2019年05月16日

まちづくり関連本、など 1591 谷崎潤一郎

A 陰影礼賛.jpg

「陰翳礼賛」
谷崎潤一郎、中公文庫、1975

昔読んだものを再読しました。平成の終わりころから読み始めて、連休のうちに読み終わるつもりでいました。10日ほど遅れて読み終わりました。13版(昭和59年)を持っていますが、改訂31冊(平成17年)を読みました。文字が大きくなっていますので。

随筆集で表題のものを含めて6題あります。「客ぎらい」は昭和23年とのことですが、他の5題は昭和5年から10年にかけて雑誌に掲載されたとのことです。あれから約90年くらい過ぎています。文庫本が1975年ですから、文庫本が出てから約45年。文庫の解説を書いている吉行淳之介が「約40年前のこと」と書いています。

昔のことですが、明治期と昭和は大きな分断があったように思えます。この随筆が現代にも通じるように感じるのは、もしかすると昭和初期の風景は現代と分断されていないのかもしれません。昭和初期の明るさ(あるいは暗さ)と現代は較べるものではないかもしれませんが、歌舞伎の照明に関するくだりなどは、先日、能の社中の発表会を能楽堂で観た後では共感します。日本の古来から続く芸能の大半は、もっと暗いなかで鑑賞しないと本当のところが分からないだろうと思います。薪能を鑑賞すればよいかとも思いましたが、かつて金沢城公園で行われた薪能を観たときのことを思い出すと、あそこでも明るかったように思いました。仕方のないことかもしれませんが、残念です。

表題の「陰翳礼賛」ばかりにスポットライトが当たりますが、他の話も陰翳礼賛に通じる美意識が感じられます。どなたが1冊にまとめられたのか分かりませんが、有難いことです。
posted by KAZZ Satoh at 17:52| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019178 ストーリーズK

A IMG_4275.jpg

「ハックルベリーブックス」

ハックルベリーブックスがビニール包装を雨の日のみとすることを知ったことで、紙袋をブックカバーにすることを思いつきました。そのきっかけは、お菓子の包装紙をブックカバーにしたことです。ハックルベーブックスの包装の魅力はスタンプです。
posted by KAZZ Satoh at 09:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019177 盆栽2019

A IMG_4385.jpg

「3/16」

どうも様子がおかしいと思いました。



A IMG_4390.jpg

「3/17」

もしかしたら花は咲かないかもしれない。と思うようになりました。



A IMG_4396.jpg

「3/18」

つぼみが膨らむ気配がないからです。

今は5月中旬ですが、結果としては花は咲きませんでした。枯れてしまったようです。夏枯れと思います。枝をかなり切ってしまったので、それも原因かと思います。盆栽を気軽にはじめてはいけないと、実感しました。


posted by KAZZ Satoh at 09:15| Comment(0) | 桶稲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

まちづくり関連本、など 1590 小泉𠮷宏

A まろ、ん?.jpg

「大掴源氏物語 まろ、ん?」
小泉𠮷宏著、幻冬舎、2002

ハックルベリーブックスで「ふくろう展」が開かれましたが、そこで見つけました。源氏物語を全編読みとおす機会は、これを逃したらなくなると思いました。逃したとて自分の人生が大きく変化するわけではなかろうと思いますが、読みとおせば偏見めいたものは解消されるのだろうと思いました。

果たして、なかなかに凄い本だと思いました。帯の裏表紙側には「構想6年、制作3年」とあります。これが2002年に出版されていることを思うと、著者の小泉さんにとっては世紀をまたいでの仕事だったのでしょう。各帖を8コマに収めるだけでなく、解説的なページがあります。これが有難いと思いました。8コマだけの展開だと、源氏物語をよく知らない自分は、おそらくさらに別なる誤解をしていたかもしれません。

半分くらいまで読んでいるときは、この物語は「貴族階級の美女図鑑」的なものだろうかと思っていました。読者は当時の情勢たちでしょうから、読者受けするには素敵な男性はどちらかというと記号的に描き、むしろ読者が共感できるモデルが個別に描かれているのだろうと思いました。なんだか「平安版ビバリーヒルズ青春白書」とか、訳わからない言葉が浮かびました。

しかし、後半を読み進めると光源氏が年をとり、やがて亡くなります。物語は光源氏亡きあとまで描かれています。紫式部はどうして、このような展開を描いたのでしょう。これもヘンな例えですが、漫画の連載が思いほか好調で、長続きして主人公が死ぬところまで描いてしまった。それでも好評なので、亡き後の物語まで描くことになった。というようなものだったのか?などと、またもやアホなことを思いました。余談ですが「あぶさん」はあそこまで長く続ける思いがあったのか?などと思ったりします。

光源氏は超イケメンな印象は変わりませんが(たとえ、漫画で栗に描かれてあっても)、結構ふられていることをしりました。様々な事情からのことですが、こういうあたりも平安からのロングセラーな理由なのでしょう。光源氏に限らず殿上人たちが様々に苦悩しています。こういうくだりはあらすじ的なものでは掴み切れないでしょう。となると、どなたかの現代語訳に手を出しましょうか、、、最近は角田光代さんも執筆されていますし、、、ハマる人は、現代語訳の比較もするのでしょうね。
posted by KAZZ Satoh at 10:44| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

まちのたね 019175 ストーリーズJ ミシシッピから

A IMG_4273.jpg

「シルクロードへ」

本屋の紙袋でブックカバーを作りますが、そこに平山郁夫の駱駝たちを押しました。そんなことをするだけで、オリジナルになります。小さな遊びです。
posted by KAZZ Satoh at 11:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事的 198 外壁

A IMG_4248.jpg

「ショールームにて」

もうだいぶ前のことですが、汐留のショールームで外壁を確認しました。現物見本を並べて比べる場所が用意されていることに感謝しました。自然光を浴びるなかでのチェックができるのは有難いです。
posted by KAZZ Satoh at 11:06| Comment(0) | 仕事的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

まちのたね 019174 まめまき

A IMG_4201.jpg

「ありがたいことに」

護国寺の豆をいただきました。豆撒きの時期のことです。なんだか、遠い昔のように思えてきます。
posted by KAZZ Satoh at 09:08| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こっそりレイソル 0001 開幕前のころ

A IMG_4227.jpg

「3か月前」

2月半ばに、ちばぎんカップがありました。そのときの様子です。三小通りのカリー屋さんです。



A IMG_4228.jpg

「お弁当屋さん」

お弁当屋さんもシーズンが始まることを喜んでいるようでした。



A IMG_4229.jpg

「新しいポスター」

わが社にも新しいポスターを貼りました。しかしまながら、今シーズンはボランティア活動を休んでいます。それは、自分のスケジュールマネジメントが出来ていないからです。膨れ上がっているスケジュールを収めるためにも、何かを整理しなければなりません。それでも思わぬ予定が入り込んできます。年をとるということはこういうことか、と観念しながら、珍しく体調を気にしています。風邪気味が治りません。
posted by KAZZ Satoh at 09:06| Comment(0) | まちなかにレイソル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

まちのたね 019173 電気ブラン

A IMG_4224.jpg

「神谷バーには行ったことがありませんが」

牛久のワイナリーがまだバーベキューやレストラン、そして物販を行っていたときに買っていたものです。手を付けずにいましたが、少し前に飲みました。ホッピーと同系のように思いました。本物というにはちょっと、、、と思いながらも、これはこれでいけるよね、、、的な。

ホッピーを飲みつけるようになった自分は、電気ブランも悪く無いと思っています。ただし、もともと蒸留酒よりも醸造酒のほうが好きなので、たぶん、なかなか手を出さいのだろうと思います。でも、嫌いではありません。
posted by KAZZ Satoh at 17:25| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鑑賞的 0162 地井紅雲

A BZFG2568.jpg

「棟方志功と地井紅雲展」

とても好きな作品が多くありました。地井紅雲という方を知らなかったので、嬉しい驚きをいただきました。何度も見に行こうと思っていましたが、結局1度だけとなりました。それがかえって印象を強めたかもしれません。親交のあった棟方志功の作品が展示されていましたが、個人的には地井さんの作品をもっと見てみたいと思いました。

また、展覧会が開かれることを期待しています。柏市教育委員会文化課の方々、よろしくお願いします。
posted by KAZZ Satoh at 17:19| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1589 ピアソラ

A ピアソラ【映画】.jpg

「ピアソラ 永遠のリベルタンゴ」
ダニエル・ロゼンフェルド監督、2017年

ドキュメンタリー映画です。キネマ旬報シアターで観ました。柏でこのような映画を観られることに、今回も感謝しています。

この映画を観ていて思い出したのが「MY ARCHITECT」です。建築家ルイス・カーンの息子が自分の父がどういう人であったのかを追い求める映画ですが、「ピアソラ」も彼の息子がストーリーテラーとなってピアソラの人となりが紐解かれていきます。カーンの息子はカーンのことをよく知らないので「亡き父」を探しに行きますが、ピアソラの息子は常に傍にいました。晩年は合わない年月がありましたが、それが息子に様々なことを思わせているようでした。息子と記していますが、この方は1945年生まれとのことですので、70を越えています。

この映画は、もっとも傍にいた最後の証人とも言うべき息子さんが健在のうちに偉大なるピアソラの足跡を映像として残したものです。息子さんにはお姉さんがいたようです。その方が自伝をまとめられているそうですが、息子さんは父の自伝を映像でまとめたのでしょう。

ピアソラはタンゴの新しいかたちを作りました。そのために闘っていたことを知りました。「闘う」人は歴史に残るのだと思いました。歴史に残るために闘うのでは本末転倒ですが、闘う姿勢は大切だと改めて思いました。老け込んでいるわけにはいきません。
posted by KAZZ Satoh at 17:12| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

まちのたね 019172 みつければ

A IMG_4222.jpg

「ホッピーを飲む」

近年、ホッピーを覚えました。ビールの代替品などとも言われますが、痛風を気にする人にはビールよりもホッピーがよいそうです。ホッピーのアルコールは焼酎ですから、そのほうがいいのでしょう。

この写真はどこで撮ったのか。うーむ、覚えがありません。2月19日だったようです。手帳に記録がありません。
posted by KAZZ Satoh at 09:43| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019171 ストーリーズI

A VADT0867.jpg

「3月20日」

写真撮影の記録から3月20日としていますが、J:COMがダウンしました。テレビが見られなくなりました。インターネットもだめだったようです。SNSからも混乱する様子がみてとれました。システムのトラブルだったようです。



A XYNM9911.jpg

「砂嵐」

J:COMのサイトによると復旧したとありました。うちはインターネットはNTT光通信なのでサイトを見ることができましたが、ネッともJ:COMのところはサイトも見られなかったのではないかと思います。

さて写真にある砂嵐ですが、これは単にケーブルが外れたことによるものでした。自分の慌てぶりが、後日になって恥ずかしいと思いました。テレビチューナーを引っ張り出したりしているときにケーブルが抜けたようです。そのことに思いが至りませんでした。問題は常に自分にもあると思わないといけません。
posted by KAZZ Satoh at 09:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

鑑賞的 0161 GAUDI QUEST

A ガウディをはかる.jpg

「ガウディをはかる」

天王洲アイルにある建築倉庫で、東南アジアの建築展とともに開催されていました。ガウディは6月末までなので、まだまだチャンスはあります。凄い人がいるものだと思いました。ガウディの建築を測りに測っています。その記録は大変なものでしょう。スペイン本国では、もしかすると国宝級の資料なのではないかと思いました。

人間とは恐ろしいものです。このような仕事をしてしまうのですから。実測された田中さんのプロフィールは「建築学博士」とともに「実測家」とあります。「実測家」という肩書を名乗る方はなかなかいないでしょう。しかし、個人的には羨望のまなざしで肩書を読みます。

無料でいただけたカサ・バトリョのファサード実測図は、自分にとって宝物です。ガウディが好きかどうかではなく、このような実測をされた方がいることを心に留めおきたい気持ちになります。
posted by KAZZ Satoh at 10:50| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019170 ストーリーズH

A DEFB2758.jpg

「OZONE」

東京都庁の隣みたいなところにある東京ガスのビルの低層階には建築関係のショールームが幾つもあります。それは昔から変わりませんが、何十年ぶりかで訪れました。フローリング床材を扱うメーカーで、施主が注目している会社があります。寄ってみると、なるほどと思いました。自分の研鑽が足りないことを知りました。有難いことです。
posted by KAZZ Satoh at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019169 

A IMG_4219.jpg

「黒」

「限定醸造」の文字に弱い。
posted by KAZZ Satoh at 10:34| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

鑑賞的 0160 CLUB No.3

A IMG_4408.jpg

「ソニド@三鷹」

うちの不埒な音楽三昧1号が所属するジャズコンボです。2回目のライブでした。三鷹のソニドという場所は、なかなかに面白いところでした。おうちのリビングで聴いているような気になる場所でした。世の中には不思議な場所が多いものです。これを不思議と思うのは、自分の見識が広くないということの現れなんだろうと思いましたが、幾つになっても新しいことを知ることができる喜びもあります。

さて、彼らの演奏ですが、ビッグバンドでのリズム隊が核となっているので彼らの組み合わせは気心が知れている感じなのが心地よいです。そこにテナーサックスとヴォーカルが参加し、そのヴァリエーションで3部構成になるのがいいです。ギタートリオ。ギタートリオ+テナー。ギタートリオ+テナー+ヴォーカル。お得な気分です。

願わくは、このメンバーで演奏する回数を増やしてほしいです。回数を重ねることで新しい化学変化が生まれることを期待します。そして、型破れてください。
posted by KAZZ Satoh at 11:10| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019168 ストーリーズG

A IMG_4215.jpg

「始めたころ」

息子たちに言われてストーリーズを始めたのは、今年の2月くらいだったでしょうか。やり方を教わりました。それをストーリーズに上げたのだと思います。
posted by KAZZ Satoh at 09:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019167 ワールドカップ

A IMG_4195.jpg

「ラグビー」

3月あたりでしょうか。有楽町のMUJIだったところを通りかかったら、ラグビーワールドカップ関係の施設に替わっていました。今年がワールドカップです。

自分が盛り上がっていないのは、興味がないわけではありません。やらなければならないことが幾つもあり、整理しきれていないからです。
posted by KAZZ Satoh at 09:41| Comment(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする