2020年10月26日

まちのたね 020513 たば呑み

IMG_7300_R.JPG

「7月はじめ」

ある食べ物屋で見つけました。たばこ屋と飲食店のコラボレーション企画です。煙草も飲食店も敬遠されるような時期の企画だと理解しました。自分は煙草をすいませんが、このような企画はいいと思います。嗜好品は好き嫌いが分かれるものですが、それぞれなりの生き残り戦略は大事かと思います。

厳しい時代こそ、アイディアで勝負。と思います。
posted by KAZZ Satoh at 16:28| Comment(0) | 柏名物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こっそりレイソル 0022 vs浦和

201014 vs 浦和 (1)_R.JPG

「2020年10月14日」

2020年のシーズンに2度も日立台で試合を観ることができるとは思ってもいませんでした。



201014 vs 浦和 (3)_R.JPG

「電光板」

今の言葉では何と言うのでしょうか。大型スクリーンでしたか。それも古いか。いずれにせよ、他のスタジアムに比べるとこじんまりとしています。



201014 vs 浦和 (16)_R.JPG

「クリスチィアーノ」

チームには、そのときどきに「顔」になる選手が生まれます。この何年かはクリスと愛称で呼ばれる選手となるのでしょう。この選手がいたから、、、この選手がいなかったら、、、などなどと思わせる魅力を持った選手だと思います。



201014 vs 浦和 (24)_R.JPG

「引き分け」

どのスポーツでもよいのですが、ひとつのチームをフォローし続けることは、貴重な体験になるのだろうと思います。なぜうまくいくのか。または、その逆になるのか。よい選手が集まれば強いチームになれるのか。適材適所とは、このチームにとってどういうことなのか。などなど。他のことへ応用できる話が満載だと思います。
posted by KAZZ Satoh at 16:21| Comment(0) | まちなかにレイソル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020512 お茶の水から青山、そしてお茶の水-2

200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (23)_R.JPG

「ピンクの壁」

アテネ・フランセという建築の設計者のことは知っていましたが、どのような施設なのか、訪れるまでよく分かっていませんでした。誤解を恐れず分かりやすく言えば、専門学校なんですね。



200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (24)_R.JPG

「三つの塊」

ピンクの壁が有名ですが、建築全体の中央部という言い方がよいのか分かりませんが、そのあたりに塔のようにみえる部分があります。階段室とエレベーター室でした。ここまでは、ピンクの壁と繋がっているように思えます。



200118 アテネ・フランさ〜TOBICHI〜間 (26)_R.JPG

「もうひとつ」

ピンクの壁と反対側のこの部分もアテネ・フランセでした。この構成の意図はどのようなものでしょうか。近隣の建物とスケールを合わせるような配慮でしょうか。吉阪隆正のことをよく知らないことに気がつきます。
posted by KAZZ Satoh at 16:10| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする