2020年09月24日

まちづくり関連本、など 1757 あてら

あてら 9号_R.jpg

「9号」

柏の本屋、ハックルベリーブックスにありました。無料です。有難いことです。千葉県大多喜町の方が発行しています。素晴らしいと思いました。この号しか知りませんが、2020年の春の時点だと思いますが9号まできています。継続は力なり。またしても、この言葉を思い出します。

この号が素敵なのは「人」を紹介しているところです。結局、まちづくりは「人」です。明日以降に向かって新たな想いを持つ人がどのくらいいるのか。ということなのだと思います。その想いの具現のひとつが、ハード整備だと感じます。ですから、「人」づくりをしながら、環境整えをしていくことが大事なのだと改めて思います。

表紙に「東京から1時間20分の田舎で暮らす」とあります。そして特集は「ここからさらに、30分」とあります。この着眼点はいいなあ、と思います。中心と周縁と言われますが、周縁にも中心があります。ヒエラルキーを話したいのではなく、自分を中心に思えば、どこでも中心が生じることになります。

次号を見かけられることを願います。

posted by KAZZ Satoh at 09:39| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: