2020年09月03日

まちのたね 020416 福山ー尾道ー岡山-30

191024 商業1部会視察@2日目 (252)_R.JPG

「アーケードのかたち」

視察に行くたびに、アーケードのかたちの様々なことに気がつきます。このデザインになった理由が知りたくなります。



191024 商業1部会視察@2日目 (254)_R.JPG

「ステンドグラス」

アーケードがある商店街を歩いていると、途中からデザインが変わります。変化する理由は、設置者が異なるからでしょう。ひとつのアーケード街と思っていますが、商店街組織が別なのだろうと思います。



191024 商業1部会視察@2日目 (255)_R.JPG

「薔薇窓」

カトリックの教会か、と思いました。



191024 商業1部会視察@2日目 (263)_R.JPG

「パブリックアート」

確か、不思議の国のアリスだったように記憶しています。いい加減な記憶ですが。パブリックアートの意義を、改めて考えてみたいとも思います。こういうものを見ると。



191024 商業1部会視察@2日目 (265)_R.JPG

「バスターミナル」

県庁所在地で見かけます。中心商業エリアと、その顔となる百貨店。そして、付随するバスターミナル。このセットが、県庁所在地の商業エリアの「核」となっています。しかし、近年の変化は「駅前再開発」です。鉄道の再整備と駅前ロータリー、そして整理されたことで生じる土地に誕生する新しい商業施設。これは、中心商業エリアに対抗する強力な存在だと感じます。

posted by KAZZ Satoh at 09:09| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする