2018年01月30日

まちのたね 018043 路の行く末

A IMG_1027.JPG

「アスファルト」

小学校の脇の歩道空間ですが、不思議な状況になっています。くねった舗道と覆われたアスファルト。

アスファルトのところは、かつては植え込みや樹木がありました。すべてバッサリなくなりました。様々な理由があるにせよ、「なんだかなあ」的な風景になっています。

風景の割れ窓です。
posted by KAZZ Satoh at 09:22| Comment(0) | 桶稲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

鑑賞的 0108 この図柄ばかり的な

A IMG_1776.JPG

「1月26日」

義父が突然に亡くなったことで新年会は概ねキャンセルとしました。いわゆる「忌中」に入りました。しかし、愚息2号の活動は続きます。結果的に、新年会をキャンセルしてDOMe柏です。

これまで「柏DOMe」と呼んでいましたが、どうやら「DOMe柏」のようです。すみませんでした。様々なミュージシャンがいます。様々な音をだします。愚息たちのおかげで、柏で演奏される多様さを知りました。

この人たちはなかなか上手いぞ。なんで、多くの人が知らないのだろう?と、ときどき思います。しかし、メジャーになることだけが音楽活動ではありません。そういうことも、実感します。
posted by KAZZ Satoh at 16:27| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018042 川越D

A170505 かわごえ (35).JPG

「博物館ではない」

川越の小江戸は建物が店舗などとして使われています。これがよいのでしょう。



A170505 かわごえ (36).JPG

「人が寄る」

その街に人が来るのは「小江戸」だからでしょう。しかし、建物の中に入るのは「店舗」だからですね。何があるのだろう?と思わないと入りません。博物館的なものだと、いくつもハシゴしません。



A170505 かわごえ (37).JPG

「まるで」

時代劇の一コマのようなにぎわいです。街が生きているように見えます。ただし、誰もが観光客ですが。



A170505 かわごえ (39).JPG

「シュー」

二つあるからといって複数形にはしません。川越はサツマイモです。その風味です。



A170505 かわごえ (42).JPG

「絵を描く人」

このような方が街にいることが羨ましいと思います。絵に描きたい街ということです。自分が住んでいる街は、、、
posted by KAZZ Satoh at 16:20| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

まちのたね 018041 アートラインの思い出

A IMG_1014.JPG

「サインを」

2017年のアートラインかしわに東北6県ろーるショーが来日しました。メインヴォーカルの白崎さんからサインを頂きました。「イサの氾濫」に。やがて作者の木村さんに会う機会が訪れることでしょう。

白崎さんはこの作品に触発されたそうです。そして単行本の企画がなかった作品が単行本として出版されました。そのことを新聞で知り、木村さんの作品を読み始めましたが、まさか柏にやってくるなんて、、、長生きはしたほうがいいですね。
posted by KAZZ Satoh at 12:47| Comment(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018040 松戸商業まつり

A IMG_0993.JPG

「初めての」

松戸商業まつり、昨年、初めて訪れました。その記念にスタンプを押しました。



A IMG_0991.JPG

「ゲート」

ペデストリアンデッキに空気で膨らむゲートがありました。これは、分かりやすいです。しかし、ここから先がラビリンスでした。まあ、まつりの類はどこでもラビリンスです。それがよいのですが。



A IMG_0994.JPG

「同級生バンド」

愚息2号の高校の同級生たちのバンドです。一人が松戸市在住のようで、他のバンドメンバーが松戸までやってきてくれました。演奏は、元気元気で見ていて楽しかったです。彼らは、見せることを愉しめるのだなあ、と思いながら演奏を聴いていました。松戸の街の大人たちも温かい目で見ていたのが印象に残りました。いい街なのだろうと思います。



A IMG_0996.JPG

「祭りの後に」

商業まつりは昨年の11月でしたか。その時の写真を挙げていますが、伊勢丹が閉店することを知った後の風景は、なんだか寂しく思えました。どういう経緯で市議会が松戸市の対策を認めなかったのかは分かりませんが、結果的には市議会の判断が伊勢丹閉店を誘導してしまったように見えました。

柏のほうは、そごう跡地のめどが見えてきたようですが、松戸はどうなるのでしょうか?注目していかなければなりません。
posted by KAZZ Satoh at 12:06| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018039 川越C

A170505 かわごえ (24).JPG

「狂乱的な」

川越がこれほどに込み合っているとは思いもしませんでした。昨年の5月5日のことです。驚いてたじろぎました。



A170505 かわごえ (27).JPG

「階段の主張」

伝統的権謀物保存地区に合わせることを意識した建築かと思います。目を惹いたのは、というか、持って行かれたのは階段の設えでした。この建物は商業用施設のようです。2階へ上がっていく階段を強調することで、2階にも店舗があることを印象付けるような狙いでしょうか?



A170505 かわごえ (32).JPG

「表通りの裏側あたりに」

とても込み入っているエリアがありました。他も込み入っているのですが、ひときわです。行ってはいけないと思いながら入りました。掏られるのではないかと思うほどの込みようです。思わず、バッグなどをガードしてしまいました。



A170505 かわごえ (33).JPG

「現代的な解釈」

伝統的なエリアへのチャレンジと受け取りました。和訳して「挑戦」と書くと、思いが籠りすぎるように思いましたのでカタカナ表記としましたが、設計者の思いはいかがでしょうか。個人的には、このような解釈はありかと思っています。



A170505 かわごえ (34).JPG

「COEDO」

川越に来たら、飲まない訳位にはいきませんね。
posted by KAZZ Satoh at 11:55| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

まちのたね 018038 エレベーター

A IMG_0997.JPG

「アートラインかしわ2017」

昨年のアートラインで、エレベーター・ラッピングが行われました。嬉しことです。アートラインは柏駅周辺のまちなかで行われます。街を変えるアートが続いているのが、個人的には嬉しいです。「風景を変える」これを続けてください。よろしくお願いします。
posted by KAZZ Satoh at 09:44| Comment(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018037 北初富駅

A IMG_0977.JPG

「ホームに」

あれ、星屑スキャットのポスターがある!と思って写真に撮りました。昨年の9月だったでしょうか。いや、10月だったか、あれ、11月だったか。公演日を見て、すでに用事が入っていることに気がつきました。ちょっと残念でした。



A IMG_0990.JPG

「線路架け替え」

新京成電鉄でも高架事業が進んでいます。北初富駅も複線のうちのひとつが高架駅ホームに移っていました。あれから何か月か経っています。今は、どうなっているのでしょうか。
posted by KAZZ Satoh at 09:41| Comment(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018036 川越B

A170505 かわごえ (15).JPG

「教会」

古い街には古い教会があるものです。川越にもありました。日本の街は寛容なのかもしれません。



A170505 かわごえ (17).JPG

「立面図」

看板に平面図だけでなく立面図を載せています。こういうところが川越のニーズを現しているのでしょう。田看板にはパースと書いてありますが、立面図ですね。などと突っ込むのは野暮なのでしょうね。



A170505 かわごえ (18).JPG

「なんともいえぬかんじの」

大正期を思わせる看板建築です。このスタイルは、世界的にみても稀有なものではないでしょうか。建築史の研究者にとっては絶滅危惧種のひとつではないでしょうか。各市町村で保全を図ってほしいですが、無理強いはできませんね。



A170505 かわごえ (19).JPG

「祭り」

5月5日は川越の祭りが行われていました。調べれば分かることですが、調べません。目的にしていなかったので。出くわしたときに驚き、愉しむことにしています。
posted by KAZZ Satoh at 09:35| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

鑑賞的 0107 年明けても@DOMe

A IMG_1697.JPG

「若者の集い」

この企画の新年会ヴァージョンです。弾き語りするミュージシャンたちが歌います。愚息2号も呼ばれるものですから、行ってきました。今年もDOMe通いが続くのでしょう。ありがたいことです。

弾き語るせいでしょうか。何人かのミュージシャンを見ていると、自分を見つめる歌が多いように思います。誰かに向けての応援ソングとかは、知る限りは見かけません。しかし、あまり自分を見つめすぎると煮詰まるのではないかと思いました。そんなに「私小説」にならなくてもよいのではないかと思うほど、みなさん真面目に取り組んでいます。

思うに、建築に関わる仕事は、一応、社会性を持っています。自分に埋没する傾向は少ないでしょう。皆無ではありません。しかし、人が住むための器づくりなので、バランスを保てるのかもしれません。もっとも、自分が何にもなくなるケースも少なくありませんが。

ぼくは、DOMeに集まる若者たちが好きです。真面目に自分に向き合いながら何かを突き抜けてくれることを期待しています。「演歌」という言葉に集約される前の大人の歌にヒントが多く見つかるのではないか、と思います。もっとも、それは自分がそのような歌を子どものころに聞く機会があったから、思うことなのでしょう。今の若者にとっては、RCサクセションでさえ古典なのかもしれないのだから。
posted by KAZZ Satoh at 09:02| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018035 柿

A IMG_0975.JPG

「昨年の事」

柿を食べました。美味しかったことを覚えています。柿は、味が安定しにくいのが好きです。毎回、甘いのか、少し渋いのか、固いのか、種はどうなのか、などと気になりながら頂きます。

固いのや渋いのに当たると、外れたような気になります。しかし、それが食べ物なのではないかと思います。評判が悪いよりは良いもののほうが好まれるでしょう。しかし、バラツキがあるほうが、面白いと思います。
posted by KAZZ Satoh at 08:51| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018034 川越A

A170505 かわごえ (8).JPG

「喜多院脇」

昼食の場所を探していたときに見つけました。ちょっといい雰囲気です。



A170505 かわごえ (10).JPG

「川越と言えば」

川越は内陸の街ですが、地名が示す通りに「川」にちなんだ料理が有名のようです。このお店はこじんまりとしていて、どうやら地元のお客さんのほうが多いのではないかと思いました。好きなお店です。



A170505 かわごえ (11).JPG

「寺と鰻」

川越に成田山別院があるからではないでしょうが、鰻は定番のようです。



A170505 かわごえ (13).JPG

「小江戸整備地区へ向かう途中」

いわゆる観光地になっているエリアではなくとも、古い佇まいを見つけます。このような建物が遺っているところに街のポテンシャルを感じます。



A170505 かわごえ (14).JPG

「並んでいます」

評判のお店なのでしょう。観光ガイドブックなどでも紹介されているのでしょうか。並んででも食べたい気持ちは分かります。しかし、並んででも食べる行動には、なかなか出ません。素通りするだけです。残念な人生なのかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 08:47| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

まちのたね 018033 甘露煮

A IMG_0974.JPG

「鮎」

昨年に頂いたものです。この収まり方はスケッチに向いているのではないかと写真に撮りました。スケッチは描いていません。いけません。そういうことでは。

食べたら美味しかったです。頭から尻尾まで全部食べました。ありがとうございました。
posted by KAZZ Satoh at 10:22| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018032 ホッチキス

A IMG_0971.JPG

「ニューフェース」

長年使っていたホッチキスを壊してしまいました。昨年の事です。それは、針を取り外す機能が付いているものです。浅野書店に行って探したのですが、同じものはありませんでした。そして別のものを見つけました。タテヨコに留められるタイプです。これはこれで重宝するに違いないと思い、購入しました。

これまでのものは捨てずに使っています。針を外す専門として。
posted by KAZZ Satoh at 10:17| Comment(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018031 川越@

A170505 かわごえ (2).JPG

「薮内正幸原画展」

2017年5月5日、こどもの日に川越に行きました。小さなカフェ&ギャラリーで薮内正幸さんの原画と息子さんの竜太さんの写真が展示されていました。



A170505 かわごえ (4).JPG

「小さな豊穣」

こじんまりとしたカフェでした。しかし、なんだか満ち足りているような気がしました。知らないと入らないかもしれません。また、知らずに入ると怖気づくかもしれません。慣れると温かい場所になるのだろうと思いました。



A170505 かわごえ (5).JPG

「喜多院」

川越は「小江戸」として有名になりました。それは間違っていないと思いますが、それで毛ではないはずです。ということで、カフェから小江戸エリアに向かう途中に出くわした喜多院に寄りました。大きいです。こういう場所を知ることで、その土地のポテンシャツが分かるような気がします。



A170505 かわごえ (6).JPG

「灯籠」

喜多院については何も知らないままに通過しました。今度改めて訪れてみようと思ったからです。というのはいい訳です。喜多院を横切り反対側に出ました。そこに開けた風景が、上の写真です。存在感が大きいです。



A170505 かわごえ (7).JPG

「これは?」

喜多院の傍にありましたが、どうやら店舗のようです。そうでなかったかもしれませんが、うろ覚えです。
posted by KAZZ Satoh at 10:13| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

まちのたね 018030 月見団子のころ

A IMG_0966.JPG

「ふくしま家」

三小通り商店会には素敵な和菓子屋さんがあります。その月見団子です。時季外れですが、忘れないうちにブログに遺します。
posted by KAZZ Satoh at 11:44| Comment(0) | 柏名物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018029 少し違うか

A IMG_0963.JPG

「レイソルカラーか?」

何かが違うと思いました。よく見ると「青」がない。マツキヨは黄色と青の組み合わせではなかったでしょうか?ここのは黄色と黒です。柏でもっとも古いはずのマツキヨです。レイソルのスタジアムに向かう通り沿いにありますが、それを意識されたのでしょうか?

そういえば、レイソルのスタジアムの名前が変わったようです。
posted by KAZZ Satoh at 11:40| Comment(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鑑賞的 0106 鑑賞

A IMG_1654.JPG

「戸頭団地」

団地の「妻」側に壁画が描かれています。



A IMG_1655.JPG

「定着」

何年かかけて少しずつ作品が増えていきました。取手市と東京芸大とURのコラボレーション企画だと記憶しています。



A IMG_1656.JPG

「巡る」

今年の正月は電車で義理の両親宅を訪れたので、幾つかを見て回ることができました。


A IMG_1657.JPG

「パブリック」

公共空間に大きな立体造形が設置されることはよく見かけることですが、団地がキャンバスになる例は少ないでしょう。世界に誇る作品群ではないかと思います。



A IMG_1658.JPG

「他の団地へ」

このような事業が増えることを期待します。描かれた当初はイベントでしょうが、やがて日常になります。しかし、「絵のある日常」が始まります。この風景は、高齢者への何らかの刺激を与えるのではないかと期待しています。このような風景が「豊か」だと思います。
posted by KAZZ Satoh at 11:36| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

仕事的 168 調査

A IMG_1368.JPG

「歩行者通行量」

昨年(2017年)11月に通行量調査を行いました。バイトでやってくれる学生が一人しか見つからなかったので、今回も自分も参加しました。

午前10時から午後8時までです。意外と面白いものです。
posted by KAZZ Satoh at 09:25| Comment(0) | 仕事的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018028 外装

A IMG_0960.JPG

「南柏駅西口」

駅舎ではなく、隣接するビルの外観です。鉄骨と金属パネルの構成は、なんとなく懐かしい気がしました。この建物はいつに建てられたのだろうか?などと思いながら眺めました。
posted by KAZZ Satoh at 09:21| Comment(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする