台です。勝利に終わってよかったです。

今日(3月18日)は、Jリーグの試合です。相手は、仙台。今日もがんばれ!
日差しは春です。気温も高くなりそうです。しかし、キックオフ15時のころは、いかがでしょうか。気を付けなければなりません。
posted by KAZZ Satoh at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | まちなかにレイソル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする