2016年04月16日

鑑賞 0004

A都市と建築とコミュニティにつなぐ.JPG

「都市と建築をコミュニティにつなぐ」
建築家 槇文彦氏講演会

2016年2月6日に行われました。場所は、両国。YKK60ビル。槇事務所が設計した建築のホールで弟子にあたる中野恒明さんとの対談もありました。

この講演会の目的は、両国に住む方々へ「都市と建築」を住民コミュニティと連続させて考えることの大切さを説くことです。しかし、そこに管轄外の我々のようなものが訪れることも大切なことだと思いました。地元の方へのプログラムなのに、槇さんや中野さんの話を聞きに遠くから多くの人が来ていることを地元の方々が実感することも大切です。「どうやら、この先生方は物凄い人たちなのかもしれない。。。」

槇さんの話は何度か聴いており、かつ、エッセイなども読んでいるので、内容については新しい話題というよりは再確認をしている気持になりましたが、それも大切なことです。なぜなら、ぼくはすぐに忘れるからです。自分にとっては大事な話を槇さんと中野さんは繰り返し話をしてくれます。これらを大事にして生きていこうと思います。なぜなら、自分にとっての設計の師匠は槇事務所OBだからです。
posted by KAZZ Satoh at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック