2019年12月31日

こっそりレイソル 0009 アディショナルタイムズ

A IMG_5527.jpg

「どうやって応援していくか」

2019年のシーズンは一度も日立台に行きませんでした。他の用事が大変だったからですが、ボランティア活動を全休しました。そんななかでアディショナルタイムズの方から、写真にあるステッカーを頂いたことは嬉しいことのひとつです。

しかし、彼らの活動も助成金の期間が終わり、自活していかなければならないようです。思い間違いでなければ、来シーズンにむけてスポンサー探しもされていることでしょう。この活動に支援することは柏市の「ふるさと納税」枠で処理されるでしょうか。こういうことから疎くなっているので、調べなくてはありません。

とりあえず、頑張ってね。と応援します。朝日新聞の号外が今シーズンで終わりました。東葛毎日系のレイソルにかかる情報発信が最近はどうなているのか?様々なことから疎くなっています。自分は明日から、つまりは2020年もこっそり応援する方向にありますが、人さまに迷惑をかけぬよう生きていこうと思います。
posted by KAZZ Satoh at 16:27| Comment(0) | まちなかにレイソル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019425 ストーリーズ119

A OMOK5750.jpg

「日帰り旅行」

バスでの旅行はいいですね。幹事役でも少しずつ飲んでも怒られません。そういうところがいいです。参加された皆さん誰もが、なんとなく幸せそうです。なんとなくウキウキしています。こういうのは、いいですね。世の中が、いつもどんなときも日帰りバス旅行の気分のようであればいいのに、、、
posted by KAZZ Satoh at 16:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019424 ブックカバーK

A IMG_5588.jpg

「キャラバン」

今年の収穫のひとつは、隊商のスタンプです。これは自分にとって、とてもよいものです。平山郁夫ものですが、気分は「どこでも「シルクロード」です。わら半紙的な紙質にスタンプすれば、なおさらです。

これだけ幸せな気分になります。
posted by KAZZ Satoh at 16:16| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1655 HOSONO

A NO SMOKING.jpg

「NO SMOKING」
佐渡 岳利監督、2019

2019年最後に映画館で観た映画となります。おそらく。2019年12月31日の16時近くに書いている時点ということになりますが、もう映画館には行きません。柏にキネマ旬報シアターがあることに感謝しています。たぶん、今年は、ここでしか映画を観ていません。あとはテレビです。おかげで、ミュージシャンたちのドキュメンタリー映画や、40年くらい前のライブ映画などを観ることができました。音楽にまつわる映画を沢山観ることができました。

さて、細野さんですが、「はっぴいえんど」や「YMO」そして「はらいそ」などのソロプロジェクトを後から追いかけながら聴いている理由が掴めたような気がします。細野さんに追いつけないから、リリースされるアルバムを受け止めきれないのだと思いました。常に新しいことをやっているので、常に分からない。そして、何年かして、なんとなく分かってきたような気がして、ようやく聴ける。しかし、そのときは細野さんは次の新しいことをしている。だから、一向に追いつけない。

もっとも、もともと追いつこうと思っていないので、そんなに気にしてはいません。昔はYMOをリアルタイムに聴いて、リアルタイムでノッテいている友人たちを羨ましいと思ったりしましたが、現代美術の自分なりの愉しみ方を見つけてからは、羨ましいとは思わなくなりました。分からないことは仕方がないことで、分からないことを分からないと受け止めて愉しむしかありません。なんだか愉しめそうなものであれば、自分にとってそのようなものであればOKです。
 などということを2019年の最後の日に思えたので、今年はそれなりに佳かったとします。思い返すといろいろと思うことがありますが、忘れないようないしておいて、2020年を迎えるだけです。問題は山積みなことに変わりありませんが、、、
posted by KAZZ Satoh at 16:11| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1654 Clementine

A Clemetine BEST.jpg

「Clementine BEST」
Clementine、2011

仏蘭西人が唄うボサ・ノヴァな感じ。安売りの段ボール箱で見つけてしまいました。今年は、本当にワゴンセールにお世話になりました。テレビCMで訊いた歌声が家庭で聴けます。有難いことです。おかげで、痛めた腰も介抱されているような気になります。

このアルバムの魅力をなんと言えばよいでしょうか。なんとなく自由な気がします。日本の商業にがんじがらめなものだったとしても、なんとなく自由な気がします。「なんとなく自由」という気分は大切なのかもしれません。実際はどうであれ、日々を乗り切っていけるような気になります。

このアルバムの一番最後は、バカボン・メドレーです。
posted by KAZZ Satoh at 15:50| Comment(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

まちのたね 019423 バリキング

A IMG_5519.jpg

「B級感覚か」

どうも、このような得体のしれないものに弱いです。そう思うとホッピーはコンサバティブでしょうか。B級的といえども、しっかりと市民権を得ています。安い居酒屋でホッピーを飲む方は多いと思いますが、ホッピーがあるのに敢えてバリキングに手を出す人はどのくらいいるのか?こういうところの感覚が世相や政治選択に反映されていくのではないだろうか?などと、まったくどうでもいい話を思いつきました。
posted by KAZZ Satoh at 09:32| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019422 ストーリーズ118

A PLWA1895.jpg

「もっと知られることを」

柏市役所沼南庁舎で見つけました。クラウドファンディングです。ふるさと納税の活用方策のひとつです。手続きを面倒がってしまいましたが、次回は参加してみようかと思います。柏市に納税するのであれば、自分が願うものに使っていただけるほうが納税意欲が沸きます。。。といいつつ、偉そうに言うほど納めていません。むしろ、これまで持っていかれると明日のお米が、、、それは大袈裟ですね。失礼しました。
posted by KAZZ Satoh at 09:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1653 YMO

A FAKER HOLIC.jpg

「FAKER HOLIC」
YMO、1991

こういうものを見つけられるので、どうしてもワゴンセールは宝の山に見えてしまいます。1979年のヨーロッパツアーとアメリカツアーのライブ音源が2枚組としてまとめられています。1991年に1979年のものが発売されたのはどうしてだったのか?まるっきり覚えていませんが、ファンにとっては待望のアルバムだったような記憶があります。自分は、ファンではなかったので興味を覚えましたが買うまでには至りませんでした。

なぜ今になって買ってしまい、聴いてしまうのか?「はっぴいえんど」を聴くのとは異なります。細野晴臣が関わっていることでは同じですが、自分のなかでは繋がっていませんし、「はっぴいえんど」は若い時に聞いていませんでした。音源を探すことができなかったからです。しかし、YMOはオンタイムでした。自分が高校生の時にYMOが登場し瞬く間に流行し、世間ではテクノカットが流行り、渋谷ではパルコが新しい文化を発信し、「80年代」に突入していきました。そのころに高校生だったり大学生だったりしましたからYMOを知らないわけはなく、何枚かレコードも聴き、スネークマンショーに溺れました。
 しかし、YMOの音楽のことはよく分からないままでした。左脳的な意味での分からないではなく、感覚というか気分というか、何かが分からないままです。ですから、今も、分からない何かが何なのかを知りたくなって聴いてしまうのでしょう。そして、矢野顕子の声を聴き、渡辺香津美のギターを聴き、自分の音楽思考の根っこになにがあるかを再確認しています。

このもやもやはずっと引きずるのでしょう。
posted by KAZZ Satoh at 09:20| Comment(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月29日

まちのたね 019421 ストーリーズ117

A HVBE3754.jpg

「かしわかあさん」

生産者の名前です。もちろん本名ではありません。すぎの梨園のお母さんが生産者です。ですから、なしドレッシングです。もうひとつはにんにく系です。他にニンジン系があったかな。

道の駅しょうなんで買えます。
posted by KAZZ Satoh at 15:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019421 ブックカバーJ

A IMG_5587.jpg

「アートライン」

かしわで10年以上行われている「アートラインかしわ」で定番メニューのエレベーターラッピングの図柄がA3にプリントされていました。不要な紙を処分しているときに見つけました。

ところで、何の本を包んでいたのか。。。覚えていません。
posted by KAZZ Satoh at 15:37| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1652 はっぴいえんど

A はっぴいえんど ベスト.jpg

「はっぴいえんどベスト」
はっぴいえんど、1993

安売りを見つけてしまったので、歌詞カードはありません。でもいいです。おかげでサウンドを聴いています。はっぴいえんどの魅力は、歌詞なのでしょうが、サウンドがいいのでしょうね。日本に寄せていないように思いました。寄せていなくても歌詞が日本語であった、演奏者が日本人だから日本の音楽になってしまうのでしょう。などと思いました。

これまでは、はっぴいえんどをものすごく凄いと思えませんでしたが、やっぱり凄いのだろうと感じました。どうでもいい話かもしれませんが、キティレコードから発売されています。
posted by KAZZ Satoh at 15:32| Comment(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月28日

まちのたね 019420 ストーリーズ116

A HNIE9419.jpg

「ウラカシ百年会」

おかげさまで、幾つかの場所で着ています。よかったです。買って。ありがとうございました。
posted by KAZZ Satoh at 11:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

てぬぐい 0052 夏の日に

A IMG_5528.jpg

「かしワンダーパレード」

2019年にも高校演劇「かしワンダーパレード」が開かれました。そのときに着用したてぬぐいです。

ひとつは白崎映美さん。ひとつは観世流です。芝居は芸能でしょうか?路上で演じれば大道芸でしょうか?高校演劇も能に通じていくのでしょうか?などと、勝手なことを思いながら、一日を過ごしました。
posted by KAZZ Satoh at 11:17| Comment(0) | てぬぐい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1651 Suchmos

A THE KIDS.jpg

「THE KIDS」
Suchmos、2017

安売り段ボール箱群のなかに見つけてしまいました。有難いことです。サチモスは名前を知らない前からラジオで流れてくる楽曲が気になっていました。FM局は感度がいいなあ、などと思っていました。

日本だけでもたくさんのミュージシャンがいて、たくさnCDが出されています。そのなかから1枚を選ぶのは、財布と相談しなければなりません。飲み会を断ってでも音楽に金を使うというようなタイプにはなれないので、自分みたいな自堕落な人間には、本当にワゴンセールは有難いことです。そのおかげで、サチモスを聴くことができます。

サチモスとかネバーヤングビーチとかグリムスパンキーとかサカナクションとかボーディーズとかサキヤマソウシ(漢字を思い出せない)とか、なんでみんなすごいんだろう、と感心しています。政治や経済がなんとなくなんとなくですが、海の向こうでは何かときな臭いですが、音楽や美術のことを思うと佳い時代なのだろうと感じます。サチモスとか聴くと早死にはもったいないような気になります。大袈裟ですが。
posted by KAZZ Satoh at 10:38| Comment(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

まちづくり関連本、など 1650 モーリス・センダック

A 唐さんがかえる日まで.jpg

「父さんが かえる 日まで」
モーリス・センダック著、アーサー・ビナード訳、偕成社、2019

アーサー・ビナード訳として出版されました。以前にも日本語訳があったような話を聞きますが、詳しくは分かりません。新聞の下段の図書広告で見つけました。こういうのは買って読むのがいいだろうと思い、ハックルベリーブックスに頼みました。

センダックといえば「かいじゅうたちのいるところ」が有名ですが、その他に幾つも面白い作品があります。この本も、子どもたちは自由です。そして、怖がっていない。むしろ、状況を乗り越えていくために真っすぐ進んでいっているようにも思えます。なんだか、素晴らしいと思います。

どうして、このような本を描くことができるのでしょうか。。。。。ゴブリンがやってきたようです。このへんで終わります。
posted by KAZZ Satoh at 15:15| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019419 もはや史跡

A IMG_5517.jpg

「プッシュホン型」

柏公園にある遊具です。滑り台のようなものです。それとベンチです。若い人は知らないプッシュホンの初期のかたちです。これは、保存ものだと思います。誰も分からなくなるときがきても、塗装と修復をお願いします。
posted by KAZZ Satoh at 10:09| Comment(0) | 史跡巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019418 衝撃のチラシ

A IMG_5506.jpg

「VS」

凄い取り合わせです。驚きました。予定が合えば、行きたいところでした。
posted by KAZZ Satoh at 10:04| Comment(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事的 211 既製品

A IMG_5488.jpg

「舗石ブロック」

天然石をキューブ型に成形したものですが、それほど成形でないのが面白いと思いました。おそらく、このようなものだと藻いますが、精度という点からするとCADでは表現しにくい感じです。これが面白い。自分がCADを使っていて面白くないと思うところは、この石材のようなものを表現するとき、かえって面倒なところでしょうか。ちゃんと使いこなせていない、と言われればそれまでのことですが、手描きのほうがはるかに楽で楽しいです。
posted by KAZZ Satoh at 10:02| Comment(0) | 仕事的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 019417 松戸マーライオン

A IMG_5481.jpg

「お墨付き」

シンガポール政府公認と書いてありました。こういうところがいいです。ちゃんとしていると感じます。伊勢丹だったところにアジアン・フードコートが出来ていました。夏に行ったときに見つけました。

今は、どのようになっているのでしょうか。先日、行けなかったので、来年には行ってみたいと思います。
posted by KAZZ Satoh at 09:52| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

まちのたね 019416 お疲れ様もうひとつ

A IMG_6027.jpg

「プリンター交換」

2019年の出来事のひとつとして、インクジェットプリンターの交換をあげます。昨年までだましだまし使っていたプリンターに見切りをつけました。2010年6月に購入したものです。長く使いました。たぶん、メーカーの方は了解してくれるでしょう。ローラーがダメになりました。年賀状のインクジェット用紙が送れなくなりました。



A IMG_6028.jpg

「交代選手は」

値段を忘れましたが、高くなく購入しました。インクカートリッジは5色のものです。主に年賀状と写真の印刷に使います。ですから、黒が減りにくいです。おかげで、今年の年賀状印刷はスムーズでした。世間並の状態になっただけのことですが、、、
posted by KAZZ Satoh at 18:23| Comment(0) | 野帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする