2017年07月12日

まちづくり関連本、など 1374

A月島再発見学.JPG

「月島 再発見学」
志村秀明著、アニカ、2013

本の発行をした会社の住所は佃です。著者は大学教授ですが、月島生まれだそうです。まるっきり、地域内制作ということになります。これは、凄いことです。

昨日(7月11日)に学生を連れて月島に行きました。そのために、その前の週に本を買いました。大学の生協に置いてあったことが助かりました。1週間のうちに2回読むことができました。少しでも頭に入れ込まなければなりませんでした。

慌てて読むにはもったいない本です。「まちづくり」に関わる方は、この本が参考になると思います。とても柔らかく書かれていますし、視野が広い。ハードかソフトか?という二項対立的概念でものを考えても、行き詰ります。それを、この本が軽々と超えているのは、著者が月島生まれで月島のことを研究対象にしているからだと思います。このようなことが起こり得るのが、素晴らしいです。

今度は、もんじゃを食べに行きたいです。しかし、本場に出向く前に何度かリハーサルが必要な気がしています。リハーサルで一生が終わるかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451740533

この記事へのトラックバック