2017年05月15日

まちのたね 017131 青森❹A Factory

A161026 二戸、青森、八甲田 (41).JPG

「元青函連絡船」

青森駅から港へ延びるエリアは、元々、青函連絡船の発着場所だったそうです。記憶に間違いがなければ。
そこに、商業施設ができています。
つまりは、JR東日本が運営しています。



A161026 二戸、青森、八甲田 (59).JPG

「なかはつながっている」

家形をしていますが、中は一体です。壁はありません。商業施設だから、壁はないほうがよいです。



A161026 二戸、青森、八甲田 (63).JPG

「しゃれているところに」

人はどこに集まるのでしょうか。少し離れていても、行きたいと思うところには行きます。そういうものです。行きたいと思わせるためには、時代の流行を掴むことが大事です。商業施設ですから。

生き延びるデザインと、それを気にしないデザインがあるように思います。この施設が生き延びるかどうかは、分かりません。あっさり建て替わるかもしれません。むしろ、それを見越しているのかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かけあがれレイソル 0013 市民活動フェスタ

A170514 市民活動フェスタ (2).JPG

「ボランティア部会」

5月14日(日)は柏駅周辺で柏市民活動フェスタが行われました。我々ボランティア部会も市民活動団体として登録しているので、参加してきました。このようなブースを用意していただけるのは有り難いことです。

このような催事が効果あるのか?各団体にとって何らかの利益をもたらすのか?などと、費用対効果の効用を求める声も聞きますが、やらなくなった場合の費用対効果の話を聞くことはほとんどありません。また、費用に還元できにくい効果については、どのように評価するのか?などと面倒くさい話を考えてしまいます。

効果がどのようなものか?という外野の話はともかく、参加している方々は生き生きとしていました。どの団体も。それは、まず評価されるべき事だろうと思います。また、このような催事が柏市にとって大事なモノであれば、それがもっと活かされる空間整備が連動してくるといいのになあ、と思います。都市計画には、そのような力があるはずです。期待したいところですが、、、
posted by KAZZ Satoh at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | まちなかにレイソル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする