2020年11月06日

まちづくり関連本、など 1774 国立近現代建築資料館

ミュージアム 始原からの奇跡_R.jpg

「2020年度の展示」

なるべくチェックを怠らないようにしたい施設です。ここでの展示では製図の原図が見られます。手描きの原図です。CADで図面を作成するのが当たりまえの時代ですが、それだからこそ手描きの原図を見に行くことは大事なことだと思っています。たぶん、自分は古いタイプに属するので、手描きに見とれます。

この展示が面白いのは、日本におけるミュージアム建築の歴史を設計図で検証しているところです。改めて旧神奈川県立近代美術館が国立西洋美術館より先に出来ていることに気がついたり。ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館と並べられることで、ル・コルビュジエの弟子たちの仕事を振り返ることができたり。近代建築の思想とローカルの関係性と転換のことを知ったり。と、自分にとっては見どころ満載です。

原広司の雲がもくもく、とか。山がとげとげ、とか。全部手描きです。スタッフたちは面白かったのか?大変だったのか?
posted by KAZZ Satoh at 11:01| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020231 新型コロナ散歩-15

IMG_7316_R.JPG

「7月5日の続き」

芦原の向こうに手賀大橋が見えます。手賀沼のよいところのひとつは芦原があることです。浄化に貢献していると聞きました。ただし、枯れたら刈り取らないといけないとも。



IMG_7318_R.JPG

「座る人」

ときどき、この椅子に座っている人を見かけます。何を思うのでしょうか。



IMG_7320_R.JPG

「柏公園」

手賀沼から大堀川へ向かい、その後に柏公園を通って帰りました。柏公園は、子どものころから遊んでいた場所のひとつです。家からは遠いのですが、ここまでは来ていました。公園に下に文化会館があるからでしょう。そして、子どものころから存在感が気になるのが、奥に見える慰霊碑です。
posted by KAZZ Satoh at 10:45| Comment(0) | おやじサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まちのたね 020230 初詣-3

200122 成田山参拝 (19)_R.JPG

「気になった建物」

中に入ってみたいと思いました。しかし、開店前でしたので通り過ぎました。



200122 成田山参拝 (22)_R.JPG

「成田山が見えてきた」

駅からの参道は下っていきます。このアプローチは佳いのかもしれません。しかし、もともとの参道はどうだったのか、分からないままです。サボっています。



200122 成田山参拝 (24)_R.JPG

「老舗」

成田山に近づくと老舗と思しき建物が並んでいます。建築関係の仕事をしていると、モノの見方がおかしくなります。お店と思わずに、お店になっている建物。と、思ってしまいます。



200122 成田山参拝 (23)_R.JPG

「風情」

伝統的建築物は、再建が増えるといいと思います。しかし、昔からの部分はなるべく残るといいです。積み重なったものは大事です。
posted by KAZZ Satoh at 10:35| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする