2017年08月31日

鑑賞的 0068 ビッグバンド

A山野ビッグバンドジャズコンテスト パンフレット.JPG

「山野ビッグバンドジャズコンテスト」

うちの長男が棚から牡丹餅的に出場となりましたので、家族総出で行ってきました。次男も休みだったこともあり、最初で最後かもしれない舞台を一緒に見ることができました。

今回で48回目とのことです。そして山野楽器創立125年とのことです。今回だけ、東京フォーラムで行われました。昨年までは大宮ソニックシティでした。来年は、府中の森のようです。棚から牡丹餅的強運の持ち主のようです。うちの長男は。



A山野楽器ビッグバンドジャズコンテスト 団扇.JPG

「団扇になります」

くりぬけば団扇になります。ナイスは作りだと思いました。コンテストは2日にわたります。全部聴くことができるのは、審査員とファンの方々です。出演者は無理です。搬入、演奏、撤収があります。ただ聴きに行っている立場からすると、出入りが激しい学生をもったいなく思います。しかし、仕方がありません。

もっとも学生たちは他のバンドを愉しんで聴く余裕はないでしょう。そのような気分になるのは卒業してからかもしれません。

初日の最後に審査員スペシャルバンドが登場しました。今回だけの特別プログラムとのことです。これを聴けたのはラッキーでした。長男は聴けなかったようですが、こちらは長男のおかげで聴くことができました。スペシャルバンドは、かつてコンテストに出場した後にプロとして活躍している方々です。そのバンドが母体となって、審査員の方々が代わるがわる登場する趣向でした。
 これを聴いて持ったのは、学生は学生で上手いのだけど、やっぱりプロはプロだ、と。一人一人の音の粒が立っていると感じました。素晴らしいです。個性ある音たちがバラバラにならずにアンサンブルを奏で、とても立体感のある音の塊が会場を包みました。

子どもたちに感謝です。生きていてよかったと思います。
posted by KAZZ Satoh at 10:00| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1390

Aジャズ 夏のはなしです.JPG

「ジャズ 夏のはなしです」
ささきたかお企画・構成・音源提供、2017

宮沢賢治の詩に「ジャズ 夏のはなしです」というのがあるそうで、また「ジャズ」という単語を大正15年の時点で使っているということで、そのほかの作品にも「ジャズ」が出てくるということで、このようなアルバムが生まれたようです。

このアルバムを見つけたのは、ハックルベリーブックスという本屋です。児童文学専門の本屋です。他のジャンルの本も扱いますが、基本的には児童文学や絵本が中心です。そして、このアルバムを直接仕入れたそうです。

宮沢賢治のことは詳しくありません。特別なファンでもありません。しかし、このようなアルバムは聴いてみたいと思いました。これを聴いたからといって宮沢賢治の世界を思い浮かべる訳でもありません。岩手の風景が浮かぶ訳でもありません。

SP盤の音に聴き入るだけです。
posted by KAZZ Satoh at 09:42| Comment(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

まちのたね 017244 「ふ」

A IMG_0300.JPG

「麩菓子の」

きれいなパッケージです。金沢土産だったと思います。ずいぶんと前に頂きました。このように、目でも楽しめる食べ物は嬉しいです。
posted by KAZZ Satoh at 09:43| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017243 

A IMG_0268.JPG

「柏WUU」

ここのライブハウスは凄いです。柏という立地がどのようなものなのか分かっていませんが、大物ミュージシャンが登場します。9月3日には山本恭司がやってきます。元カシオペヤのドラマーやベーシストたちも来ました。この方々は、毎年やってきます。9月には、アメリカからルウ・タバキンもやってきます。

有名な方々ばかりではないところが、また凄いです。地元で活動する様々な方が登場して、夫々の音楽を奏でています。

街の宝のひとつだと思います。
posted by KAZZ Satoh at 09:38| Comment(0) | 柏名物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

まちづくり関連本、など 1389

A BESTです.JPG

「BEST です」
バクドロップシンデレラ、2016

このバンドを知ったのは、日立台のゴール裏の方々のおかげです。昨年から、ゴール裏の方々が、バックドロップシンデレラの曲をチャントに活用していました。それが、バンドの方々とのコラボレーションとなり、ベスト盤のボーナストラックとして挿入されています。

これは買わないといけない。と昨年思いました。昨年のファン感謝デーにバックドロップシンデレラが登場しましたから。

でも、すぐには買いませんでした。要約、最近になって買いました。なぜでしょうか。好きなのに、だからこそ遠ざける。というような複雑な思いが生まれたようです。真面目な話、好きな楽曲が多いです。歌詞は早口なので聴き取れないことが多いのですが、バンドが奏でる雰囲気は好きな部類です。池袋とか与野とか地名が出てくるのも面白いです。

10周年記念ベストアルバムとのことですが、なんだか何度も聴いてしまいます。しっかりと活動されてきたのだろうなあ、などと余計なことを思いながら。また、日立台に登場してほしいです。
posted by KAZZ Satoh at 10:32| Comment(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鑑賞的 0067 @柏市民ギャラリー

A Be 美 .com.jpg

「Be 美 .com」

学校の美術系の先生方によるグループ展です。かつて、アートラインかしわにてワークショップをやってくれた方も展示されていましたので、寄ってみました。

このような企画が増えることを期待しました。美術や音楽の先生方は、もともとご自身が作品を成し遂げたくて音楽や美術を行ったのだと思います。そうであれば、「先生」に留まるだけでなく、「作家」の部分を表出してほしいです。学校の生徒たちが見に来れば、先生方への見方も変わるに違いないと思いました。

音楽の先生方にも期待します。
posted by KAZZ Satoh at 10:24| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

まちのたね 017242 土偶コレクション

A IMG_0265.JPG

「ヴィーナス土偶」

上野の国立博物館のガチャポンに国宝シリーズがありました。土偶と埴輪の。それは、長野県茅野市の尖石遺跡の博物館にもありました。

しかし、今年の6月くらいに行ったときは見かけませんでした。国立博物館の外にあるミュージアムショップには。そうしたら、西洋美術館の隣の売店のガチャポンに200円ものの土偶ガチャポンがありました。これで溜飲を下げたわけです。そして登場したのが写真に写るものです。

土偶に惹かれるのは、オーラを感じるからです。埴輪にも同じですが、土偶のほうが死者そのもの、あるいは身代わりの感じが強いように思います。正しい話かどうかは分かりません。埴輪は墳墓に並べられている風景に影響を受けすぎているのかもしれません。

もしかしたら土偶に惹かれるのは、身が詰まっている感じがするからでしょうか。埴輪のほうが焼き物としての技術は上なのでしょう。中空感は埴輪の良さです。その軽さは魅力です。ポップです。しかし土偶は思います。R&B的な土臭さを感じます。あくまでも個人の感想です。
posted by KAZZ Satoh at 10:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鑑賞的 0066 フェスボルタ@宮益坂上

Aフェスボルタ宮益坂上 タイムテーブル.JPG

「タイムテーブル」

2017年のフェスボルタは道玄坂方面のライブハウスを押さえられなかったと聞きました。そして宮益坂上になったとのことです。個人的には、今回の構成が面白いと思いました。会場が幾つかあるので、フェスボルタに訪れた人たちが街に露出することになるからです。街にイベントのアクティビティが露出して、静かな日曜日の風景に違和感を与えるのは、面白いことだと思います。



A170820 フェスボルタ@宮増坂上 (3).JPG

「Atamihotel Ganepark」

フェスボルタ来なければ、絶対に出会うことがないかもしれない人たちの一人だと思いました。しかし、もしかするとそうでもないかもしれません。愚息1号が下北沢のライブハウスに出演するなかで、そのように覆う方々に遭遇していますので。

この方々の曲はポップだと思いました。歌詞の内容がはっきり分からないので印象に留まる話となりますが、ハルメンズや戸川純などを思いだしました。嫌いではない曲なので、CDを買ってしまってもよかったかもしれません。



A170820 フェスボルタ@宮増坂上 (12).JPG

「漫才師の方々」

コンビ名は「ハイパーカリフラジリスティックエクスピアリドジャス」というそうです。書初め用半紙にどのようない書かれていますし、タイムテーブルにも掲載されています。音楽系のイベントですが、漫才師が混ざります。今回もアマチュア落語家さんもいました。電話一本で出演できるというイベントです。さすがです。

この方々を見ても思うのですが、「売れる」ことと「やりたい」ことが合致しないタイプかもしれません。それは、悪いことではないと思います。ということを考える自分も同じ穴の狢なのでしょう。



A170820 フェスボルタ@宮増坂上 (19).JPG

「絶滅危惧種か」

最近、バナナゼロ・ミュージックという番組でガングロ系の方々を拝見しましたから、目の前で同じ系の方々を見ても驚きはしませんでした。しかし、本当にいるのだと感心してしまいました。この方々がどのようなパフォーマンスをするのか知る機会ないまま会場を後にしましたが、まったく無責任に生き残ることを期待しました。



A170820 フェスボルタ@宮増坂上 (40).JPG

「しずくだうみ」

この方もなかなかのインパクトがありました。とても雰囲気をもっています。好きな人はとことん好きになるのだろうと思いました。ステージのホリゾント照明がブルーだからでもあるのですが、深海に引きずり込まれそうな気がしました。そして浮かんでこなくなってしまいそうな気になりました。これは誉め言葉です。

フェスボルタが存続していくことは、渋谷なのか東京なのか分かりませんが健康な証拠なのではないかと思いました。大げさな言い方をしますが、黄泉の国の入り口がうっかり開いた場所のひとつかもしれないと思いました。

来年も見に行くかどうかは、興味ありますが家庭の事情によります。来年も「カズキズ」や「さとじゅん」が参加するようでしたら、観に行くのでしょう。
posted by KAZZ Satoh at 10:16| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

まちのたね 017241 水さまざま

A IMG_0262.JPG

「コンビニ日に日に」

水も様々です。外国製の水は、ちょっと素敵な容器で売られています。容器につられて買います。こういうところがダメなところでしょうね。見た目につられます。
posted by KAZZ Satoh at 14:54| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1388

Aアキラさん大発見コンサート2016CD.JPG

「アキラさんの大発見コンサート2016」
千葉県少年少女オーケストラ

昨年のコンサートの様子です。昨日、今年のアキラさんの大発見コンサートにて購入しました。帰りの車内で聴きました。聴くと去年のことが思いだされます。去年は去年で団員は必至だっただろうことが浮かびます。今年は今年で必死でした。たぶん、毎年必死です。その必死さが、よい演奏となって表れてくるのでしょう。

昨年の選曲は、音楽監督の佐治先生によるものだったそうです。これはこれでよい選曲だと思います。10歳から20歳までの若い演奏者たちが知らぬ日本のポップスや戦後アメリカのポップスなどが演奏されました。昔の音楽と片づけてはいけません。よいものは、ちゃんと伝わっていきます。それを実感できるCDです。
posted by KAZZ Satoh at 14:51| Comment(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

まちのたね 017240 そしてパンダ

A IMG_0261.JPG

「建築に携わる者として」

このようなモノを知らぬわけにはいかないでしょうね。無視していると、ただのカタブツと言われそうです。それでもかまわないのですが、、、

パンダが生まれた記念で、親子になっています。6月ころの話です。
posted by KAZZ Satoh at 11:39| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017239 西洋美術館

A IMG_0259.JPG

「模型も凄い」

国立の施設です。模型も半端ではありません。見応えがあります。



A IMG_0260.JPG

「見上げれば」

ハイサイドライトの光の取り込み方は、見習うべきものがあります。と、感じます。
posted by KAZZ Satoh at 11:36| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

まちのたね 017238 獺祭

A IMG_0257.JPG

「店からのもてなし」

先日の紹介したようなふりをした「純」のお酒の後に、お店からのもてなしとして獺祭が出てきました。そのような待遇を受けるメンバーの一人となれたことを有難く思います。

獺祭は、凄いことをしていると思います。現代にできることの最大限のことをやっているのではないでしょうか。そのように造られた酒が、どのような味わいとなるのか。おそらく、これまでの酒に馴染みある人よりも新しく日本酒を発見した人たちに喜ばれるのだろうと思いました。

個人的には純粋すぎます。美味しいと思いますが、雑味や暴れ具合を楽しみたいので、別の酒を愉しみたくなります。住む世界が異なるような気がします。思い込み過ぎでしょうか。
posted by KAZZ Satoh at 09:29| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017237 アキラさんの

Aアキラさんの大発見コンサート2017チラシ.JPG

「千葉県少年少女オーケストラ」

毎夏、宮川彬良さんが指揮を振りますが、いよいよ今週末となりました。土曜日はレイソルの試合が柏でありますが、千葉へ向かいます。

朝の連続テレビ小説「ひよっこ」のサントラ盤で名が広まっているようですが、NHKの教育番組系ではお馴染みの方です。最近になって、改めて凄いなあと思ったのは、和音が連なっていく際の展開の話です。この流れで行くと和音たちが次の音を示唆しているというようなことを開設していました。また、メロディやリフに対しても、フレーズが創り出す「感情」を分かりやすく解説してくれます。

音楽を楽しむということは、そういうことなのだ。と思いました。それが上手く掴めないから、歌に引き寄せられるのだろうと思いました。

さて、今年のオーケストラはどのような響きを作るでしょうか。楽しみです。
posted by KAZZ Satoh at 09:22| Comment(0) | 家族的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

まちのたね 017236 シンポジウム@パレット柏

A IMG_0240.JPG

「山崎亮がやってきた」

6月11日にパレット柏企画のシンポジウムがありました。市民活動団体向けのものでしたが、基調講演を務められたのは山崎さんでした。そして、柏からのパネリストとして3人が登壇しました。そのうちに一人が自分だったのですが、立場はレイソル後援会ボランティア部会副部会長というものです。市民活動に携わり、かつ「まちづくり」に絡む話題に対応する役割です。

山崎さんの提案で、基調講演ではなくパネリストが質問を投げかけるかたちとなりました。山崎さんは各地で公演されるときのことを話してくれました。知らない街に来て基調講演をしても、その街が抱えている問題に応えることができないと言っていました。その通りだと思います。シンポジウムの前に街を歩く時間を作ったからといって全容が掴めるわけでもありません。基調講演の時間配分の半分くらいで話が終わり、パネリストたちが自己紹介をしながら山崎さんと掛け合いを行うかたちとなってので、会場にとっては面白かったと思います。

しかし、パネリストたちにとっては残念なことがありました。我々が用意した資料が全く配布されなかったことです。受付に山積みされていましたが、受付は何もしないので誰も手に取れなかったそうです。なんなのだろうか?と思いました。受付はパレット柏の指定管理者の職員が行ったようですが、「まちづくり」にかかるシンポジウムを企画しておきながら、「まちづくり」に関心を持ってもらえるような資料を配布しないなんて驚きです。まるで、お役人様と一緒ではないかと思いました。

まちづくりや市民活動を行う上での、もっとも用心しなければならない相手は誰であったか。その注意を怠った自分に腹が立ちました。そして、指定管理者も当てにできないことを改めて胸に刻みました。
posted by KAZZ Satoh at 14:09| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

まちのたね 017235 美味しい日本酒

A IMG_0256.JPG

「純」

千葉市内で会議と懇親会が終わった後に、ホテルの中の料理屋で二次会となりました。その時に登場した日本酒です。自分で選んだのではないので気楽に美味しく頂いていました。ということで、あれから2、3か月経ってしまうと、もう細かいことを覚えていません。
posted by KAZZ Satoh at 11:32| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鑑賞的 0065 さとじゅん@フェスボルタ宮益坂上

A170820 フェスボルタ@宮増坂上 (33).JPG

「アコギ1本」

「さとじゅん」は愚息2号なのですが、渋谷の街で歌うたうなんて、自分はイメージしたことがありませんでした。すごいなあと思います。もっとも、フェスボルタは電話1本で出演できるイベントなので、出たければ電話すればよいだけです。

フェスボルタに出ることになったのはカズキズのおかげです。TV Bros.にカズキがエッセイを寄せていて、バンド募集もしていました。そこに中学生だった愚息2号が連絡したのです。連絡したのは一人だけだったそうですが、カズキ君の親も、まさか参加表明があるとは思わなかったでしょう。さとじゅんの親でさえ、応募するとは思っていませんでした。

その挙句、カズキズとしてだけでなく、ソロとしても登場しました。今回で2回目です。
posted by KAZZ Satoh at 10:42| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1387

A CRAZY CRAZY.JPG

「0th DEMO single "Lost vurgin"」
crazy crazy、2017?

フェスボルタに出演した crazy crazy の方がくれました。無料です。つまりは宣伝資料です。3曲入っています。この人たちの演奏の終わりころに会場に入ったのと、席をどこにするか迷っていたので、ちゃんと聞いていませんでした。

CDをもらったのは、ありがたいことです。フェスボルタ自体が掴みきれないイベントですが、出演者はそれぞれなりに一生懸命なことが伝わってきます。この方々も一生懸命なのだろうとCDを聴きながら思いました。二人で作って、二人で録音している感じが伝わってきます。頑張ってください。

なんだか、「ひよっこ」の漫画の卵たちを思いだしました。
posted by KAZZ Satoh at 10:34| Comment(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

まちのたね 017234 グランド

A IMG_0251.JPG

「グランド キリン」

いつ飲んだのか。それを忘れています。だいぶ前のネタなので、覚えていません。しかし、そういうことは問題ではないので、書き進めます。

たしかIPAのほうがホップが効いた味わいだったのではなかったか。JPNのほうがピルスナー系だったのではなかったか。。。。1回きりなので、いけません。全然、自信がありません。
posted by KAZZ Satoh at 11:05| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鑑賞的 0064 カズキズ@フェスボルタ宮益坂上

A170820 フェスボルタ@宮増坂上 (43).JPG

「キヨシロー!」

2017年8月20日(日)、フェスボルタ宮益坂上にカズキズが登場しました。カズキがメインヴォーカルのキヨシローをフューチャーしたバンドです。

カズキは心の底から叫びます。自分の思っていることを、曇りなく叫びます。前々回のフェスボルタで初めてカズキズを見たときを思いだしました。そして、そのときと同じように目頭が熱くなりました。まるでキヨシローが隣で笑っているんじゃないのか、と思いました。そのくらいに真っ直ぐにシャウトします。本当に素晴らしい。

個人的には、カズキズはできるだけ長く続いてもらうことを願います。RCサクセションやキヨシローのカバーをしているからではなく、カズキのシャウトを何度でも聴きたくなるからです。

実は、カズキズにうちの愚息2号が参加しています。RCサクセションのカバーなどをしているため、バンドメンバーは全員メイクしていましたが、愚息2号ですから役割はゴンタ2号な感じでしょうか。どうでもいい話ですね。

posted by KAZZ Satoh at 10:57| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする