2020年09月29日

まちのたね 020466 アボカド

IMG_E7135_R.JPG

「ブームにならず」

ズムサタで紹介されたので、一度試してみました。しかし、その後は続きませんでした。絶対に食べたいとまで、思えなかったのでしょう。

写真で分かるように、ハズレを引いてしまったのも盛り上がらなかった要因かもしれません。傷んでいました。
posted by KAZZ Satoh at 10:06| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1760 ツジトモ

「GIANT KILLING 56」
ツジトモ著、綱本将也原案・取材協力、講談社、2020

https://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000344526

発売されていることを見失っていましたが、他の見失っていた単行本とともに購入できました。今回は辛いです。まさかまさかの展開でした。しかし、物語を紡ぐ人は凄いです。サッカー界で起こりえる様々なエピソードをどのように再構成するか。新しいドラマが生まれ続けるのは、いつの時代にも新しい語り部たちがうまれるからなのでしょう。

漫画の内容から離れていきますが、シェークスピアはそういうところが優れていたのでしょう。ロミオとジュリエットの魅力は、あの物語が短期間で起きていることにあると、聞いた記憶があります。

さらに離れていきますが、ジェットコースターの演出は物語を紡ぐ上で応用できるのでしょう。徐々に高みに持ち上げて、さらに高みをと思わせた瞬間がピークで、その後はどん底まで。ジェットコースターの場合は落下に伴うエネルギーがありますから、その後のスピード感あふれる展開がやってきます。ロミオとジュリエットは、それに近いものがあるのかもしれません。しかし、ジャイアントキリングの場合はどうでしょうか。思えば、主人公はときどきスランプに陥っていました。こんかいは克服できるのか?監督は、どのように再生させるのか。たぶん辛い展開が連載で続いているのでしょう。

それでも物語は、別なる希望を描いています。これまでなかなか登場しなかった選手たちの人生を描いています。こちらについては次巻が愉しみです。
posted by KAZZ Satoh at 09:56| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020465 日帰りツアー-7

191123 柏法人会日帰り旅行 (68)_R.JPG

「品川と高輪」

昔からよく分かりませんでした。品川プリンスホテルと高輪プリンスホテルの違いが。今でもよく分かりませんが、隣にあるの?みたいな感じです。繋がっていないの?みたいな。



191123 柏法人会日帰り旅行 (69)_R.JPG

「アクアパーク」

英語表記は単語と単語の間に半角の空白があります。しかし、日本語でカタカナ表記にすると単語ごとに区切りません。そうなるとこちらのものです。元の言葉の意味が分からないままに読むと、うっかり4文字で区切ってしまいます。「アクアパ・−ク」みたいな。



191123 柏法人会日帰り旅行 (74)_R.JPG

「入れればすぐに」

建物の中というのは大きさが分かりません。大きいのかそうでないのか。写真にあるような施設は屋外にあるものです。それが建物の中にあるものですから、不思議です。船に乗り込んだパイレーツたちはどんな風景を見るのでしょうか。答えのひとつとして「きみしかみえない」でしょうか。



191123 柏法人会日帰り旅行 (77)_R.JPG

「ここは水族館なのか」

たぶん、水族館だけではないのでしょう。「水族館+」か?「+水族館」なのか?



191123 柏法人会日帰り旅行 (109)_R.JPG

「幻想海月」

漢字で「クラゲ」を表記するとき「海月」なのか「水母」なのか。どちらを採用するかは、文脈に寄ります。でも、多くは「海月」なのではないかと思います。「水母」を使うときは、どんなシチュエーションなのでしょうか。
posted by KAZZ Satoh at 09:27| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする