2017年06月08日

まちのたね 017157 おかえりなさい

A IMG_4796.JPG

「もう、そんな前なのか」

ソフトバンクホークスに川崎選手が在籍していたころに手に入れました。福岡視察があった際に。その後にメジャーリーグに挑戦しました。そして、今はソフトバンクに戻ってきました。最近は試合にも出ているようです。スポーツニュースで見かけます。

何年前のことだったのでしょうか。忘れています。このTシャツの存在も忘れていました。先日、衣替えやら衣類の整理やらをしているときに発見しました。

リスペクトしています。
posted by KAZZ Satoh at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017156 紫波町❸オガール@

A161028 盛岡、紫波 (32).JPG

「ファクトリーな」

青森で「Aファクトリー」という商業施設を見たからかもしれません。オガールの施設を見ても「ファクトリー」と思いました。この形態は、牛舎などをイメージしているのではないかと思いますが。



A161028 盛岡、紫波 (33).JPG

「商業施設だけではない面白さ」

オガールスペースと呼ばれている建物です。民間複合施設だそうです。先の写真は官民複合です。「民間」と「官民」の違いです。「民官」とは言いません。

なぜ、このような施設ができるのか?それは、よい計画者がいるからです。しかし、もっと注目すべきは、よい決断者がいるということでしょう。つまりは、紫波町の政治のトップにいる方々が面白いのだと思います。お役人様にありがちな前例主義を打破する力があるのでしょう。



A161028 盛岡、紫波 (34).JPG

「よき計画者たち」

この建築を直に見て思うのは、「建築する」ことの意味がすっかり変わっていることです。大学で教わった感覚の建築家像は、もはや古いものです。古いからダメだというのではなく、古いものを乗り越えた姿があるように思います。

柔軟なのだと思います。現代の建築家は。そして、形をまとめるのが上手いと思います。面白いのは、凄い感動を得る訳でもないところです。昔の建築が放つ威厳のようなものは感じられません。それは、この文章を書いている自分の資質の問題かもしれませんが、明らかにかつての建築と異なると思います。

何が異なるのかは、おいおい考えていきます。
posted by KAZZ Satoh at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする