2020年09月12日

まちづくり関連本、など 1752 塩野七生

ローマ亡き後の地中海世界2_R.jpg

「ローマ亡き後の地中海世界-2」
塩野七生著、新潮文庫、2014

思いのほか、早く読み終わりました。というか、続きを読み進めたくて、他の読むべき本を投げ打っていたところもあります。「ローマ亡き後」とは、「中世」と呼ばれる時期ですが、そのときの地中海がどうなっていたかが記述されています。第1巻の主人公は「シチリア」だと思いましたが、今回は「交易の感覚と救出団体」と思いました。海賊がビジネスとなり、救出の手立てが身代金による解決となっていたことが記されていますが、十字軍とは異なる団体の活動が後半に描かれています。救出修道会と救出騎士団とありますが、武力に頼らず交渉と身代金をもって拉致されたキリスト教徒を本国に帰す活動を500年にわたり行われたそうです。500年という時間が理解の域を越えますが、中世からルネッサンスにかけての地中海は、相当に過酷な状態にあったのだろうことが分かってきます。

ここまでの話には、まだオスマン・トルコが登場していません。トルコ以前のイスラムの国々のことなのだと思いますが、ヨーロッパ大陸の歴史を読み解くならばそれほど必要がないかもしれませんが、地中海の歴史を知るとなると、キリスト教のことばかりを見つめていては分からないことが多すぎるのだろうと思います。宗教間対立という軸だけでなく、地方性、宗派、民族、文化文明の差などなどが絡み合ってこんがらがっています。

第2巻の舞台はイタリア西側の地中海の話です。ですから、イタリアだけでなく南フランス。スペイン。そして、北アフリカ。こちらの中心はチェニスとなりますが、そこで十字軍とは異なる団体が地道な活動を知ると「外交」をどのようなタイムスパンで見つめていくのか、ということも大事なのだろうと思います。おそらく日本人には、500年にわたる救出という外交感覚を理解するのは易しくないのではないかと思いました。

第3巻に入る前に、小休止として別の本を読むことにします。このまま続けるとヒートアップしそうなので。
posted by KAZZ Satoh at 17:46| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020431 ふくしま家

IMG_7149_R.JPG

「むぎて餅」

5月22日に撮影しています。そのときに実家にあったということです。そして、いただきます。こういうのも好きです。素朴な味わいを、あれから何か月かたちましたが思い出せるような気がします。


posted by KAZZ Satoh at 11:53| Comment(0) | 柏名物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020430 福山ー尾道ー岡山-37

191025 商業1部会視察@3日目 (50)_R.JPG

「あずまや」

庭園が広いので、幾つもの見せ場があります。そして、それを見られる場所があずまやです。築山に置かれたあずまやからは、何が見えるのか。



191025 商業1部会視察@3日目 (51)_R.JPG

「一望」

後楽園の解説書を見れば、ここから見えるものが何なのか?何を見せたいのか?他の場所からみえる景色と何が異なるのか?などが書かれているのだろうと思います。しかし、通りすがりの者なので、そういうものは読みません。自分で勝手な想像をします。



191025 商業1部会視察@3日目 (55)_R.JPG

「六角」

プランが六角形です。先に見たあずまやは、四角でしたが、床は対角の半分だけでした。幾何学的な仕掛けがあるのでしょうか。



191025 商業1部会視察@3日目 (56)_R.JPG

「葺き屋根」

吹き替えが大変なのだろう。小さな屋根といえども。などと思って写真を撮りました。



191025 商業1部会視察@3日目 (62)_R.JPG

「山里か」

向こうに見える建物の写真を撮るときに、手前の池を入れてみました。実際のところ、入れないほうがよかったかもしれません。別の仕立てなのかもしれません。でも、どちらもアリのではないとも思います。
posted by KAZZ Satoh at 11:50| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1751 クレモンティーヌ

カフェ・アプレミディ_R.jpg

「カフェ・アプレミディ」
クレモンティーヌ、2001

20年も前のアルバムのようです。ボサノヴァを歌っています。こういうものを手に入れるようになったのは、年を取ったからではありません。昔はお金に余裕がなかったからです。そして、今でも余裕があるわけではありませんが、ワゴンセールで買えるからです。CDにつけられている帯には、クレモンティーヌが贈る「午後のコーヒー的なシアワセ」と書かれています。確かに、オシャレな印象です。なんだか、自分みたいな者でもイケてるような気になってきます。そういうのはイケません。

イケてるとか、オシャレとか、カタカナで書きますが、個人的にはボサノヴァは、もっと憂鬱でいいのではないかと思います。日差しが厳しい都市の片隅の日陰的なカフェで、午後を何もできなくて過ごす、、、的な。で、することないから、仕方なく短歌詠んでみ蟻。あ、ブラジルチックやフレンチな感じだと、別なもののほうが似合うのでしょうね。

こういうのを聴きながら、なんとなく死んでいくのは、アリかもしれない。などと、思わせます。でも、今は暑い時期だから、このように思うのでしょう。冬になったら、別の音楽聴いているのだと思います。そういうのはイケません。
posted by KAZZ Satoh at 11:40| Comment(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする