2020年09月30日

まちづくり関連本、など 1761 山下和美

「ランド11」
山下和美著、講談社、2020

https://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000344517

最終巻となりました。どのように物語が納まるのだろうか、と気になっていました。今起きていることは、自分たちが小さな決断の積み重ねの結果であるのだなあ、と令和の時代を思いました。今の世の中についての評価は様々だと思いますが、賛成の人も反対の人も誰もの小さな判断や決断の果てなのだと思いました。嘆いても仕方がない。という話ではなく、次に何かを為す上で、これまでのことを腹に納めて進むしかありません。

新型コロナウィルスの影響で街が大きく変わるのだろうと思います。うまく切り抜ける街があれば、その逆もあるのでしょう。何が違うのか?それは、その街の人々の個々の判断と決断なのだと改めて思います。街全体をリードする力強い「人」や「言葉」が現れないとしても、街の中のあるブロックは生き残るかもしれません。あるブロックがダメだとしても、あるお店や会社は生き残るかもしれません。そういうものなのだと思います。

「ランド」に話を戻しますが、自分としては高齢であろう双子の人生について、もう少し描いてほしかったと思いました。彼らがどのように育ち、この巻で描かれている出来事に遭い、その後はどうなっていったのか。別のかたちで描かれるでしょうか。それとも、若き双子のこれからが描かれていくでしょうか。どうやら、その後に繋がる双子もいるようです。

高齢の双子の物語があれば、「国」にしなかったことについても詳しく描かれるのだろうと思います。そこにも脅威を覚えました。新型コロナウィルスの影響は「国」という在り様を揺るがせているのかもしれない。とも、思ったからです。
posted by KAZZ Satoh at 09:55| Comment(0) | 関連モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: