2019年05月31日

こっそりレイソル 0002 二番街

A IMG_4453.jpg

「柏は何気に」

レイソルの選手たちを応援しています。
posted by KAZZ Satoh at 21:35| Comment(0) | まちなかにレイソル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019192 CDCDCD

A IMG_4381.jpg

「愚息2号」

自主製作版です。2曲入り。300円。ライブハウスでお世話になっている方々の協力をいただきながら春に作りました。たいしたものです。
posted by KAZZ Satoh at 21:30| Comment(0) | 家族的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019191 両国から月島へA

A 190104 両国から月島へ (16).jpg

「おやこ」

この立体はすごいと思いました。見惚れました。



A 190104 両国から月島へ (17).jpg

「裂け目の内側」

この建築は不思議です。北斎へのこの形態。設計者は何を考えたのでしょうか。



A 190104 両国から月島へ (20).jpg

「ペラペラな階段」

階段の両側がペラペラに見えます。このようなところも不思議です。力強さがない感じが北斎とどのような関連があるのでしょうか。



A 190104 両国から月島へ (21).jpg

「星形」

開口部と光と影が新しいかたちを見せてくれます。こういうのは、凄いです。
posted by KAZZ Satoh at 21:26| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

まちのたね 019190 ストーリーズN

A OZUS0675.jpg

「甲州街道」

久しぶりに通りました。もう何か月か前のことだと思います。雨降りだったこともあり、RCサクセションなどを思い出しました。そして、ホッピーマラソンも。。。
posted by KAZZ Satoh at 17:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事的 200 フローリング

A IMG_4364.jpg

「ショールーム」

仕上げ材をどうするか?設計段階から悩みます。施主の要望が明解なだけに、イメージに合うものを探し続けます。



A IMG_4365.jpg

「あばれ具合」

施主の要望は、エイジングと不統一感です。均質が好まれません。面白いです。



A IMG_4366.jpg

「ショールームの別の部分」

フローリング材は、ショールームに張ってあるだけで展示になります。こちらにとっても「面」で確認できるのは有難いです。
posted by KAZZ Satoh at 13:23| Comment(0) | 仕事的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019189 両国から月島へ@

A 190104 両国から月島へ (3).jpg

「両国といえば」

相撲部屋です。看板を撮影しました。



A 190104 両国から月島へ (6).jpg

「北斎美術館」

通りを渡る前に撮りました。北斎が住んでいたところでしたか。そういう場所が使われるのはいいことです。



A 190104 両国から月島へ (7).jpg

「存在感」

静かな建物だと思いました。静かさが存在感を放ちます。
posted by KAZZ Satoh at 13:14| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

まちのたね 019188 断捨離

A SPDH4228.jpg

「国宝クラス」

ガチャガチャとかガチャポンなどと言われているものに国宝シリーズがあります。つい、購入して楽しんでいました。今年の春に大掃除がありました。その際に思い切って捨てました。

仁王像だかは、長男が救出していました。
posted by KAZZ Satoh at 14:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019187 フライヤー

A IMG_4397.jpg

「5/5」

うちの「不埒な音楽三昧2号」が自力で作成したフライヤーです。スマートフォンのアプリでフライヤーが簡単に作ることのできるアプリがあるそうです。いい時代です。

自分が若い時は、手描きでした。それをプリントゴッコで印刷しました。
posted by KAZZ Satoh at 10:10| Comment(0) | 家族的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1592 志村秀明

A 東京湾岸 地域づくり学.jpg

「東京湾岸 地域づくり学」
志村秀明著、鹿島出版会、2018

著者は、先日「ぶらタモリ」に登場しました。月島界隈を巡ったときの専門家として。芝浦工大の教授であり、かつ月島長屋学校の活動をされている方です。専門は都市計画となるのでしょう。

自分にとっては志村先生の図書は、「月島 再発見学」とともに必読の書でした。自分も学生を連れて豊洲界隈か、月島界隈、佃島界隈、富岡八幡宮界隈、銀座界隈のどれかを巡る機会があるからです。最初の年は月島担当だったので、まさに志村先生の本が参考図書となりました。予習を兼ねて月島を訪れたときが「草市」と重なり驚きながら巡ったりもしました。

さて、「地域づくり」とはどういうことでしょうか。誤解を恐れずに自分なりの解釈をすれば「まちづくり」を超えるもののようです。前著は月島に関する内容でしたが、今回のものは「東京湾岸」です。志村研の活動実績のまとめでもありますから対象は月島から広まるエリアが紹介されていますが、将来的には大森や蒲田などとのネットワークのありかたなども視野に入ってくるのだろう思いました。

とても大切な本のひとつだと思います。
posted by KAZZ Satoh at 10:04| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

まちのたね 019186 ヴァレンタインのころ

A IMG_4361.jpg

「AOKI」

ちょっと奮発してみました。



A IMG_4362.jpg

「価値」

高いと思いながらも、食べてみると確かに美味しい。そうなると、高価値に納得します。とは言うものの、常食はできません。
つまりは「高嶺の花」ということを実感しています。このようなことがときどき起きてもよいのだと思います。
posted by KAZZ Satoh at 13:14| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019185 日本橋島屋

A IMG_4338.jpg

「村野藤吾」

日本橋島屋の新館SCがオープンしたのを契機に出かけてみました。2月あたりだったでしょうか。

左側が本館です。間の道路の上にガラスの屋根がかかっていました。都市空間を巻き込んだ整備となっています。



A IMG_4341.jpg

「屋上の楽しみ」

新館オープンとともに資料館ができました。そこで島屋日本橋が村野藤吾の設計であることを知りました。前面部分は別の方が設計されたものが基になっていますが、増築部分は村野事務所です。そして、屋上の形態が面白いことに気がつきました。



A IMG_4342.jpg

「近代建築と神社」

日本だと思いました。屋上にお稲荷さんがあります。近代建築の思想は云云かんぬんありますが、結局はグローバルとローカルカルチャーのせめぎあいです。当時の設計者たちはどのように考えながら創っていたのでしょうか。



A IMG_4343.jpg

「日本庭園」

屋上空間のほうがカオスなのかもしれません。そして、ここに都市の秩序に収まらない部分が溢れ出ているのかもしれません。



A IMG_4344.jpg

「和風」

この装飾は何なんだろうと思いました。本館の最も古い部分の計画を受けてのことですが、機能から遊離して形態だけが再生産されています。遊びなのか、当時の設計に関わった人々の真剣さなのか。




posted by KAZZ Satoh at 10:19| Comment(0) | 史跡巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

まちのたね 019184 いただきもの

A IMG_4336.jpg

「サフラン」

母の友人がくれました。松葉町だったか松が丘だったか忘れましたが、わざわざそこまで買いに行ったもののひとつをいただきました。有難いことです。評判のパン屋さんだそうです。自分は、自分の近辺のものにしか興味がないのだろうと思わせてくれました。知らなかったことを教えてkる得ました。これも感謝です。
posted by KAZZ Satoh at 20:52| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019183 東京駅

A IMG_4265.jpg

「北口の上」

東京駅丸の内側の北口の童夢の上の回廊に初めて行きました。アアルトの展示を観たときです。そうか、ステーションギャラリーに行くと、このようなおまけがあるのか。と、感激しました。



A IMG_4267.jpg

「ご加護」

干支のレリーフです。このようなものを建築に仕込むことをいつからやめてしまったのでしょうか。工務店が建てる住宅は神社から頂いたものを棟木に今の時代に飾ります。変わっていいものと、本当は変わらないほうがいいのかもしれないものの判断をどのようにくだしていくか。人それぞれで構いませんが、真剣に考えてみたほうがよいのだろうと思いました。

自分の場合は、その地域の「信仰」に従いたいと思います。「宗教」ではなく「信仰」です。
posted by KAZZ Satoh at 20:49| Comment(0) | 桶稲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

まちのたね 019182 青いエビス

A IMG_4322.jpg

「プレミアムエール」

スーパーやコンビニに行くと、つい酒のコーナーに足が向きます。そして、見つけてしまいます。少し前のことですが、青いヱビスを見つけました。いい時代だと思います。

少なくとも酒に関しては「昔はよかった」とは言い難いです。
posted by KAZZ Satoh at 09:40| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鑑賞的 0164 LIXILギャラリー

A IMG_4254.jpg

「富士屋ホテルの営繕さん」

なるべくLIXILギャラリーへ足を運ぼうと思っています。建築系の展示ばかりではなく、現代美術のスペースが二つあります。一度で三度おいしい気分です。建築系の展示だけを観て帰るのはもったいないと思っています。

いつだったか忘れましたが、訪れたときは「営繕さん」でした。どのように建物が維持されてきたか。ここに焦点を当てる姿勢が好きです。
posted by KAZZ Satoh at 09:34| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

仕事的 199 1/50

A IMG_4287.jpg

「模型」

概略を掴むために作りました。内部まで作りたかったのですが、やめにしました。外観のヴォリューム感を掴むことで十分としました。このような状況を変えていかないといけません。
posted by KAZZ Satoh at 11:08| Comment(0) | 仕事的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019181 パルコ跡地

A IMG_4280.jpg

「千葉はどうなるのか」

ときどき千葉銀座を通るのですが、いつだったかのパルコ跡地です。すっかり建物が無くなっていました。おそらく売却が公開されたときには、次なる計画がかなり進んでいたのでしょう。

千葉の街はどうなるのでしょうか。「中心なき」というよりは「重心なき」街になっているのではないかと感じます。そして、JRの独り勝ちになっていくではないかと思いました。縮退という言葉がありますが、縮退は本当にできるものなのでしょうか。曖昧な膨張が緩やかに進むのではないかと思います。

パルコ跡地の開発がどのようになるのか?この一画の角地の建物は残っていますから、おそらく開発には加わらないのだろうと思います。それでは新しい建物は、パルコの時と同じような敷地のままに出来上がるのでしょう。何が良いことなのかは分かりませんが、いろいろと興味が沸きます。今後も、この通りを通る機会がありますので、進み具合を見つめてしまうのでしょう。
posted by KAZZ Satoh at 11:03| Comment(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鑑賞的 0163 田根剛展

A 181219 田根剛@ギャラリー間 (6).jpg

「@ギャラリー間」

TOTOギャラリー間には感謝しています。時々しか行けませんが刺激をいただいています。田根さんの展示を観たとき改めて思いましたが、室内と屋外の展示スペースの連続感と日連続感が好きです。



A 181219 田根剛@ギャラリー間 (33).jpg

「自分の関心ごと」

おそらく自分は昔から内と外の繋がり方に関心があるのだろうと思います。日本民家にしつらえられた「縁側」もその一つですが、分断せずに緩やかに繋げる感覚が好きです。がっつり繋げるこは好みません。曖昧な連続性もしくは不連続性が好きです。田根さんの作品展示には、ここのスペースは似合っているだろうと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 10:56| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月18日

まちのたね 019180 見とれるもの

A IMG_4251.jpg

「なんだこれは」

汐留のパナソニックのギャラリーで見かけました。学校建築に関する展示でしたが、最後にありました。観覧者たちで造形してよいものでした。自分もちょこっと作りました。



A IMG_4252.jpg

「ゲジゲジのようなもの」

青と白の紐状のもので、くっつきやすいつくりになっています。それを繋ぎ合わせて造形が出来ていきます。多くの人が参加することで、得体のしれないものになっていくのだと思いました。多くの人の思いが組み込まれていくけど誰のものでもないものが出来上がっていました。きれいなようにみえて、実は不気味なものなのかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 17:42| Comment(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019179 ストーリーズL

A BHPV2269.jpg

「ありがたい土産」

酒と一緒にぐい呑みをいただきました。少し前のことです。笠間焼とのことです。益子焼ではないですね。このぐい呑みを気に入りました。自分にとってはベスト3に食い込みました。有難いことです。

体調が良いわけではありませんが、呑みたくなります。呑んでしまおうか。
posted by KAZZ Satoh at 17:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする