2020年01月20日

まちのたね 020039 門前仲町-2

A 190623 門前仲町ぶらり (15).jpg

「横丁」

いい雰囲気です。しかし、昼間です。



A 190623 門前仲町ぶらり (17).jpg

「公共トイレ」

区役所が設営したものではないようです。横丁の人々が共同したのだと思います。素敵なことです。



A 190623 門前仲町ぶらり (18).jpg

「昭和の遺産的な」

できれば、無くならないことを願います。



A 190623 門前仲町ぶらり (24).jpg

「複合ビル」

何軒かが集まってできたのだろうと思います。このような建物が昭和後半以降の街なかの建物の一般解なのだろうと思いました。でも、町家とか民家とは言わないですね。
posted by KAZZ Satoh at 12:47| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1668 福島香織

A ウイグル人に何が起きているのか.jpg

「ウイグル人に何が起きているのか」
福島香織著、PHP新書、2019

知人が貸してくれました。なかなかに重い題材です。知らないことばかりでした。著者が「あとがきにかえて」で書いていることが沁みました。国境が隣国と接していない国の心理を分かりやすく書かれてるように思いました。

ウイグル人が置かれている状況が丁寧に書かれていると理解しましたが、世界中で様々なことが起きていることを、この本を通じて改めて考えます。第二次世界大戦は終わっていない、とどなたかが言っていたことを思い出します。そして、古代から人間の歴史は、このようなことを繰り返してきているのだろうとも思いました。

SDGsというキーワードが目に付くようになり、多様性の重要さに注目が集まっているように感じていますが、それは、世界の現況の裏返しなのかもしれないと思いました。知らないということは、佳いことではありません。自分に何ができるか分かりませんが、まずは知ることだけでも。

本を貸してくれた方に感謝しています。
posted by KAZZ Satoh at 10:18| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする