2017年02月27日

鑑賞 0034 シアターナイト@

A160827 シアターナイト@運河 (1).JPG

「イベントであるけど、作品でもあるので」

2016年8月に、千葉県流山市になると思いますが、東京理科大前の運河で理科大生によるイベントがありました。建築系の学生が主体であるため、運河を用いたインスタレーションが展示されます。よって、この記事のカテゴリーを「探索的」とせず、「鑑賞モノ」としました。

写真は、土手の上に配置された屋台です。雨が降ったので、大変な状況になっていました。このまま中止か。それとも天気予報を信じて続行か?運営側は決断に悩んでいました。



A160827 シアターナイト@運河 (3).JPG

「対岸」

映画「こうのとり、たちすさんで」を見たせいか、あれから30年くらいたっても「対岸」は「べつの国」と思ってしまいます。



A160827 シアターナイト@運河 (15).JPG

「川の中心軸」

先の写真の左端に写っているのが浮橋ですが、それを渡りました。そして、川の真ん中で写真を撮りました。左右対称に見える風景ですが、当たりまえですが右と左は異なる世界です。水辺公園があるエリアは両岸とも流山市ですが、もう少し先に行くと右側は野田市になります。自治体が変わるということは、市民サービスの在り方も変わるということです。

ちなみに理科大は野田市にあります。



A160827 シアターナイト@運河 (19).JPG

「インスタレーションの中を歩く」

ここを歩いたときは小雨まじりでした。続行されたら夜景が見られると思いましたので、ぜひとも中止にならないようにと思いました。

どうも、このような曇り空を観ていると、テオ・アンゲロプロスが描く「もうひとつのギリシア」を思い浮かべます。それは、日本人が思いもよらない空の色です。アテネやエーゲ海の観光用の写真には登場しにくい現実です。
posted by KAZZ Satoh at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 鑑賞モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック