2017年07月17日

まちづくり関連本、など 1376

A国立西洋美術館.JPG


「東京発の世界文化遺産 国立西洋美術館」
山名善之著、Echelle-1、2016

これを手に入れたのは、「無限成長美術館」というキーワードが分かっていないことと、当時の図面が収録されているからでした。

る・コルビュジェは「無限成長」という思想があったようです。難しい本を読みたくなかったので避けて生きてきましたが、なんとなく、それではまずいような気がしたので手に取りました。これは、建築が竣工したときに建築生命がフリーズするのではなく、その後の時代の変化に柔軟に追随できる仕組みを考えた結果なのだろうと、拙い知識で理解しました。建築は永遠でありたいと思ったのでしょう。そして、永遠の在り方は、完成したかたちにあるのではなく、変化し続ける姿にあるのだと考えたのでしょう。

図面は、もっと「力」を認められるべきものだと思います。手描きの図面は、現代だからこそ展示する必要があります。そこからあふれ出る熱意や愛を開示すべきだと思います。ですから、その片鱗でも感じられるものを見つけると手に取ってしまいます。



posted by KAZZ Satoh at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017191 

A IMG_0034.JPG

「結果的に」

なぜか、大学の生協で発見します。しかも一度きり。これはどういう仕組みなのでしょうか。今年度は、東大宮の校舎から豊洲に移りましたが、豊洲でも見つけました。

で、見つけると買います。そして、次の機会にも、置いてあるか探してしまいます。






posted by KAZZ Satoh at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする