2018年09月30日

まちづくり関連本、など 1509 レキシ

Aムキシ.JPG

「ムキシ」
レキシ、2018

前作は「もはやレキシでもない」だかのキャッチフレーズがついていたかと記憶しています。前回は「Vキシ」。そして、今回は「ムキシ」。6枚目です。「レキシ」というカタカナが揺れています。老眼が襲ってきている我が身には、そのような揺れに気がつかない時期がやがてやってくるのでしょう。「レキツ」や「レキミ」というアルバムもありましたが「レキシ」と区別がつかなくなるのでしょう。「ムキシ」ですら、「レキシ」と堂々と読むようになれば、赤瀬川源平著の「老人力(全一冊)」の出番です。

ところで、レキシを聴くと毎回懐かしい気持ちになります。80年代や70年代の洋楽がいくつか思い出されます。そして、ぼやあと聴いていると歌詞が脳を刺激して笑ってしまうという、「ボーッと生きている」ことに気がつかされます。その後に、じわじわと「素晴らしいなあ」とか「うらやましいなあ」とか、「自分も若いときにこんなことが出来たら最高だったろうな」とか、なんとかエスカレートしていきます。

このアルバムで一番好きなのは「SAKOKU」です。その次は「マイ会津」です。その次に思うは、ライナーノーツの字が小さくて読みづらいなあ。ライナーノーツだけでを活字大きいのを作ってくれると嬉しい、などと真面目に思います。初回限定版だけでも。。。DVDや16666枚の直筆ジャケットも嬉しいのですが。。。

posted by KAZZ Satoh at 14:56| Comment(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鑑賞的 0133 DOMe柏にて

A IMG_2889.JPG

「7月13日」

この日はバンド大会だったと記憶しています。うちの次男は、いつもは一人で歌っていますが、このときはバンド形式で参加しました。中学の時の同級生がドラム。長男のバンドメンバーがベースというトリオです。

他の人たちも複数で参加しました。バンドであったり、デュオであったり。普段は一人で歌い、弾く人たちがバンド縛りという企画です。こういうのは、面白いです。少しずつ馴染があるミュージシャンが増えてきましたので、彼らが違う音を出す機会ですから、期待してしまいます。

息子たちのおかげで幾つになっても知らなかったことを教えてもらっています。感謝しなければなりません。
posted by KAZZ Satoh at 11:00| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018328 東祥寺の

A IMG_2878.JPG

「看板」

青砥駅で見つけたと記憶しています。青砥駅から新柴又へ行こうとしていたときにホームの看板に気がつきました。父の葬儀の際にお世話になったお寺です。その節はお世話になりました。

そして新柴又に行くはずが、京成小岩駅に着いていました。京成線を乗りこなすのは難しいです。
posted by KAZZ Satoh at 10:53| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

まちのたね 018327 ナイス金町駅

A IMG_2876.JPG

「京成」

京成金町駅から高砂へ向かうときでした。改札にこのような掲示がありました。面白い。この感じが好きです。
posted by KAZZ Satoh at 13:13| Comment(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1508 山下祐介

A「都市の正義」が地方を壊す.JPG

「『都市の正義』が地方を壊す」
山下友祐著、PHP新書、2018

新聞の書評で「都市の正義」という言葉を見つけました。読んでみようと思いました。著者の熱が伝わってくる本でした。「地方創生」という施策に期待を持ったのだろうと思いました。この方の他の著書を読んでいないので検討違いかもしれませんが、「人口減少を改善」する施策に繋がっていたら日本は持ちこたえると手ごたえを感じたのだろうと思いながら、読みました。ですから、語り口調が常に「残念でならない」という思いに満ちているように思いました。

自分が「都市の正義」という言葉に惹かれたのは、都市計画系の方々が云われる「コンパクトシティ」の考え方についていけなかったからです。なぜかといと、コンパクトシティの話は「切り捨てられる側」のフォローアップの話が見えてこないような気がしたからです。それと、そんなに安易にコンパクト化が進むものだろうか、とも思いました。住民の気持ちをどのようにくみ取っているのでしょう。確かに「シュリンク(縮小)」していかないと自治体経営は難しいのでしょう。しかし、それは切り捨てる側の論理です。切り捨てられる側は、どのような恩恵があるのでしょうか。不勉強な自分には、都市計画系の幾つかの図書からは見つけ出すことができませんでした。

「都市の正義」という言葉を最初に見たときに、この言葉の裏には「勝ち組/負け組」的な感覚が潜んでいるのかもしれないと思いました。本書では「選択と集中」という言葉が、自分の疑念に応えてくれました。その他にも、何となくわだかまりを覚えていたことに開設を頂いたように思えました。機会を設けて、もう少し山下さんの本を読んでみようかと思います。
posted by KAZZ Satoh at 13:07| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018326 隅田川@

A180329 上野家と東京巡り (1).JPG

「3月の終わりころ」

浜離宮を訪れる機会がありました。写真は、新橋から浜離宮へ向かう途中で見かけた「日テレ」です。ガラスと鉄のコート(中庭)スペースが明るく見えました。



A180329 上野家と東京巡り (6).JPG

「積年」

盆栽の巨大なもののように思いました。盆栽をもらって、ちょうど一年経ったころなので、そのように思いました。



A180329 上野家と東京巡り (16).JPG

「過去と現在」

江戸時代に整備された場所に残る「お堀」。その向こうに見える「超高層群」。このような風景は好きです。歴史の積み重ねを感じます。なるべく無くさないですむものは、無くさない方がよいと思います。スクラップ・アンド・ビルドは、また同じものを、あるいは同じようなものを造る際は有効な手段だと思います。
posted by KAZZ Satoh at 12:52| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

まちのたね 018325 いぬぼう

A IMG_2869.JPG

「大学生協だったか」

今年の夏は、ミントチョコがブームだったのでしょうか。個人的には嬉しいことです。



A IMG_2871.JPG

「王子サーモン」

銀座街巡りのときに買いました。やはり美味しいです。



A IMG_2873.JPG

「もうひとつ」

贈り物としても喜ばれるだろうと思います。
posted by KAZZ Satoh at 14:59| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つきすすめレイソル 0042 スポーツボランティア

Aハンドスタンプアート.JPG

「ラウンドテーブルにて」

スポーツとアートが繋がっていくかもしれないと、このチラシを見て思いました。



Aスペシャルオリンピックス.JPG

「スペシャルオリンピックス」

これの説明を聞いたときは、とても驚いたような記憶があります。



Aブラインドサッカー映画化チラシ.JPG

「ブラインドサッカー」

ブラインドサッカーのボランティアグループが参加されていました。なかなかに面白い競技です。見る機会が増えることを願います。
posted by KAZZ Satoh at 14:54| Comment(0) | まちなかにレイソル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018324 明日から

Aアートラインかしわ 2018.JPG

「たまにはタイムリーに」

アートラインかしわ2018。明日からと、聞いています。
ちょっと、楽しみです。

仕事に追われていますが、、、
posted by KAZZ Satoh at 14:45| Comment(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

まちのたね 018323 KJSO

A KJSO 子ども音楽づくりワークショップ 2018.JPG

「管弦楽ワークショップ」

柏ジュニアストリングオーケストラが今年もアートラインかしわ2018の連携事業で参加されています。今年も、アリオです。旧沼南町に位置する場所でアートラインのプログラムがあることは、個人的には嬉しいことです。柏駅周辺だけでアートラインが行われるのではなく、柏のあちこちで行われるのがいいです。その場所が増えたり減ったりするのがいいです。そして、なんだかんだと長続きすることを期待します。

KJSOによる演奏は、愉しいです。このような活動こそが大切だと思います。密かに応援しています。何の役にも立ちませんが。
posted by KAZZ Satoh at 14:16| Comment(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1507 山下和美

Aランド 7.JPG

「ランド7」
山下和美著、講談社、2018


どんどん混迷化していくようです。二つの世界を知っている人たちだけが悩みを持ちます。作者は、何を描いていくのか。寓話の意を孕んでいるのか。それとも純粋にファンタジーとして楽しむのか。読み手側の勝手なのだろうと思いました。

中年男性である自分は。ファンタジーとして読むには年を取りすぎているのでしょう。さまざまなコトを結び付けて考えてしまうようです。このような論点は、ファンタジーな物語を論じる上で付きまとう問題なのかもしれません。そんなことを考えたことがなかったのですが、ふと思いついてしまいました。「物語」を純粋に「物語」として楽しむだけでよいのでしょうが、読む勧めるうちになんとなく世間に向かって批評的になっていきます。

個人が優秀かそうでないか、ということとは別に、抱えてしまったものや見てしまったものによって、人は立場が変わります。それは自分が望んだものではないことが多いかもしれません。見なくてよかったものや、知らなければよかったものを知ってしまった以上は、考えなければならないことになります。人によっては、その問題に挑まなければなりません。単なる、物知りな村人では許されなくなります。

この漫画はどうなってしまうのでしょうか。
posted by KAZZ Satoh at 14:09| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018322 東京界隈

A IMG_2865.JPG

「東京駅から」

東京駅前広場から皇居方面を見つめると、どのように見えるのか。と、思って撮りました。



A IMG_2866.JPG

「数寄屋橋交差点から」

SONYビルがあったところを眺めました。エルメスの外観が丸見えです。恥ずかしいほどに。



A IMG_2867.JPG

「上から目線」

銀座東急スクエアから見下ろすエルメスです。よく分からない優越感的なものが芽生えるのは、自分だけでしょうか。



A IMG_2868.JPG

「もっと下を」

ビルの屋上を眺めているような気分です。地面スレスレのものですが。
posted by KAZZ Satoh at 13:55| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

つきすすめレイソル 0041 ラウンドテーブル2018

A IMG_2858.JPG

「7月7日」

Jリーグの各チームのボランティアとマラソンをはじめとするスポーツボランティアの方々が集まる日です。レイソル後援会ボランティア部会の立場で参加しました。



A IMG_2859.JPG

「実のある話」

自分はJリーグを通じてスポーツボランティアのことを体験していますが、その他のことは分かりません。ですから、このような会議が大切であることを実感します。それぞれのスポーツで考えなかればならないコト、やらなければならないコト、などなどをナマの声で気ことができました。

有難い時間でした。
posted by KAZZ Satoh at 09:53| Comment(0) | まちなかにレイソル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

てぬぐい 0036 つつむ

A IMG_2864.JPG

「役立つ」

夏場はペットボトルが欠かせませんでした。出先で自動販売機からペットボトルを購入することは何度もありました。すると、困るのは結露水です。それを手拭いで解消です。

これを思いついてからは、毎日2枚の手拭いを持ち歩くようになりました。
posted by KAZZ Satoh at 09:47| Comment(0) | てぬぐい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

まちのたね 018321 工事現場

A IMG_2856.JPG

「新国立競技場」

いつでしたか。夏場だったと思います。宮元忠長展を観た帰り道でした。スタジアムの全体の大きさが感じられるようになっていました。それでも足場がありますから、実際の大きさよりも大きく見えるのでしょう。



A IMG_2857.JPG

「東京都体育館から」

千駄ヶ谷駅から東京都体育館を抜けていくと、このように見えることが分かりました。足場が外れた後に、再訪しようと思います。
posted by KAZZ Satoh at 13:27| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

まちのたね 018320 アートライン2018のポスター

A IMG_3065.JPG

「今年もそろそろ」

このポスターはだいぶ前に掲示されました。ぼんやりと日々を過ごしていたら、来週から始まるようです。今年も面白そうです。何も分かっていませんが。
posted by KAZZ Satoh at 09:47| Comment(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018319 本八幡A

A IMG_2845.JPG

「飲み会の場所」

本八幡で飲み機会ができました。雰囲気がいい店です。古い建物を活用しています。店舗併用住宅だったのだろうと思います。このような味わいを新しく造ろうとすると、舞台美術のようになってしまうのだろうと思いました。ここで飲んでいるときは、そんなことは思いませんでした。しかし、あれから何か月か経ってブログを書くに至ってみると、妹尾河童の本を読んだことが引っかかっていました。



A IMG_2846.JPG

「飲み仲間が設計@」

飲み会が建築士会の方々なので、このようなことが起こります。いつか寄ってみたいと思いました。



A IMG_2847.JPG

「呑み仲間が設計A」

先の店の向かいにある店も、その方の設計によるものだそうです。すごいなあ、と思いました。サイゼリア1号店跡地の並びです。
posted by KAZZ Satoh at 09:44| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鑑賞的 0132 レアンドロ・エルリッヒ展C

A180327 レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館 (42).JPG

「モアレの向こう」

スクリーンの向こうに街を見るとき、少しは変わって見えるでしょうか。見えるならば、何を見つけてしまうのでしょう。レアンドロの展示の後は、六本木ヒルズの展望スペースを一巡りです。



A180327 レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館 (45).JPG

「アートの効用」

これがアート作品だと認識するのに、少し時間がかかりました。それは馴染過ぎていたからです。つまりは、好感を抱いたということです。



A180327 レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館 (48).JPG

「霞む都市」

このような光景を人々はどのように思うのでしょうか。晴れ渡り、遠くまで見渡せる状況のみを「よし」とするのでしょうか。自分の場合は、このような景色から何をイメージできるか、と考えることが大切だと思うようにしています。何もイメージできなくても構いません。



A180327 レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館 (50).JPG

「これも作品」

座れる作品です。先に見たピンク色と同じです。この椅子たちをよくみると、よくできています。よくできていることを分からせないように作っているところがすごいと思いました。製作者たちには当たり前のことでしょうけど、すごいと思いました。



A180327 レアンドロ・エルリッヒ展@森美術館 (59).JPG

「写り込む」


写り込んだ景色は実像でしょうか。虚像でしょうか。どうでもいいでしょうか。
posted by KAZZ Satoh at 09:33| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

まちづくり関連本、など 1506 TSUKASA MIYOSHI

A the HIATUS PHOTO BOOK.JPG

「the HIATUS Bend the Lens Tour PHOTO BOOK On the Show.」
TSUKASA MIYOSHI、2018

今、銀座のギャラリーでザ・ハイエイタスを撮影した写真展が行われています。そこで手に入れた写真集です。最新の写真集ではありません。中身をみて、なんとなくこれが最もいいと思ったものを選びました。最新のものはサイズが一回り大きいです。なんとなくですが、サイズは自分が手にしたA5版がよいと思いました。

このような写真を撮る人を、ぼくは尊敬しているのだと思います。それは、自分がこのような写真を撮り続けることが無理だと思ったからです。人に向き合うことに怯えたのでしょう。別の言い方をすれば、人を食うことができなかったのだと思います。例えがおかしいかもしれませんが、そのことを怯えたのかもしれないと思います。

この写真集は、どの写真も好きです。自分が写真にのめり込めなかったことを思い出させてくれまるので。そして、買わなかった他の写真集も好きです。ハイエイタスのことをよく知っている訳ではありませんが、この写真集を眺めていると彼らの音楽が聞こえてきます。そして、もっとライブに行っておけばよかった、と思いました。たまたまウエノコウジ生誕祭でライブを観ることができただけですが、もっともっと音楽を聴いておけばよかった、と思いました。この写真に向き合うために、もっともっと。

このブログを書くために手持ちのアルバムを聴こうかと思いましたが、なんとなくやめてしまいました。連動しないものなのかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 15:38| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 018318 本八幡@

A IMG_2842.JPG

「駅前」

駅前に情感が沸かないような気がしました。なぜだか分かりませんが、この写真を撮りながら。そのように思いました。



A IMG_2843.JPG

「きまっし」

石川弁です。金沢弁なのか。能登弁なのか。魚の種類で、能登弁だと理解したように覚えています。今度、本八幡に行く機会があれば、寄ってみたいと思いました。



A IMG_2844.JPG

「サイゼリア」

発祥の地だそうです。下手な史跡よりも意味が出てくるのだはないかと思いました。素晴らしいと思いました。住民たちには、見慣れた光景なのでしょうね。
posted by KAZZ Satoh at 14:53| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする