2006年04月23日

まちのたね 060073 セッション第11夜

A060421 BAO BABB, Session 佐藤担当 001.JPG


「今回はぼくの番」

4月21日(金)第11夜はぼくの番でした。タイトルは「ウラカシを探る(課題のまま)」そして、発表者は「佐藤和裕+若者たち」です。

上の写真は、アミュゼ柏5階から見える夕景です。左下手前に寺嶋駐車場。ほぼ真ん中の円盤のようなものは、柏市民ならお馴染みの「柏そごう」です。
 この写真を「風景」と見るか?「光景」と見るか?はたまた「景観」と見るか?人によって様々でしょう。ぼくは仕事柄、これらの言葉を使い分けます。

今回は、敢えて?いや、無謀にも「景観」を切り口にしました。



A060421 BAO BABB, Session 佐藤担当 005.JPG

「定番か?マンネリか?」

ぼくの当番のときは、壁面というかガラス面にベタベタ貼り付ける発表となっています。これを「定番」と取っていただけるか?いや、「マンネリだぜ!」と取られるか?

で、何が貼られているかと言うと、ウラカシのお店を撮影したものです。一応、ウラカシマップ2枚(まったり系とわいわい系)に紹介されている全123店のうち、丸井VAT館に入っている2店を除いた121店の店の外観を撮影しました。店だけの写真と、店がある街並みを撮った写真と、個別の特徴があるものを撮りました。(地下にある店もマップに載っていますが、一応、店の手がかりになるものを撮影しております)

大学や大学院で農村や漁村の集落の調査(日本国内だけでなく、韓国や台湾、タイの山岳民族の集落もやりました)をやってしまった過去がある故、少なくともウラカシ全店を見て回らないわけにはいきません。
 誰もそんなことを要望していないのですが、こうしないと、自分が始まらないのです。



A060421 BAO BABB, Session 佐藤担当 009.JPG


「見かけ倒す。とりあえず」

そして、勤めていた建築の設計事務所では、コンサルタント業務もやっていたものですから、全店歩き回った成果を地図に落とし込まないと、これまた気がすまない訳です。困ったものです。

いまだから言いますが、住宅地図を原寸大でコピーして貼り合せたのは、「なんか大仕事をしているみたいだな」と、思わせる仕掛けです。
 発表後の飲み会でmizdesign氏に「論旨に張ったり的な結論があっても良かったのに」と言われました。ぼくは大きな地図で張ったりを効かせることばかり考えていたので、内容のことまで頭が回りませんでした。

地図のこちら側に赤い太字のラインがありますが、あれは国道6号です。そして、最奥部に貼り合せていない地図がありますが、あれは柏レイソルのスタジアムがある日立台周辺です。
 もう、内容を深められる自信がないものですから、こんなサービスをして「時間よ、過ぎれ」とばかり考えていた訳でございます。昔、矢沢永吉は「時間よ、とまれ」と歌いましたが、そんなことを許してはいけないのです。


「若者たち」

キミの〜行くミチは〜、はてし〜なく、とおい〜。と、かつて、若者は歌われたものです。では、現代の21世紀の若者たちは、いかがでしょうか?柏に来る若者はウラカシの店に行くわけですから、当然、あの人たちのミチはウラミチです。そんなことを言っている場合ではありませんね。失礼しました。
 
とにかくですね。ウラカシが若者の文化ならば、柏を闊歩する若者がどのようにウラカシを感じているのか?聞かねばなりません。

ですから、前回からBAO/BABB. に登場した学生さんとフリーペーパーEn's の編集者たち(二人とも学生)に、「当日、コメントを求めるから、そのつもりで参加するように!」と言い含めて置きました。彼らは、いい仕事をしてくれました。その上、ウラカシマップにお店が出ている有金(仮称)さんも参加してくれたものだから、話に厚みが増しました。

さらに、建築設計の専門家はどう見ているのか?45歳のブンガクセイネンはどう感じているのか?大学の非常勤講師を再開した建築家に若者はどのように映るのか?などなど、「脱・若者」世代にも話をして頂きました。
 ある方が、ポスト・モダンについての話をしてくれました。「構築」/「脱構築」の話です。これは、ぼくが言いたかったことの「核」に迫るキーワードと言えます。一人で感謝しておりました。

まったくもって、他力本願的な展開です。

で、ぼくは、何を喋ったのだろう?それは、おそらくEn's と学生さんの若者たちがやがてまとめてくれるでしょう。


それとは別に、
「柏をたのしむ@水上デザインオフィス」(http://mizdesign.com/mt/
それと、
「柏生活向上委員会」(http://www.mizdesign.com/kashiwa/)を参照してください。

かなり正確に記述されているはずです。
posted by KAZZ Satoh at 14:02| Comment(4) | TrackBack(1) | BAO/BABB. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れさまです。
楽しかったです。ウラカシというネタが様々な見方で論じられる面白さを内包しています。
それにしても3枚目の写真をみると、佐藤講師の正面に陣取った4人(T、M、I、Tの各氏)。華がない並びですね。若い講師が話すときには、論文発表の担当教諭面接のようでプレッシャーになるかも・・・。
Posted by 五十嵐正人 at 2006年04月23日 23:03
お疲れさまでした。
活気あるまちの様子が伺えるのは、よその者(私)が見ても嬉しくなります。

話がそれますが、最近配られた居住地域(マゴメ・・)の地図を広げて見るのが好きです。
Posted by tsukinoha at 2006年04月24日 05:50
 今回は人数が多かったので、正面が初めて埋まりましたね。机を囲むというのはああいう感じなんですね。なるほどー。
Posted by mizdesign at 2006年04月24日 07:58
みなさま、ありがとうございます。

正面が遠目だったのがビジュアル的には幸いだったでしょうか?でも、ちょっと遠いですね。
 でも、最遠部分に論客がいてくれたので、話は全員に伝わったことと思います。

結果論ですが、あの日の座り位置にも感謝しています。

では、5月5日にアミュゼでお待ちしています。
Posted by 佐藤K(KAZZ Saoth) at 2006年04月24日 10:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

BAO/BABB. 第11回勉強会終了
Excerpt:  昨晩はBAO/BABB.の第11回勉強会の日でした。場所は柏アミュゼ5階会議室...
Weblog: 柏をたのしむ@水上デザインオフィス
Tracked: 2006-04-24 07:54