2017年06月20日

まちのたね 017169 盛岡❸岩手銀行博物館@

A161028 盛岡、紫波 (112).JPG

「辰野金吾と」

記憶に間違いがなければ、辰野金吾と一緒に仕事をした人が設計しました。東京駅の仕事にも関わっていたはずです。ですから、意匠は東京駅を連想するものになっています。



A161028 盛岡、紫波 (115).JPG

「博物館になったことに感謝」

明治に建てられた建築が何年か前まで銀行の支店として使われていそうです。そういえば、昔に訪れたときは奥へ入ることは敵いませんでした。博物館になりましたから、有り難いことです。



A161028 盛岡、紫波 (116).JPG

「つい、」

見上げて、写真を撮ります。正面玄関上部です。敷地の角に玄関を持つプランですが、ランドマーク的にデザインされています。そして、内部もそれを思わせる意匠になっています。

外側の事情が内側へも反映されていることを、当たり前のことでしょうが、改めて理解します。
posted by KAZZ Satoh at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック