2017年09月08日

まちづくり関連本、など 1397

Aスティーブ・ジョブズ6.JPG

「スティーブ・ジョブズ 6巻」
ヤマザキマリ著、ウォルター・アイザックソン原作、講談社、2017

これで完結です。ひとつ気にかけていたものが片付きました。読了後に真っ先に思ったことです。漫画になるまでは、それほど興味はありませんでした。マックのほうがウィンドウズより優れているのだろうと思っていますが、自分の仕事の関係上、ウィンドウズを使っています。ですから、ジョブズの物語を読んでもなあ、と思っていました。しかし、気がついたのは、それ以上にビル・ゲイツの物語に興味を覚えません。

ヤマザキマリが描いたから読むのですが、それはヤマザキマリが偏屈な人を偏愛しているからです。どれだけ変な人なのか確かめてみようと思いました。

おそらく、ものすごく版な人なのでしょう。そうでないと、これまでの製品は生まれていません。ノーベル賞などが授与されていもおかしくない人なのではないかと思います。20世紀末以降の世界を全く変えてしまった一人です。一緒に仕事はしたくありませんが、リスペクトに値する人なのだろうと思います。

たぶん、行き詰ったときに読み返すのだろうと思います。


付けたし。
この本にはバーコード表示がありません。くるまれていたビニールに付いているシールにコードがありました。このこだわりに驚きました。
posted by KAZZ Satoh at 17:10| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 017253 池袋界隈

A161210 南池袋講演と豊島区役所 (45).JPG

「公園の近く」

捨て置けない気持ちになりました。ひっそりと、しかし存在感ある建築です。



A161210 南池袋講演と豊島区役所 (47).JPG

「これが区役所+」

豊島区役所は建物の上部が超高層マンションになっています。この考え方は「あり」だと思います。他の自治体が真似しないのはなぜでしょうか?何が障壁なのか分かっていないので、勉強しなければなりません。



A161210 南池袋講演と豊島区役所 (57).JPG

「外部のデザイン」

昨年の12月に訪れたので葉っぱがありませんでした。葉っぱがあるときに再訪しなければと、あの時は思っていました。再訪していません。

周辺との兼ね合いを建物周辺の計画で、丁寧に考えられているように思いました。しかし、長居ができなかったので、ちゃんと見て回っていません。宿題のひとつです。
posted by KAZZ Satoh at 09:30| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1396

A MIND ARC.JPG

「MIND ARC」
Kyoji Yamamoto、1998

20世紀に発売されたもののようですが、そんなことはどうでもいいような気分になります。全開な感じです。クラシック音楽が構築した精緻な世界観を引き継いでいるのは、この方たちのジャンルではないかと思うときがあります。

ハードロックという言葉で馴染んでいましたが、いつのころからかヘヴィメタルとか幾つかの呼称が生まれています。テクニックは凄いし、構築も凄い。このアルバムは30分ほどですが、真剣に聴くとなれば消耗します。それだけ惹き込まれてしまいます。

このアルバムは、うちの次男が買いました。柏でライブコンサートがあったからです。ぼくは別用で行けなかったのですが、次男は行きました。そして自腹でアルバムを買い、サインをもらったそうです。すごいなあ。
posted by KAZZ Satoh at 09:21| Comment(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする