2005年12月21日

まちのたね 000196 セッション第7夜(柏市)

今年最存のBAO/BABB. Session です。この会も7回目を迎えました。最後に「言い出しっぺ」が登場するのも、タイミングがいいというものです。
 7回というと、甲子園球場では黄色い風船が飛ぶものです。講師はレイソルのファンであると同時にタイガースのファンでもある五十嵐さんです。おそらくこの人は、「黄+黒」に反応してしまう遺伝子をもっているのでしょう。


嵐造ん 008.JPG

お題は「短説について」
 沢損の資料を配布しながら、話は進みます。資料の多さ、喋りのテンポの速さ、ブンガクを考える、ということで目を白黒造せながら(残念ながら黄黒にはなりません)ぼくはついていくのが精一杯でした。


嵐造ん 002.JPG

「短説」とは、とても平たく存ってしまうと原稿用紙2枚(800字)の「散文」です。800字の「小説」ではありません。原稿用紙2枚という限定空間のなかで展開する散文というものだそうです。
 これを始めたのは我孫子市在住の芦原修二さんという方です。だから「東葛圏の産直文化」という属位置づけがなされました。それを柏市在住の五十嵐さんが実践されているので、まさに「産直文化」に他ありません。

五十嵐造んは、「短説」を文学界にお造る「発明」だと言います。
 詩歌には「俳句」や「短歌」などの「定型」があります。しかし、「小説」や「随筆」などにはブンガクの型としての枚数制限はありません。編集者からの枚数制限はありますけど。「定型」という限定空間が、実は「散文」を豊かなものにし、「小説」が失ったものを回復できるのだそうです。


嵐造ん 005.JPG

これは、五十嵐造んが書かれた「短説」の冒頭です。これを参考例として挙げましたが、実はこれは「上手くいっていない」作品とのことです。どうしてかというと、これは短いだけで「小説」になりうるからだというのです。
 「小説」と「短説」は何が違がうのでしょうか?五十嵐さんは「神の視点」のあるなし、で区別します。そのために「走れメロス」(太宰治)を槍玉に挙げます。「メロスは激怒した」で始まるこの小説を、五十嵐さんはこき下ろします。なぜなら、どうしてその男が「メロス」と分かったのか?どうして「激怒」と限定して分かったのか?メロスの知り合いならともかく。

「小説」というのは枚数に制限がなく、ある長さをもつので、読者にいろいろと説明しなければなりません。登場人物の説明や、彼らの内面(感情)や、過去などを。そして、時代背景なども語らなければならないし、クライマックスまで用意しないといけないそうです。
 そうでないと、読者が分からないからだということだそうです。つまり、そうでない「小説」は読者にとって、とても不親切なものであり、つまらないものなのでしょう。「小説」はサービス精神旺盛でないと、「売れない」そうです。


嵐造ん 007.JPG

五十嵐造んは、「短説」は「小説」のような「説明」が要らない!と、言います。「俳句」や「短歌」のように、風景を「描写」するだけでいい!と、言います。こういうことができる「散文」だそうです。
 五十嵐さんはパソコンを持ってきて、携帯からインターネットに繋いで自分のサイトを開きます。そんなことが出来ることに、ぼくは関心してしまうのですが、画面には「短説」と「短説」の間に、両者をサポートする文章が添えられた作品が現れました。
 それは、北海道旅行のスナップを「写真」でなく「短説」で表現した旅行記でした。不思議なことをするものです。でも、新鮮です。

パソコンを持ってきたもう一つの理由は、画面に「800字」が収まってしまうことを照明するためでもありました。五十嵐さんは、こういう「短説の特質」は現代にマッチしていることを見抜きます。逆に「小説」をインターネットで読みにくい理由を照射します。


嵐造ん 009.JPG

そして、話はある意味、「現代文学批判」という域にたどり着きます。柄谷行人の本は面白くて刺激的ですが、ブンガクの知識がないと分からないことが多くて困っていました。しかし、このたび五十嵐さんが、その穴を埋めてくれました。
 その譬え話が、モミジの形に切った色紙と本当のモミジです。五十嵐さん曰く、「小説」は色紙のモミジで、「短説」「俳句」「短歌」などは本当のモミジだと言います。本当のモミジを描写すると、葉脈や色の微妙な変化や枯れ具合などを語ることになります。しかし、「小説」では「モミジとはこういうものです」と説明をしなければならないそうです。

長くなりましたので、〆に向かいます。途中をかなり省きます。
 では、五十嵐さんは我々にナニをせよ!と、訴えたかったのでしょう。それは、「君たちも『短説』を一度やってみませんか?生きている意味が変わりますよ」と、言うことでしょう。

そして、「読み手」だけの立場でブンガクに関わるのではなく、「俳句」や「短歌」の世界のように「書き手=読み手」の立場で遊びましょう!とも言いたかったのでしょう。
 だから、最後にワークショップ的なことをしましたが、時間切れ状態になりました。これは、宿題ですね。

今の世の中、「受け手」はあくまでも「受け手」のままが多くなりました。例えば、前回の杉野さんの「農業」の話にしても同じです。「作り手」の苦悩に無関心であり、それを想う想像力もなく、ただただ「受け手」に甘んじることになります。
 「演劇」「音楽」「文学」「絵画」「彫刻」「陶芸」「スポーツ」などなど、「鑑賞」こそすれ、自分が行うことのなんと少ないことか!近代以降、「演じる側」と「鑑賞する側」が身近でなくなっているように思います。「鑑賞者」たちは、もはや「お客様状態」です。せいぜい行っても「カルチャー教室」に留まるのでしょ造。もちろん、五十嵐さんは「教室」を開きたいのではありません。彼はブンガクシャなので、「書くことで生きよ!」と訴えるのです。

「鑑賞」ばかりするのが「消費者」というものだ。という意見もあるでしょう。しかし、だからと存言って「つくる側」と完全に疎遠になる必要もないはずです。
 姉歯さん関係の事件についても、どこか共通するような気がしながら、ぼくは五十嵐さんの話を聞いていました。勿論、姉歯さんを擁護するつもりはありません。ただ、世の中の状態を考えると、「起こり得ても不思議ではない」とも感じるのです。
posted by KAZZ Satoh at 10:06| Comment(8) | TrackBack(1) | BAO/BABB. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出稼ぎに出ている関係で、殴り書いたまま出かけてしまいました。出先で、こっそり読み返してみると、誤字脱字の宝庫であることに気づきました。
 明日、修正します。それまでご勘弁願います。
Posted by 佐藤K at 2005年12月21日 11:57
熱いレポート、ありがとうございます。
当日を思い出しました。
同じ場にいても、体験はそれぞれに異なりますよね。
それがこうしてシェアしてもらえるのって、すっごく面白いな、と思いました。
佐藤さんの熱心な勉強家ぶりは、楽しげな風貌を目前にしているとむしろ分からなかったりする(*^_^*)ので、ブログの佐藤さんは新鮮です!
そして、とても示唆に富んだ視点、いつもとても面白いです。勉強になります。

「想像力」とか「共感力」って、とてもとても大切なのに、育ちにくくなってきているように思います。
経済至上の仕組みの中で、全ての人が「消費者」として消耗される存在になっているような気がします。

五十嵐さんの短説のお話は、読む側にも主体性をもたらす「味わう」文化としての視点が、とても面白いと思いました。
また、一方的に読むだけでなく書く側にもなる、和歌や連句のような「場を楽しむ」「地産地消」の文化というのは、とても豊かで素敵ですね。



Posted by M@Kashiwa at 2005年12月21日 22:02
Mさん、
怒涛の書き込み、ありがとうございます。

ブログの文章を訂正しました。お時間がありましたら、再読してください。


『経済至上の仕組みの中で、全ての人が「消費者」として消耗される存在』と、書かれましたが、橋本治の新書の新著をお勧めします。
 「自ら踊る」つもりでいても「実は踊らされている」時代なのかもしれません。
Posted by 佐藤K(KAZZ Satoh) at 2005年12月22日 10:11
よくまとめていただき、ありがとうございます。
柏生活向上委員会のほうも拝見しました。
二次会でも盛り上がって話していたのですが、世の中には「幸せを与えられる」ことを望む風潮が強くあるようです。それは、時には権利であるかのように主張されたりします。それに対して、「幸せを味わう」という、むしろ責任を背負った生き方を、並行して持ちたいと思います。真っ直ぐなキュウリや、構造計算偽造マンションなども、その文脈で議論されました。
僕自身にとって、とても有意義な一日でした。
Posted by 五十嵐正人 at 2005年12月23日 01:08
私も目を白黒させながらレイソル色のレポートを拝読しました。
短説を知ったのはごく最近ですが(マイブックさんでですね)今回短説の定義をきちんと伺ってびっくりしています。モミジの例でガツンとやられた気分です。私が求めていたものはこれだ(なんちゃって)と言うような気がして、いつか自分もと思ってしまいました。その辺の思いがとても感覚的なんですが…。
カルチャーセンターな文化は苦手なtsukinohaでした。
Posted by tsukinoha at 2005年12月23日 05:40
五十嵐さま
 ぼくは幸か不幸か、若いころに柄谷行人の著作を何冊か読みました。今でも、読み続けたい作家の一人です。そのため、「書くことは生きるため」ということが頭にこびりついています。
 ぼくの仕事上、柄谷のように常に思って生きている人は皆無に近いと思っていました。五十嵐さんのおかげで、自分自身に生じていたミッシングリングの内容がみつかりました。ありがとうございました。

tsukinohaさま
 ビジュアル(美術系)に魅せられた人々は、ブンガクの人々が魅せられたことを「絵」で思考しているのだと思います。ですから、あなたも「モミジ」の落とし穴にはまるのでしょう。
 でも、ぼくはビジュアル系の人たちは可能性をとても秘めていると思っています。その好例が赤瀬川源平や南伸坊だと思います。「絵」が描けて「ブンガク」もできる人たちだと思います。
 もっとも、ぼくはエンターティンメント系なので、この方々のような路線に走ってしまいがちですが。マジメにフマジメ(ゾロリの唄のフレーズですが)できる人が大好きです。

 
Posted by 佐藤K(KAZZ Satoh) at 2005年12月24日 08:28
佐藤Kさま
読み直しました。(*^_^*)
ブログの文章を訂正するところに、さとう(うさぎぐみ)さんの、ものを作る姿勢が感じられます!

橋本治さんのご紹介ありがとうごさいます。
見てみますね。
「自ら踊る」つもり・・・の人は、むしろもう多くないのかな、とも思います。
「実は踊らされている」というより、二重三重の操作だらけの時代のような。
(時代背景や風俗習慣からは、いつの世でも誰も逃れられないですが。)
メディアリテラシーやら時代リテラシー?が必要ですね。

五十嵐さま
「幸せを与えられる」権利・・・、豊かな社会の落とし穴かもしれないと思います。
そして、どんなに与えられても、味わう能力がなかったらという、チョコレートのお話も面白かったです。
そして「責任を背負った生き方」、自主自立、ですね。
来年も、恐竜みたいなきゅうりを育てつつ・・・がんばらなきゃ。(^_^;)

わたしも、物語を作るのは子どもの時から好きですが、考えたり書くだけなので、地産地消以前・・・自家消費型かな?
でも、物語に遊んだり考えたりする中で、自分と向き合う作業が出来たり、その時必要な答えが降りてきたりすることがあり、とても面白いです。

今回講師の五十嵐さんが、対等な書き込みの中で有意義だったというコメントを書かれているのも、わたしとしては面白いです。
ともに学び合うという感じがします。
BAO/BABB.が、今後も充実した場になっていくといいなあ、と思います。
この場を設けてくださって、ありがとうございます!
来年もよろしくお願いします!
(・・・って、また書き込みするかもだけど。(^_^;))

M@久々に自宅でネットがつながったので、嬉しくて?また怒濤の書き込み中(*^_^*)

Posted by M@Kashiwa at 2005年12月24日 16:37
Mさん、
今度、「短説」というかたちで配布してください。すると、「自家消費」でなくなります。
 たった一人でもいいですから、送りつけてしまった途端、「公共性」を帯びるはずです。まずは、ティチャー五十嵐にファックスで!
Posted by 佐藤K(KAZZ Satoh) at 2005年12月25日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

BAO/BABB. 第7回勉強会終了
Excerpt:  先週の金曜日はBAO/BABB.の第7回勉強会の日でした。場所は柏アミュゼ5階...
Weblog: 柏をたのしむ@水上デザインオフィス
Tracked: 2005-12-23 08:38