2017年04月20日

まちのたね 017102 おおたかの森の

A161024 おおたかの森小中学校 (1).JPG

「小中学校」

流山市にある小中学校です。千葉県建築士会柏支部の見学会に参加しました。今年の1月のことです。

シーラカンスC+Aが設計されたものです。建築学会賞を受賞しています。そして、設計者である小嶋さんはお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。

見学して思ったことは、まず、このような建築を実現させた施主を称えたいと思います。建築的に優れているか否かというような議論は横に置いておいて、チャレンジする姿勢に拍手を贈ります。どこかの(例えば、隣の)自治体で、同じようなチャレンジ精神が見られるのか?と、考えてみると。。。

学校建築に長けている方々による設計なので、実際の使い方についても感嘆するところが多いと思いました。しかし、将来に向けての新しい教育の在り方を目論んでの建築です。「今」の戸惑いは、少なからずある井のではないだろうか、と思いました。それは、時間が解決するでしょうし、新たな使われ方が生み出されていくなかで建築が追いつけなくなるっこともあるでしょう。ですから、個人的には、常にチャレンジすることは大切だと思います。「今」を満足することだけを考えていては、すぐに古びたものになるかもしれません。問題は、担当者たちの資質ですが。
posted by KAZZ Satoh at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック