2017年05月10日

まちのたね 017125 日本でギリシャ

A IMG_4664.JPG

「コースターにもなります」

陶器に絵が描かれています。エーゲ海の風景です。たぶん。壁掛け用の金具もついています。ですから、これはコースターではありません。飾りです。

でも、コースターにしています。神戸で手に入れました。
posted by KAZZ Satoh at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1353

Aローマ人の物語 32.JPG

「ローマ人の物語 32 迷走する帝国[上]」
塩野七生著、新潮文庫、2008

「危機」の性質(キャラクター)のちがいについて。と冒頭に書かれています。この言葉の意味は物凄く重いと思いました。歴史に学ぶ。と言われますが、学んだものを活用するときのやり方が肝心であることを痛感します。

この巻に登場する皇帝たちは、それぞれに有能なのだろうと思いました。歴史を勉強し、哲学を勉強し、よく覚えており、、、それを自分の治世に応用しています。しかし、冒頭の文章がすべてを語ってしまいます。過去と今は、必ずしも同じではない。今の状況を見据えた場合、過去の成功が活かされないことも起こりうる、ということが描かれています。

このような皇帝たちを知っているからこそ、塩野さんはユリウス・カエサルの素晴らしさを謳うのでしょう。シビリアンでもありミリタリーでもあるという性質を持ち得ることの難しさを教えられているのだろうと思いました。この巻に描かれている皇帝たちを知ると「時代が悪かった」ということはあり得る、と観念しました。
posted by KAZZ Satoh at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする