2017年04月28日

まちのたね 017111 二戸❹

A161025 二戸 (32).JPG

「九戸城址」

無料で入れました。少しずつ、発掘調査と公園的な整備が行われていました。掘り返したところは遺跡です。ここに何かがあるのでしょうが、もはや忘れました。



A161025 二戸 (33).JPG

「生け垣は」

低木として見える生け垣は、元の構築物の位置を示していました。それは覚えています。構築物ではなく、生け垣で表現していることが、自分にとっては新鮮でした。このほうが、公園としての使い勝手がよいのだろうと思います。



A161025 二戸 (35).JPG

「陶板」

これで地形が分かります。塩野七生なら食い入るように見るのではないか、と九戸城址で思ったことを思い出しました。

九戸城とは地名を現わしているのではありませんでした。人の名前でした。九戸氏が敗退して新しく南部が来たことで町は「福岡」と変わったそうです。しかし、城は「福岡城」とは呼ばれず、いまでも「九戸城」と呼ばれているとのことです。

根深いものです。
posted by KAZZ Satoh at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449415028

この記事へのトラックバック