2020年10月31日

こっそりレイソル 0023 看板と弁当

IMG_7308_R.JPG

「7月4日」

三小通り商店会にある日本亭という弁当屋さんは、ホームゲームごとに頑張ります。レイソルを応援するだけでなく、こういうお店を応援したくなります。



IMG_7309_R.JPG

「レイソル丼」

観戦する方々にも広まることを期待します。スタジアムのかなりの方々が、試合前に食べるイベントとか、、、この弁当だけのスタンプカードがあったりとか、、、、
posted by KAZZ Satoh at 11:49| Comment(0) | まちなかにレイソル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020223 お中元

IMG_7307_R.JPG

「横濱馬車道」

妹が毎年夏にくれます。7月3日に写真を撮っています。毎年、美味しいと思います。年に一度食べるので、なんとなくと配るなものになっています。自分でも買えばいいのですが。。。
posted by KAZZ Satoh at 11:42| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1771 浜砂伴海

Le cafe_R.jpg

「Le cafe」
浜砂伴海、2008録音

巡り巡って、自分の手元にあります。サインがありますが、自分宛てではありません。こういうことも起こるものです。それなりに生きていると。

CDの帯には、ジャズトリオをバックにシャンソンを歌うことが記されています。パリで録音されています。素敵なアルバムです。オトナになったら、このような音楽が似合うようになるのだろうか。と、思ったことがあったことを思い出しました。大概、そのような願望は叶うものではありません。というのも、その方向に進まなからです。何でも聴いちゃうので、、、

今晩はハロウィーンですが、浜砂さんは柏 Studio WUU でライブを行います。愉しみです。どうやら満月となるようです。ハロウィーンに満月は46年ぶりらしいです。こういうときは、何か素敵なことが起こるのかもしれません。誰かの下に。
posted by KAZZ Satoh at 11:33| Comment(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

まちのたね 020222 タエ子さんマスク-18

IMG_7305_R.JPG

「7月3日」

アメリカ合衆国独立詭弁日の前日に撮影しています。アメリカのことはまったく関係ありませんが、思い浮かんでしまったので書いてみました。黄色と白のマスクが、このときは登場しました。新型コロナウィルスの影響の終わりが見えないので、マスクは思い出したように登場します。

これまでのものは、まだ捨てるに至るほど傷んでいません。しかし、そろそろ処分しなければならないものがでてきています。
posted by KAZZ Satoh at 11:21| Comment(0) | 家族的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020221 おもいもよらないもの

IMG_7304_R.JPG

「めんべい」

7月2日に食べています。ジョニーウォーカーの緑ラベルとともに。明太子味の煎餅だったと記憶していますが、どうだったか。
posted by KAZZ Satoh at 11:13| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020220 お茶の水から青山、そしてお茶の水-6

200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (53)_R.JPG

「ギャラリー間」

青山から乃木坂に抜けてきたので、ギャラリー間に寄りました。1月のことを10月末に思い出すのは難しいです。それで、ギャラリー間のサイトをみてみました。「増田信吾+大坪克亘展」とありました。展示のタイトルは「それは本当に必要か。」となっていました。本当に必要なものはどれだけあるのか?たぶん、かなりの割合で不必要と言われてしまうのではないかと感じます。新型コロナウィルスの影響で、在宅勤務が有効に機能することが分かってしまったので、多くのものが変わっていくのかもしれません。



200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (85)_R.JPG

「林檎パイ」

まさに林檎のかたちなのでアップルパイと呼ぶよりは、林檎と云いたくなります。これは、アテネ・フランセに戻ってきて食べたのだと思います。たぶん、美味しかったのだと思います。この写真を見て、もう一度食べに行きたいと思っているので。



200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (90)_R.JPG

「夜のアテネ・フランセ」

この日のイベント「ちば映画祭」がアテネ・フランセで開催されました。総武線で繋がっていることで、お茶の水の千葉の延長線上にイメージされたのでしょうか。そういうことはともかく、夜景が面白いと思いました。こういう風景は日本的ではなく、ヨーロッパ的なのかもしれなしとも思いました。

posted by KAZZ Satoh at 11:09| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

まちのたね 020219 メンテナンス

IMG_7301_R.JPG

「長いこと」

借りっぱなしです。ネックの反り具合が気になるので、友人に相談したらメンテナンスしてくれました。彼の友人がやってくれたと聞きました。



IMG_7302_R.JPG

「練習しなければ」

たぶん、もっとも好きな楽器は?と訊かれたら、ベースギターと応えます。他にも美しい楽器は沢山ありますが、ベースギターと応えるのでしょう。しかし、今は、ウクレレを練習しています。何となく目標設定が出来たからです。うたほん、250曲とりあえず弾く、という。。。。ベースもやらなければ。さわるだけでも、しようと思います。仕事場に置いているのが、かえってよくないか、、、
posted by KAZZ Satoh at 09:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020518 お茶の水から青山、そして茶の水-5

200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (46)_R.JPG

「鉄の作家」

うちの奥さんが連れて来てくれました。フライパンなどの調理器具ばかりかと思っていましたが、それだけではありませんでした。この作品はなんだ?



200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (45)_R.JPG

「ガチャガチャ」

ガチャポンとも言われます。1000円払って灯台のブローチが出てきます。そしておみくじもついてます。自分は、たしか「大強」だったか、これは実は「大凶」だったのだろうと思います。しかし、どん底は上がるしかない、と思えば「強運」なのだろうと思います。要は、自分の捉え方次第です。



200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (42)_R.JPG

「おみくじとともに」

灯台のブローチはなかなかに素敵なものでした。1000円以上の頂き物です。この作家は、香川県高松市に工房を構えているとのことです。家具や階段も造るそうです。テーブルを頼んでみたいとも思いました。この方の作風が、空間を構成するモチーフになると思いました。



200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (50)_R.JPG

「素敵な場所」

都会が侮れないのは、メジャーすぎるものばかりが集積していのではありません。むしろ、マイナーなものが沢山存在できることに都会の意味があると思います。統制されてはいけません。ノイズは沢山あったほうがいいです。それが都会だと思います。
posted by KAZZ Satoh at 08:59| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

まちのたね 020517 お中元のころ

IMG_7303_R.JPG

「ジュースではなく」

東京オリンピック仕様だと思いました。今年は、このような流れモノが多かったのだろうと思います。それはそれで思い出になります。
posted by KAZZ Satoh at 18:00| Comment(0) | 酒とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020516 お茶の水から青山、そしてお茶の水-4

200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (38)_R.JPG

「TOBICHI2」

外観が気になります。手が込んでいます。



200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (39)_R.JPG

「灯りが」

木の壁と下の塗り壁の間のLED照明が目が行きます。



200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (40)_R.JPG

「目的は」

壁に貼ってあるポスターが目的です。鉄製の調理器具などなど。
posted by KAZZ Satoh at 17:57| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020515 kamon map

kamon map_R.jpg

「外遊びと子どもの場所」

かしわインフォメーションセンターで新しいマップが登場しています。以前にお店のマップをブログにあげましたが、今回はアウトドアとチルドレンズ・プレイスです。

色々とマップにしてくれて嬉しいです。でも、開いてみて気がつきました。それぞれは、表と裏に印刷されています。インフォメーションセンターに置かれていたままの姿ですが、両方をみてほしい作戦でした。それもアリだと思います。
posted by KAZZ Satoh at 17:51| Comment(0) | 柏名物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月27日

まちのたね 020514 お茶の水から青山、そしてお茶の水-3

200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (31)_R.JPG

「TOBICHIへ」

糸井重里の「ほぼ日」のショップです。表参道から根津美術館へ、そこから乃木坂方面へ向かうと風変わりなお店が現れます。これは「TOBIVCHI」でした。ここでは、ほぼ日で扱っている商品が販売されています。女性が好みそうなものに満ちていると思いました。しかし、このときの目的地は、ここではありませんでした。



200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (34)_R.JPG

「建物の裏側」

古い民家を活用した店舗だということが分かります。都心のど真ん中と言ってよいだろう場所に、このようなたたえモノが残っていることに驚きます。そして、それを店舗として活用していることにも驚きます。さらに、このような外観に仕立て上げていることにも驚きます。



200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (36)_R.JPG

「お目当ての」

アテネ・フランセからここまで来たのは、この建物が目的血だったからです。「TOBICHI2」です。こちらは催し会場だそうです。先ほどの建物より、オシャレ感があるように思いました。
posted by KAZZ Satoh at 10:21| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月26日

まちのたね 020513 たば呑み

IMG_7300_R.JPG

「7月はじめ」

ある食べ物屋で見つけました。たばこ屋と飲食店のコラボレーション企画です。煙草も飲食店も敬遠されるような時期の企画だと理解しました。自分は煙草をすいませんが、このような企画はいいと思います。嗜好品は好き嫌いが分かれるものですが、それぞれなりの生き残り戦略は大事かと思います。

厳しい時代こそ、アイディアで勝負。と思います。
posted by KAZZ Satoh at 16:28| Comment(0) | 柏名物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こっそりレイソル 0022 vs浦和

201014 vs 浦和 (1)_R.JPG

「2020年10月14日」

2020年のシーズンに2度も日立台で試合を観ることができるとは思ってもいませんでした。



201014 vs 浦和 (3)_R.JPG

「電光板」

今の言葉では何と言うのでしょうか。大型スクリーンでしたか。それも古いか。いずれにせよ、他のスタジアムに比べるとこじんまりとしています。



201014 vs 浦和 (16)_R.JPG

「クリスチィアーノ」

チームには、そのときどきに「顔」になる選手が生まれます。この何年かはクリスと愛称で呼ばれる選手となるのでしょう。この選手がいたから、、、この選手がいなかったら、、、などなどと思わせる魅力を持った選手だと思います。



201014 vs 浦和 (24)_R.JPG

「引き分け」

どのスポーツでもよいのですが、ひとつのチームをフォローし続けることは、貴重な体験になるのだろうと思います。なぜうまくいくのか。または、その逆になるのか。よい選手が集まれば強いチームになれるのか。適材適所とは、このチームにとってどういうことなのか。などなど。他のことへ応用できる話が満載だと思います。
posted by KAZZ Satoh at 16:21| Comment(0) | まちなかにレイソル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020512 お茶の水から青山、そしてお茶の水-2

200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (23)_R.JPG

「ピンクの壁」

アテネ・フランセという建築の設計者のことは知っていましたが、どのような施設なのか、訪れるまでよく分かっていませんでした。誤解を恐れず分かりやすく言えば、専門学校なんですね。



200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (24)_R.JPG

「三つの塊」

ピンクの壁が有名ですが、建築全体の中央部という言い方がよいのか分かりませんが、そのあたりに塔のようにみえる部分があります。階段室とエレベーター室でした。ここまでは、ピンクの壁と繋がっているように思えます。



200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (26)_R.JPG

「もうひとつ」

ピンクの壁と反対側のこの部分もアテネ・フランセでした。この構成の意図はどのようなものでしょうか。近隣の建物とスケールを合わせるような配慮でしょうか。吉阪隆正のことをよく知らないことに気がつきます。
posted by KAZZ Satoh at 16:10| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月24日

まちのたね 020511 ぐるめぐりMAP

ぐるめぐくりMAP_R.jpg

「kamon かしわインフォメーションセンターにて」

新しいマップができていました。先日、こっそりもらってきました。6種類+1という構成です。目を引いたのは、KIRIN×kamonの「かしわでたのしむハートランド生ビールMAP」です。根強い人気です。ハートランドが飲めると知ると、つい、頼んでしまいます。

ぐるめぐくりMAPは「Go! Go! カシワ家族」とあります。新しいインフォメーションセンターのキャラクターなのでしょう。今のインフォメーションセンターの雰囲気とは異なるデザイン性は、次の何かを提示しているのかもしれません。かしわインフォメーションセンターがどこに向かうのか、興味を覚えます。
posted by KAZZ Satoh at 09:51| Comment(0) | 柏名物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちづくり関連本、など 1770 REFRESHING

潮騒のメロディー_R.jpg

「潮騒のメロディー」
1993

いただきものですが、つい「潮騒のメモリー」と読んでしまいます。そんなことはないことは分かっているのに。「波の音とヴァイオリンの名曲」とあります。全10曲です。クラシックです。波の音が入っているのがいいです。

しかし、マイルス・デイヴィスの後に聴くのは間違いでした。次に聴くときは、もっと自分をニュートラルにしてからとします。問題は、どうすればニュートラルになるのか分かりませんが。
posted by KAZZ Satoh at 09:40| Comment(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020510 お茶の水から青山、そしてお茶の水-1

200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (16)_R.JPG

「2020年1月18日」

日付を書くようになったのは、新型コロナウィルスの影響を思うからです。このときは、都市封鎖的な雰囲気はまだありませんでした。アテネ・フランセの地下の食堂で見つけた照明です。



200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (21)_R.JPG

「外観」

吉阪隆正が設計した建築です。この方のことは、正直、よく分かりません。なぜ、このようなかたちになるのか?他の建築で思ったことがあります。最近、感じたのは、この方は一人でつくる人ではないようだ。ということです。



200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (22)_R.JPG

「このマークが」

外壁に小さなくぼみが幾つもあります。それは、このシルエットでした。
posted by KAZZ Satoh at 09:05| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月23日

まちづくり関連本、など 1769 MILES DAVIS

Sketches of Spain_R.jpg

「Sketdhes of Spain」
Miles Davis、1960

1960年にリリースされたとのことですが、モノラル盤とステレオ盤があるそうです。このCDは、モノラル盤のリマスターとのことです。マイルスの映画を観て、このアルバムのことを知りました。柏の新星堂で見つけてしまったので、買いました。買えば、聴きます。そして、面白いと思いました。ジャズは分かろうと思って聴いていません。なんとなく面白いと思って聴きます。何が面白いかというと、展開の予測がつかないときがあることです。自分にとって、ジャズは癒されるための道具ではありません。

アランチェス協奏曲が収録されていますが、16分を越えます。クラシック音楽がベースになっているので長い演奏であることは理解できますが、最近は、このような長い演奏が収録される機会は少ないのではないかと思いました。音楽業界がなんとなく面白くないかも、と思うのは、このような録音が少ないからかもしれません。そういう時代なのでしょう。個人的には、よく分からないまま進むものが好きなようなので、ちょっと残念です。安心感や予定調和は求めていないのかもしれません。デザインされたものは好きですが、それとは話が異なります。
posted by KAZZ Satoh at 10:22| Comment(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

てぬぐい 00059 オリオン

IMG_7296_R.JPG

「沖縄限定」

沖縄県のアンテナショップで見つけました。銀座で手に入れましたが、アンテナショップは沖縄県だと理解しました。大使館内が設置されている国のルールではないことと同じように。

オリオンビールです。スーパーやコンビニで見つけると、ときどき買います。
posted by KAZZ Satoh at 12:57| Comment(0) | てぬぐい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする