2019年08月06日

まちのたね 019275 おみやげとしてのコーヒー豆

A IMG_4772.jpg

「紫色」

有難いものです。
コーヒー豆が切れたタイミングで妹がくれました。
ハワイのものだったと記憶しています。
5月のころだったので、もうなくなりました。
posted by KAZZ Satoh at 10:23| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鑑賞的 0180 篠木拓哉

A IMG_4702.jpg

「@MOJO MOJA」

銀座SIXで能の発表会を観た後に越谷に向かいました。5月初旬のことです。篠木くんのライブがあったからです。なかなかいいです。とぼけている感じとか。そのくせ、いい味だしたギターだし。腰が低いし。

公式サイトがありました。
https://www.shinokitakuya.com/

なんとなく応援しています。家庭の事情もあって。
posted by KAZZ Satoh at 10:20| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1615 かこさとし

A かわ.jpg

「かわ」
加古里子、福音館書店、2016

元は1962年に発刊されました。福音館書店の「こどもとも」7月号だったそうです。ふつうの絵本は見開きごとに世界が構築されますが、この絵本は連続しています。それをあるときあるかたが、2冊購入して本をばらし、絵巻物として繋げたそうです。それを出版社がしつことによって、この絵巻じたてが生まれたとのことです。日曜美術館でで紹介していました。それを知ったものですから、これは手に入れないわけにはいかないと思うようになりました。

柏には、ありがたいことに児童書専門書店「ハックルベリーブックス」があります。そこで注文しました。いつものは仕事関係の本を注文するのですが、今回は書店の主旨にあったものとなりました。

この絵巻がすごいのは、表面はカラーで文字がありません。きれいな絵をめくりながら海へたどり着きます。裏面もあります。裏面はモノクロで川のところだけ色があります。そして、文字が入り解説がなされます。さらに、1962年版ではなかった2ページが追加されたそうです。広大な海が描かれています。表を十分に楽しんでから、裏を見るのがよいでしょう。たぶん、小さなこどもはそれをするでしょう。おとなもそれをすると楽しいと思います。

自分としてはBGMは小川美潮が唄う「水」です。「かわ」を観ながら「水」が脳内に流れていました。
posted by KAZZ Satoh at 10:12| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする