2020年01月02日

まちのたね 020002 ストーリーズ 120

A CDDL2174.jpg

「水陸両用バス」

スカイツリーのそばから乗ることができます。このコースが面白いのは、浅草よりも東側の「下町」というよりは「江戸の頃の郊外」を巡り、旧中川で水に入ることです。このなんとなく地味目なコースは、おそらく外国人観光客のほうが楽しむのではないかと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 13:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020001 スケッチ演習-1

A 190514 上野スケッチ【芝浦工大演習】 (1).jpg

「2019年のこと」

毎年6月あたりにスケッチ演習を上野のお山で行っていますが、2019年は5月に行われました。まずは、東京文化会館です。毎年眺めているうちに興味深い建築のひとつになりました。



A 190514 上野スケッチ【芝浦工大演習】 (4).jpg

「特別展示に合わせて」

例年より早めたのは、西洋美術館で特別展示があったからです。毎年、西洋美術館の中に入り、外観をスケッチするのですが、この年はビッグチャンスを活かすことができました。



A 190514 上野スケッチ【芝浦工大演習】 (8).jpg

「国立博物館」

国立博物館は日本に何か所かあります。来年だったか、今年だったか、北海道にも誕生します。そして、上野の国立博物館は「とうはく」と呼ばれています。「東京の国立博物館」という意味でしょうが、自分にとっては「上野の博物館」です。

この風景をスケッチしました。学生に描かせるだけではすまされないので、自分も描きました。
posted by KAZZ Satoh at 13:54| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1656 clemnetine

A バラエンティーヌ.jpg

「バラエンティーヌ」
clemnetine、2011

クレモンティーヌのアルバムです。こういうほんわかなかんじが2020年に必要なのかどうかは分かりませんが、少なくとも自分には必要です。今年のテーマのひとつは「ゆるむ」です。毎年、似たようなことを思いますが、体が緩んでいないと新しいことができません。自分の場合は。腰を痛めないためにも心掛けなければなりません。

緩くなることを心掛けますが、堅くなっていることにすぐに気がつくようになることが大事です。そして、足りなければクレモンティーヌを聴いて、骨まで緩みたいと思います。
posted by KAZZ Satoh at 13:45| Comment(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする