2017年07月14日

まちのたね 017190 三角地の有効活用

A IMG_0038.JPG

「活用と規制」

少し前の話ですが、柏市まちづくり公社の脇にテントがありました。そこでサンドウィッチなどが売られていました。これは、まちづくり公社による社会実験だったと思います。このような試みが各地で行われることを期待しました。

なぜかというと、街が少し華やぐような気がするからです。そして、おしゃれな風景だと思うからです。

一方、好ましくない露出も生まれます。そのひとつが客引きなどです。それと、露店。季節外れに干し柿を売る露店を見かけることがあります。また、大道芸。これらを全部取り締まるのは無粋なところもありますが、上手くコントロールできる仕掛け作りが必要かと思います。まちづくり公社は、都市再生整備法人でもありますから、その塩梅でも影響力を発揮していただければと思います。
posted by KAZZ Satoh at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 柏名物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鑑賞的 0058 歴史民俗博物館にて

A見世物大博覧会.JPG

「見世物大博覧会 現代編」

千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館は、なかなかに侮れません。このようなタイトルの展示を行います。「民俗」が重要なテーマの博物館なので当然のことなのかもしれませんが、ちょっとドキッとする企画だと思いました。

昨年度末に開かれた企画の続編という位置づけのようです。今回の目玉は現代編ということもあって、人間ポンプの安田興業社の安田さんによる実演の映像でした。ぼくは、このような映像を昔にテレビで見たことがあります。安田さんだったかどうかは覚えていませんが、人間ポンプの芸を覚えています。子供でしたので、自分にもできるのかもしれないと思いました。

「見世物」という言い方には、なんとなく差別的な雰囲気がなるような気がするのは自分だけでしょうか。しかしながら、言葉が示す意味合いは時代とともに変化するので、当時は今よりも気楽な言葉だったかもしれません。言葉が放つ威力と、実際の状況の変化を緻密に辿り、記録していくことは民俗学が成しえるべき仕事なのだと思いました。ここの博物館は、しっかりと見据えているのだろうと感じます。

ちなみに、安田大サーカスと安田興業社は無縁のようです。つながりがあるのかもしれないと思いましたが、ないようです。
posted by KAZZ Satoh at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017189 能登のお茶

A IMG_0032.JPG

「石川県のアンテナショップ」

有楽町線の銀座一丁目駅界隈は全国の道府県のアンテナショップが幾つもあります。これは、実は素晴らしいことだと今年度になって気がつきました。全国の名産が手に入るのですから。旅行などで訪れた後に立ち寄れば、思い出が増幅するでしょう。旅行の前に訪れば、事前リサーチにつながるでしょう。

大学で非常勤講師をしていますが、今年度から豊洲へ行先が変わりました。よって、時間に余裕があるときはアンテナショップ巡りを楽しむことができます。
posted by KAZZ Satoh at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする