2017年08月03日

まちづくり関連本、など 1382

A居住空間デザインコース20年の歩みとこれから.JPG

「居住空間デザインコース20年の歩みとこれから」
日本大学生産工学部建築工学科、2012

これは貴重な冊子です。非売品です。先日、宮脇檀展を訪れた際に頂いてきました。大学が建築を教える方法論は多岐にわたるものと思いますが、そのなかでもユニークなものだと思います。女子ばかりのコースを学科内に開設しています。ですから、表紙に書かれている文言「Girls,be,ambitious !」も意図が分かります。

大学という環境はどのようなものでしょうか。専門によって意味合いも変わるのでしょうが、建築は、特に意匠系は徒弟制度的な部分が良いほうに発揮される分野なのだろうと改めて感じます。教える側が魅力的でないといけません。自省しています。一応、非常勤講師なので。
posted by KAZZ Satoh at 13:21| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: