2017年05月16日

鑑賞 0048 渡野辺マント@WUU

A IMG_0020.JPG

「5月14日」

柏の街で市民活動フェスタが行われた夜に、渡野辺マントさんのライブがありました。観ようと思ったのは、白崎映美が来ることを知ったからです。もう上々颱風のライブは観られないと思っていましたから、この機会を逃すと次はないと思いました。

この日は、渡野辺さんの還暦を祝うライブでした。まったく、そのようなことを知らずに見に行っていることを恥ずかしく思いました。4組のバンド演奏がありましたが、どれも素晴らしく、「一粒で二度美味しい」の二乗でした。

最初は、渡野辺さんと猪野陽子さんが営んでいるらしい音楽スクールの先生方の演奏です。これが、ものすごくかっこいい。いやあ、これを視られただけでもよかった。できるななら、この方々のワンマンも観たい。

続いては、ニューオリンズでしょうか。リズムアンドブルーズの匂いたっぷりの坂東さん。いやあ、かっこいい。もう、それしか言葉が浮かびません。長くなるので、これで留めます。

次は、はにわか?と思うようなコンセプトバンド。しかし、根っこはアフリカンビート。それに、さまざまな世界の音楽のテイストが織り込まれて、笑える演奏でした。これも、ワンマンを観たい。しかし、ネタはあるのか?

最後に、白崎さんが登場してもリトル上々颱風。最後に、レットイットビーを歌ってくれました。これを再び聴けるとは思ってもいませんでした。長生きするものだと思いました。ポールのライブは観なくても後悔しませんが、上々颱風ヴァージョンを柏で聴くチャンスを逃していたら一生ものの後悔となったことでしょう。
 実は、その前の日にカラオケで、ぼくはレットイットビーを歌いました。翌日に思いを馳せて。よかった。本当によかった。上々颱風がバカなバンドで。もちろん、誉め言葉です。
posted by KAZZ Satoh at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017132 青森❺ 青森の街の断片

A161026 二戸、青森、八甲田 (48).JPG

「再開発ビルの地下」

青森駅前の再開発ビルの地下に市場があります。昔は、地上にあったとのことですが、再開発で地下になりました。その上が図書館や商業施設などが入っていました。先日のニュースで、このビルの経営が上手くいっていないことが報道されました。地方の都市経営戦略は、常に安泰ではありません。

個人的には、興味を覚えます。地下に市場が入るので、1階にいるときに、地下の市場の雰囲気や匂いが感じられるということに。なぜなら、1階で衣料品などが売られていたと記憶しているからです。このような場所で買い物をする人がどのくらいいるのだろうか、と。

しかし、問題はそういうことではないのでしょう。10年くらい前に視察で訪れたときも思ったのですが、街に人影が少ないのです。市長はコンパクトシティ構想をいち早く打ち出されましたが、納得しました。県庁所在地といえども、とても苦しいのだろうと思いました。

賑わいを取り戻す鍵は何なのか?青森の後に向かった八戸にヒントがあったように思いました。



A161026 二戸、青森、八甲田 (55).JPG

「姫林檎」

街路樹が林檎の木です。これは素敵でした。徹底的に地元の話題にこだわる姿勢は好きです。
posted by KAZZ Satoh at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする