2020年09月27日

まちのたね 020464 あまざけ

IMG_7197_R.JPG

「八海山」

2020年の流行語のなかに「あまびえ」が登場するのだろうと思いますが、個人的には「あまざけ」がブームです。おそらく2020年を振り返った十大ニュースのひとつになるのではないでしょうか。

目的は、善玉菌を増やすことです。ビールとの闘いに勝るために。そうであれば、酒飲まなければよいのですが、、、
posted by KAZZ Satoh at 13:29| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1758 五百旗頭幸男と砂沢智史

「はりぼて」
五百旗頭幸男、砂沢智史監督、2020

https://haribote.ayapro.ne.jp/

9月26日からキネマ旬報シアターで上映が始まりました。今のうちに、と思って見に行きました。なぜ「はりぼて」というタイトルをつけたのか。誰が?誰までが?それは、観ている我々も?などと、映画を観ながら思いました。

自分が感じた、この映画のキーポイントは、@現代建築として見栄えする富山市庁舎。Aその背後に聳える絶景すぎる立山連峰。B哀しみと嘲笑を思わせる音楽。この3つが効いていると感じました。それは、かつて仕事で何度も訪れたことがある市庁舎が舞台だったからかもしれません。議会場にしても、市役所職員の仕事場にしても、いわゆる「お役所」的な光景ではなく、現代のオフィスの好事例と思える映像と映し出される人々の旧態依然たるものとの対比がなおさら、哀しい感じがしました。

オープニングの空撮で富山市街が一望されますが、呉羽山を越えて撮影されていると思いました。自分が間違っていなければ、そのように映す意図をあれこれ考えました。金沢や高岡から来れば、呉羽山を超えると富山の街になります。このシーンは、富山市民にとってどのように映ったのでしょうか。

改めて、映像がもつ力を思いました。映ってしまうものは誤魔化せません。怖ろしいことです。この映画の内容については、ここでは一言も触れません。拙い説明や感想よりも、映画を観るほうがよいと思うからです。まさに、百聞は一見に如かず。なのだと思います。
posted by KAZZ Satoh at 13:25| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020463 日帰りツアー-6

191123 柏法人会日帰り旅行 (57)_R.JPG

「蟹食べ放題」

食べ放題に喰いつくつもりはありませんでしたが、食べないで帰るのも、、、、と思いました。ベニズワイな色だと思いました。



191123 柏法人会日帰り旅行 (60)_R.JPG

「ライティング」

こういう演出は大切です。



191123 柏法人会日帰り旅行 (61)_R.JPG

「どうしたものか」

このようなものに慣れていないので、なんだろう?と思いながら通り過ぎました。子どものうちから慣れておいたほうがよいものでしょうか。



191123 柏法人会日帰り旅行 (65)_R.JPG

「デザート類」

バイキングというのか、ビュッフェというのか、いずれにせよ、デザート類は大事です。
posted by KAZZ Satoh at 13:05| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする