2020年10月06日

まちづくり関連本、など 1762 建築士

建築士 202010_R.jpg

「平良敬一さん追悼」

建築士会の会報に平良敬一追悼の記事がありました。雑誌「住宅建築」建築の編集の方というのが、この40年くらいの認識だと思います。自分が平良さんと会うことができたのは、今から35年くらいまですが、そのときも「住宅建築」の方でした。自分にとっては、大学の恩師や勤めた設計事務所が設計した建築を掲載してくれた雑誌。ということに留まらず、「エーゲ海・キクラデスの光と影」という本をかなえてくれた恩人のような方です。

大学の恩師が平良さんに持ち掛けたことで出版されることとなりましたが、平良さんは建築写真家を紹介してくれました。このときに、平良さんは「育てる人」なのだろうと思いました。様々な人に新しい機会を提供することも、編集者の仕事なのだろうと思いました。

「エーゲ海・キクラデスの光と影」という本は、ミコノス島とサントリーニ島を実測したものです。実測したものを図面化し掲載することが主たる目的でしたが、自分の能力の足りなさを通巻することとなった一冊となりました。この本のおかげで、いまでもエーゲ海世界に関心が向きます。それで、塩野七生の本を読み続けたり、ビザンツ帝国の本を読んだりしてしまいます。平良さんに「一生勉強しなさい」と言われているような気がしながら。

最後になりましたが、改めてご冥福をお祈りいたします。もう少ししたら平良さんの著書を手に取ってみたいと思います。
posted by KAZZ Satoh at 11:13| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020481 キネマ旬報シアター

IMG_7215_R.JPG

「ありがたきもの」

柏のような街にキネマ旬報シアターがあることは、個人的には本当にありがたい。近所にユーロスペースがあるような気分です。なかなか映画を見に行けませんが、今年から会員になりました。やはり、そういう行動は必要です。

この写真は、6月4日に撮影しました。このときは、まだまだオープンできない状況でした。今は、再開しています。一席ずつ空けて離隔しながらの上映なので、映画館としては大変だと思います。それでも営業が続いて、興味ある映画が上映されています。

有難いことです。
posted by KAZZ Satoh at 10:46| Comment(0) | 柏名物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020480 大嘗宮と百人一首-4

191124 大嘗宮から昭和、そして百人一首へ (67)_R.JPG

「なんとか門」

北の丸公園へ抜けていく門です。名前を忘れました。名前は大事です。ものが大きいかどうかは関係ありません。裏木戸のように思ってしまいました。そんなことは言い訳になりません。忘れているので、それがいけません。



191124 大嘗宮から昭和、そして百人一首へ (70)_R.JPG

「シンメトリー」

皇居エリアを出て、通りから大きな門を見ました。門は防御の意味合いとともに、空間のヒエラルキーを形成します。その空間分析は、面白いものだと思います。行っている余裕がありませんが。



191124 大嘗宮から<img border=

「北の丸公園」

皇居と北の丸公園と武道館の位置関係が分かっていません。しかし、このときは初めて日比谷側から北の丸公園へ行きました。東京の中心を縦断した気分です。

2019年11月24日、東京も秋です。



191124 大嘗宮から昭和、そして百人一首へ (76)_R.JPG

「切り株」

切り株を見るたびに思います。これは生きているのだろうか?と。新しい小さな芽が出てくるのだろうか?と。
posted by KAZZ Satoh at 10:41| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする