2017年03月29日

まちのたね 017082 深谷C

A161010 深谷 (11).JPG

「元酒蔵が文化拠点」

お目当ての映画館は、この敷地の中にありました。ここは「元酒蔵」です。このような建物を、そのまま活かしているところが素敵です。このような使い方が、歴史を物語り、そして文化の在り様を考えさせます。



A161010 深谷 (12).JPG

「中に入れば」

表の建物の脇を抜けていきます。それぞれの建物が、かつての酒蔵のままです。そして、そのまま新しい使い方がされています。

もし建て替えられるとしたら、この魅力を超えるものができるのでしょうか?



A161010 深谷 (13).JPG

「ここが映画の中の世界のようで」

映画を見に来たので、そのように思うでしょう。このミチの向こうから、役者たちが芝居をしながら出てきそうです。できれば、ここで映画を撮ってほしいと思いました。そのように思わせる場は、少ないのではないでしょうか。

このように各所を愉しんでしまうので、なかなか先に進みません。
posted by KAZZ Satoh at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1342

A千葉県少年少女オーケストラ 第20回定期演奏会.JPG

「千葉県少年少女オーケストラ 〜結成20周年・財団設立30周年記念〜」
2017

2016年3月に行われた演奏の録音です。ジャケットで判断できますが、20周年の記念は「第九」でした。その前に「シャコンヌ」(バッハ)を演奏しましたが、その後は第九です。プロのソリストと合唱は東京オペラシンガーズ。指揮は、下野竜也。なんと豪華な布陣でしょうか。とても10歳から20歳までのメンバーで構成されているオーケストラのものとは思えません。

アンコールに「大地讃頌」が収録されていますが、これも聴きごたえがあります。このような活動を千葉県がなされていることは賞賛に値します。知事がどなたであっても、この活動がとん挫しないことを願います。

叶うならば、ラ・フォル・ジュルネでも演奏してほしい。クラシックファンが各地から集うのですから、その方々に鑑賞していただきたいと思います。そして、このオーケストラをさらに成長させてほしいと思います。
posted by KAZZ Satoh at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする