2019年11月30日

鑑賞的 0199 アフリカン・アート・ミュージアム

A IMG_5263.jpg

「念願」

何度か八ヶ岳南麓を訪れている中で、気になりながら行けていなかったところを訪れることができました。2019年の夏のことです。



A IMG_5266.jpg

「これで満足」

このような見出しは不謹慎ですが、でも、この植物の在り様を見たときに「来てよかった」と思いました。ここは、大正解に違いない。と感じました。



A IMG_5269.jpg

「美女と野獣」

このときの展覧会のタイトルです。ここは、アフリカの民具を「美術作品」として見つめる場所です。その潔さがいいです。ですから、見出しにあげたような切り口で展示ができるのでしょう。

人類学などを多少なりとも齧ってしまったので、美術の味方の自由さに感心しました。こういうのでよいのだと思います。人類学的な視点を持ちながらも、そういうことを横に置いておいて美術の視点だけで価値を見出す姿勢は必要なことだと思いました。そういう観点の面白さを教えてもらいました。
posted by KAZZ Satoh at 14:16| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019354 豊岡エリア-1

A 190430 出石、「豊岡」、京都 (2).jpg

「出石の朝」

平成31年4月30日の朝です。出石の街は雲に覆われています。低い雲です。素敵だと思いました。山間の街は、繊細です。



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (16).jpg

「あらゆるもの」

海以外のあらゆるものがあるような気がしました。かつて都が現代で言うところの京都に置かれたのは、このような気候の繊細さを把握するためだったのでしょうか。などと、思ったりしました、



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (18).jpg

「芝居小屋」

いわゆる裏側です。表は反対側。あちらに表通りがあります。しかし、こちら側は街の外側だからこそ、自動車が通る道になりました。ヴォリュームでは逆転です。こういうことが街のヒエラルキーを変えていくもののひとつなのでしょう。



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (20).jpg

「豊岡へ」

出石に来たときは、JRの駅にホテルのバスが迎えにきてくれました。豊岡ではなく、京都から向かうと豊岡の手前の駅です。ですから、豊佳に向かうときは、路線バスに乗りました。よいものです。少しだけ、地元の人に紛れたような気持ちになりました。



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (22).jpg

「豊岡の街なか」

30分くらいだったでしょうか。豊岡に着きました。これはなんだ?と思ってバスの中から撮りました。デジカメは有難い。「とりあえず撮っておけ」と自分に指令を出せます。銀塩カメラでしたら、枚数制限があるので躊躇したかもしれません。


posted by KAZZ Satoh at 14:07| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1644 山下洋輔

A From the New World.jpg

「From the New World」
YOSUKE YAMASHITA SPECIAL BIG BAND、2015

つまりは、ドボルザークの交響曲「新世界より」をジャズのビッグバンドで演奏されたものです。リーダーは山下洋輔なので、すこしクレージーなにおいが見え隠れする演奏です。でも、とても楽しい。思わず、オーケストラ・ヴァージョンがCDラックの中にあるか探してしまいました。あるので、これを書きながら聴くことにします。ズービン・メータ指揮ロサンジェルス・フィル・ハーモニー管弦楽団によるものです。

聴き比べるまでもないのですが、基を持っている自分が嬉しいです。勢いで買ってしまった山下ビッグバンドですが、「新世界より」をあてにすると言うよりは、スピーカーからどんな音が聴こえてくるのかが愉しみでした。ジャズは「面白がり」の気分が大事だと、個人的には思っています。基を知っていればいるほど、面白がりは高まっていきます。思わず、「ひぇ?」と反応していしまいます。

クラシック版を聴いたのちは、再びビッグバンド版に戻る予定です。予定としたのは、自分の行動の1秒後の行方に自信がないからです。
posted by KAZZ Satoh at 13:52| Comment(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

まちのたね 019353 酒と煎餅の日々

A IMG_5272.jpg

「赤ワインには」

南部煎餅でもいいです。自分の場合は。
posted by KAZZ Satoh at 09:44| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鑑賞的 0198 薮内正幸

A IMG_5259.jpg

「薮内正幸美術館」

夏に訪れました。八ヶ岳南麓に出かけるときは、なるべく立ち寄ろうと思っています。そして、毎回、これが気になります。この飛び出しはなんだろうか、と。

そして毎回、尋ねるのを忘れます。



A IMG_5260.jpg

「正面」

正面がある建築は、人を安心させる。と、思います。ここを訪れるたびに。



A IMG_5261.jpg

「おなじみのどうぶつたち」

夏に拝見した企画展示が、明日1月30日)で終わります。夏から秋へ、そして冬の訪れまで。季節が変わるたびに訪れるのもよいのだろうと思いました。

絵本の原画がこれほどまで精緻なものだということを、多くの方がしることになるといいなあ、と思います。こどもの本ではありますが、こどもだけのものではありません。こどもと一緒にページをめくるおとなたちを育てているのだと思います。
posted by KAZZ Satoh at 09:41| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1643 BRIAN BROMBERG

A PLAYS JIMI HENDRIX.jpg

「plays JIMI HENDRIX」
BRIAN BROMBERG、2010

ライナーノーツを読んでよかったです。参加ミュージシャンは、ベーシストとドラマーだけとのことです。。。。うそだろ。。。と思うアルバムです。ブロンバーグはジャズ・ベーシストとして知りました。ウッドベースを駆使する凄い人だと思っていましたが、エレキベースも凄いです。その上、ギターサウンドのような音が聞こえてきます。ディストーションかかっています。リフやらソロやらストロークやら、、、、ぼおおおっと聴いていると、ただの凄い演奏だと思ってしまいます。

世の中は、いつの時代も面白い。
posted by KAZZ Satoh at 09:28| Comment(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

まちのたね 019352 八ヶ岳南麓

A IMG_5251.jpg

「今年は行けました」

大学の恩師の別荘に毎年夏に集まります。昨年は台風の影響で参加できませんでした。今年は、なんとか参加できましたが、夜に到着することとなりました。



A IMG_5253.jpg

「このアングルから」

このように別荘を観たことは少ないことに気がつきました。



A IMG_5256.jpg

「橋」

よく造るものだと思います。恩恵を受けているので、感謝しています。しかし、感心するというか、呆れるというか、、、建築のスケールではないことを痛感します。



A IMG_5255.jpg

「八ヶ岳」

山を眺めることは大切だと思います。このような景色を見ると。ビルばかり見ていてはいけません。
posted by KAZZ Satoh at 14:30| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019351 ストーリーズ97

A LSVZ9718.jpg

「街が開く」

今年のアートラインの目玉は、柏駅東口からスカイプラザ柏を繋ぐキャノピーに貼られた天井画です。こいうのが、街に表出するのはいいですね。街の風景や人の気持ちを変えていきます。いいことだと思います。

美術のためのアートフェスよりも、まちを変えるための仕掛けとしてのアートフェスを期待してしまうのは、自分は後者の立場でものを考えるからです。
posted by KAZZ Satoh at 14:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1642 BRIAN BROMBERG

A IN THE SPIRIT OF JOBIM.jpg

「IN THE SPIRIT OF JOBIM」
BRIAN BROMBERG、2007

「低音」シリーズだそうです。こういうものをワゴンセールで見つけてしまうと手を出さないわけにはいきません。カルロス・ジョビンをベースで弾いています。ギターは入っていません。ギターのように聴こえるのは、すべてベースです。言われなければ流してしまうようなサウンドです。

どの分野にも世の中をひっくり返すような人がいるものです。癒されません。ジョビンを聴いていても。驚きまくりで。

posted by KAZZ Satoh at 14:18| Comment(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

まちのたね 019350 出石-9

A 190429 「出石」、豊岡、京都 (177).jpg

「奈落」

回り舞台を動かす装置です。人力で動かします。これは人力が良いと思いました。芝居の呼吸に合わせられるのは、人です。



A 190429 「出石」、豊岡、京都 (204).jpg

「ホテル」

JTBとか日本旅行とかで予約ができません。どういう仕組みかは分かりませんが、ネットで予約しました。そういうのが現代風なのでしょう。お客さんは多かったと感じました。



A 190429 「出石」、豊岡、京都 (216).jpg

「街を見る」

このほてるから街が望めます。夜景もきれいでした。飴が降りましたが、それはそれで。
posted by KAZZ Satoh at 08:56| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

まちのたね 019349 南部煎餅

A IMG_5270.jpg

「どこの?」

石橋煎餅です。伯父の影響で、石橋煎餅が好きです。
posted by KAZZ Satoh at 11:30| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019348 出石-8

A 190429 「出石」、豊岡、京都 (154).jpg

「花道」

日本の舞台空間は、よくできています。客席を通って役者が演技をする場所が設えらています。大きな劇場だと、この花道にも奈落があります。いいですね。



A 190429 「出石」、豊岡、京都 (162).jpg

「落語」

朝ドラ「ちりとてりん」を観ていましたから、関西の落語スタイルを知っています。講談と同じです。このように見えるのか。それを、見せてくれるのか。有難いことです。



A 190429 「出石」、豊岡、京都 (168).jpg

「藤棚」

舞台の天井部です。いろいろ仕掛けができるようになっています。「藤棚」とはよく言ったものです。ヨーロッパでは「ぶどう棚」でしたか。忘れました。
posted by KAZZ Satoh at 11:28| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019347 ストーリーズ96

A AQCK6536.jpg

「東葛テクノプラザ」

千葉県建築士会支部交流会柏大会が無事に終わった今、この写真も懐かしいものとなりました。後始末が残っています。早めに終わらせたいところです。という気分になっています。
posted by KAZZ Satoh at 11:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

まちのたね 019346 ストーリーズ95

A ANKX8352.jpg

「インクは」

教えてもらったのですが、インクは黴てしまうそうです。それが目詰まりを起こす原因のひとつのようです。知りませんでした。でも、長く使用すると、そういうことになるのだと思います。

そういうことを穢れと思うか、芳醇と思うか。。。。無理な展開か、、、、
posted by KAZZ Satoh at 09:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019345 レモン牛乳もの

A IMG_5248.jpg

「中央高速にて」

柏から小淵沢方面に向かう途中で見つけました。栃木もの、なんで?と思いながら買いました。そして、食べずに翌日に持ち帰りました。お土産になりました。
posted by KAZZ Satoh at 09:56| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鑑賞的 0197 こうの史代

A kohno_illust_Page_1.jpg

「原画展」

現在、九段下にある昭和館で展示されています。画像が、本物よりも暗くなってしまいました。こうの史代さんのタッチからすると重くなってしまったようです。大嘗宮見学のついでに寄りました。原画の写真撮影はOKとのことでした。有難いことです。

元は呉にある大和ミュージアムで展示されたそうです。それが、昭和館開設20年記念で展示されました。そういうことでしたか。原画がポストカードとして販売されていましたので、記念に買いました。

こうの史代さんの漫画を読んでいると、自分が徴兵されない年齢になっていることに気がつきます。もし、自分が漫画に出てくる人々と同じような境遇だったら、、、まいったなあ、と思いました。どの立場も再現されてはなりません。
posted by KAZZ Satoh at 09:54| Comment(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こっそりレイソル 0008 ラスト号外

A レイソル号外 ラスト裏.jpg

「長いことありがとうございました」

三小通り商店会の会員さんでもある朝日新聞のサービスアンカーが自主的に行っていました。それが14年にもわたっていました。しかし、今回で終わりのようです。一区切りと言ったほうが、今後に期待を寄せられます。お疲れさまでした。



A レイソル号外 ラスト表.jpg

「終わりよければ」

J2優勝をし、最終戦を記録ずくめで終わりとなりました。まるで、サービスアンカーの方々へのお礼のように思いました。三小通り商店会の立場として。

自分も一区切りのタイミングです。

posted by KAZZ Satoh at 09:46| Comment(0) | まちなかにレイソル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019344 出石-7

A 190429 「出石」、豊岡、京都 (134).jpg

「美術館」

こじんまりとして気持ちのいい美術館でした。このような美術館が全国には幾つもあるのだろうと思いました。丁度よいのではないでしょうか。街のサイズに。



A 190429 「出石」、豊岡、京都 (140).jpg

「小屋復活」

記憶に間違いがなければ、江戸時代の小屋を復活させ、現代でも活用しています。素晴らしいことです。そして、愛之助さんが6月に1週間ほど公演をするそうです。これも素晴らしい。



A 190429 「出石」、豊岡、京都 (143).jpg

「全容」

畳敷きです。そして、タテヨコに板が走ります。この上を売り子が歩きます。



A 190429 「出石」、豊岡、京都 (148).jpg

「2階席」

背が高くないので、舞台が近いです。この臨場感が訳者を刺激するのではないでしょうか。



posted by KAZZ Satoh at 09:39| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

まちのたね 019343 

A IMG_5247.jpg

「飲まなかったもの」

今年の夏は八ヶ岳南麓に出向くことができました。そのときに、たぶん、飲まなかったものたちです。飲まなかっただろう翌日の朝に撮りましたので、飲んでいません。
posted by KAZZ Satoh at 23:57| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019342 ストーリーズ94

A AEHK4328.jpg

「勝てば何より」

11月24日、J2のリーグ戦が終わりました。レイソルは前節に優勝を決めて、今日は13-1という記録ずくめの勝利となりました。勝てば何よりです。そして、今日、レイソルの号外も終わりました。このことは、別日に。
posted by KAZZ Satoh at 23:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする