2016年04月21日

仕事的 0148 久しぶりに模型作り

A IMG_3050.JPG

「リハビリ的に」

3月末でまちづくり業務をひとつ退任しました。それは建築への復帰を意味するものでもあります。復帰などと偉そうに書いていますが、当分はリハビリです。結果論ですが、模型製作もリハビリのひとつです。

写真に写るのは敷地です。



A160417 住吉の長屋 模型 (6).JPG

「教材としての住吉の長屋」

大学で非常勤講師をしていますが、10年目にして再び模型を作りました。これも何かの縁でしょう。住吉の長屋は毎年の課題のひとつですが、今回は1/50で模型を作ることとなります。見本めいたものがないので、自分で作ってみました。

有名な建築家が設計したものをトレースしたり、模型を作ることは建築に向かう脳みそを鍛えることになります。改めて実感しました。模型を作ると、住吉の長屋を再発見します。模型を作るために建築を理解するからです。1/100の模型では気がつかないことが1/50で発見できます。

新しい年度になっても、昨年度のまとめ作業をしなければなりません。しかし、早めに終わらせて頭を切り替えていきたいと思います。

そう思うと、このタイミングで吉阪隆正と弟子の大竹さんの本を読んでいることは、自分にとってとても大事なことです。
posted by KAZZ Satoh at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436944410

この記事へのトラックバック