2020年01月16日

まちのたね 020031 柏の葉

A IMG_5827.jpg

「千葉県の施設ですが」

2019ラグビーワールドカップのおかげで柏の葉が注目を集めました。ニュージーランドのオールブラックスが準備キャンプを行ったからです。有難いことです。柏駅周辺がサッカーの街という認識であれば、柏の葉はラグビーの街というイメージを強めてもいいのではないかと思います。県の施設とはいえ、街の財産のひとつです。NECグリーンロケッツが柏の葉で試合をするときがありますが、もっと機会が増えるといいのに、と思いました。県の施設ですが。
posted by KAZZ Satoh at 11:07| Comment(0) | 柏名物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020030 ストーリーズ126

A PSGD5332.jpg

「年末年始」

日立台のゴール裏の住人たちのおかげで、三小通りのフラッグがあります。彼らの働きかけがなければ、なかったことです。有難いことです。今年もよろしくお願いします。

たぶん、ちばぎんカップ前にフラッグが取り付くことでしょう。
posted by KAZZ Satoh at 11:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり観連本、など 1665 モンティ・パイソン

A ライフ・オブ・ブライアン.jpg

「ライフ・オブ・ブライアン」
モンティ・パイソン、1979

高校の授業でパロディについてレポートをまとめるという相談を受けて、引っ張り出してきたもののひとつです。おかげで久しぶりに観ることができました。

イエス・キリストに間違えられたブライアンの生涯を描くというフィクションです。当初の企画はイエス・キリストの生涯をモンティ・パイソン風に描くものだったようですが、結果的に間違えられた男となりました。しかし、それでも宗教団体からの反発は大きったそうです。それはそうだろうな、と思いました。ジョークがきついです。その分、面白いのですが。

この映画は、キリストの生涯だけを揶揄しているのではないことも分かってきます。ローマ帝国に反抗する勢力が仲間割れの末、真の敵を見失い分派したグループに最も敵対心を抱いている様。すぐに行動せよ、と言いながら、そのための会議を延々に行っている様。ローマ帝国の軍隊内にみられる「お役所仕事的」な対応。メシアだと思い込み、妄信することに疑いを持たぬユダヤ市民。磔にされたブライアンに対する同志たち、彼女、母親たちの態度。最後には磔にされた人々による陽気で達観した歌の合唱。などなど、すべてに向けて揶揄の矢を放ってるように感じました。

ジョージ・ハリソンがチラッと出ているように思いました。本当にチラッとなので、見間違いかと思います。見間違いかもしれませんが、そのような登場もいいです。
posted by KAZZ Satoh at 10:52| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする