2017年03月23日

まちづくり関連本、など 1338

A都道府県の持ちかた.JPG

「都道府県の持ちかた」
バカリズム著、ポプラ社、2010

まず、ポプラ社から出版されていることに驚きます。児童書が主と思っている出版社が、このような本を出すことに嬉しい驚きを覚えました。

もしかすると、真剣に企画して辿り着いた答えなのかもしれません。どうすれば、都道府県に親しみを持ってもらえて、それぞれの概要を知るようになるのか。それが社会科だけでなく総合学習などに活かされていくのか。などを考えた挙句でしょうか。そうであれば、個人的にはなおさら嬉しいことです。

バカリズムの視点と絵が冴えています。思わず、なるほどと頷いてしまいます。そして、「各都道府県の持ちかた」を見ているうちに、それが都道府県ではないものに見えてくるところが不思議です。このような企画が増えると、世界は平和になると思います。

しかし、「持ちかた」ばかりみてしまい、概要やデータは素通りしてしまいます。ここが凡人であるところです。できる人は、ちゃんと概要やデータに目を通し、そこから更なる笑いのツボを探ることでしょう。
posted by KAZZ Satoh at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック