2017年02月22日

まちのたね 017062 鎌倉の商業施設

A160811 鎌倉文学館 (84).JPG

「ご利益ありそうな」

あるお店の前の舗装面に、店の敷地内と思いますが写真にある文様がありました。中央に「合格」と書かれています。合格祈願です。昨年の夏に見つけましたが、次男が高校受験を控えていたので、有り難いものに出くわしたと思いました。

おかげさまで、志望校に合格しましたから、ご利益があったのだと思います。落ち着いたら、再訪しようと思います。



A160811 鎌倉文学館 (86).JPG

「参考事例になりそうな」

商業施設を取り上げる建築専門図書に登場しそうな施設だと思いました。商店街であるにぎわう小路から中に入ると、ヨーロッパの中庭空間をイメージさせる場所が開けます。間口は広くなく、奥行きが長い敷地の有効利用の好例として評価されたのではないかと思いました。



A160811 鎌倉文学館 (87).JPG

「向こうが小路」

中には、小路からするとさらに地盤が低くなっています。そのためでしょう。中庭周りの建築は、小路に面した建築より半階分下がっています。計画時に、この段差がヨーロッパ的解決策を導き出したかもしれません。階段の在り方が、それを思わせます。
posted by KAZZ Satoh at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447239614

この記事へのトラックバック