2005年09月20日

まちのたね 050147 セッション第4夜(柏市)

BAO/BABB. Session の第4回が、9月16日(金)に行われました。今回の講師は、ぼくの大学の研究室の先輩の照沼さんです。ネパールに3回行かれているので、ぜひ写真を見せてください。という多数の要望にお応えして、ぼくがプロデュースすることになりました。

A050916 BAO BABB, Session Vol.4 004.JPG

スライド写真の上映会で、いつも残念に思うことは、見た写真が全部過ぎ去ってしまうことです。ですから、今回は照沼さんにお願いして、A3のカラーコピーをいくつか持ってきてもらいました。本来ならばちゃんとしたプリントをすべきですが、カラーコピーの荒さがアジア的な雰囲気を助長してくれるかもしれない、と期待しました。

会場に入ったときからネパールの雰囲気を感じてもらいたいと思って、カラーコピーを貼りました。会場がガラス張りなので、かえって良かったです。


A050916 BAO BABB, Session Vol.4 007.JPG

勉強会の言い出しっぺの五十嵐さんは、会場設営を見ながら、「文化祭みたいでいいね。ワクワクしてきた」と、楽しそうでした。

A050916 BAO BABB, Session Vol.4 008.JPG

廊下から見ると、こんな具合です。ひとつ失敗だったのは、遅れてきた人に中の様子が分かりにくくなったことです。

A050916 BAO BABB, Session Vol.4 023.JPG

まずは、照沼さんにネパールがどんなところか説明してもらいました。どこそこ貼りまくっています。
 ネパールの雰囲気を少しでも醸し出すために、ラジカセでネパールの民族音楽をBGMに流しました。キングレコードが所蔵する世界民族音楽シリーズのものです。キングレコードは侮れません。


A050916 BAO BABB, Session Vol.4 030.JPG

スライドの上映が始まりました。左側がスライドです。右側がガラスに貼った写真です。

A050916 BAO BABB, Session Vol.4 036.JPG

スライドだけを撮るとこんな感じです。

A050916 BAO BABB, Session Vol.4 039.JPG

ガラスに貼った写真(カラーコピー)は、来場者にプレゼントされました。会場に早く着いた人から選ぶ権利を与えました。
 ぼくが選んだのは、上の1枚です。


A050916 BAO BABB, Session Vol.4 057.JPG

2次会の風景です。今回も「ちばや」でした。


照沼さんの写真は何度も見せてもらったことがありましたが、10年以上も前のことです。改めて見ると、写される相手としっかりと向き合うことをやっていることを思い知らされます。その粘りが大事だということを、教えられます。その姿勢は、仕事にも現れています。
 それと、写される人々への愛情が溢れていることにも、改めて驚かされます。ぼくは、あれほどまでに人を愛おしいと思えるのだろうか?と、考えました。

照沼さんは、日本人の皮を被ったガイジンなのかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 10:49| Comment(4) | TrackBack(0) | BAO/BABB. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回の勉強会の大成功は、なによりも照沼さんによるものです。そして、佐藤さんというコーディネーターがいたということ。次の「東葛の産直文化」からは、コーディネーター付が増えていくと思うので、それもまた楽しみです。次回も語り部は二人だし。

あれほどまでに人を愛おしいと思っている照沼さんを、僕は「日本人の皮を被った日本人」だと思いたいです。
Posted by 五十嵐正人 at 2005年09月21日 00:13
でも、照沼さんの粘りはハンパではないですよ。だいたい、風貌からしてアヤシイではないですか。
 たぶん、前世も旅人か異邦人だったように思います。勝手なことばかり言っていますが、そのようにしか思えません。
Posted by 佐藤K(KAZZ Satoh) at 2005年09月21日 11:21
つまり、そういうことです。だからこそ、彼に日本人を感じるのです。
そもそも日本人は、列島起源の単一民族ではありません。みんな旅人としてやってきて、誰もが最初は異邦人だったのです。
きっと今の日本人の大半が、「日本人の皮を被ったガイジン」なのか、あるいは「ガイジンの皮を被った日本人」なのではないかと・・・。
Posted by 五十嵐正人 at 2005年09月21日 11:53
なるほど、その視点に立てば然り、です。でも、そこまで遡るとなると、相当DNAが濃い感じがします。もっとも、人間性も濃いですけど。でも、濃いから旅に出るのでしょうね。
 偉いのは、戻ってくるところです。行ったきりになった日本人をタイで何人も見かけました。

団塊Jr.のほうが、「皮被りのガイジン」かもしれませんね。もっともぼくらの世代は、「新人類」とか「宇宙人」とか呼ばれましたから、目くそ鼻くそ状態でしょうか?

いつの時代も名付けるほうは、勝手なものです。
Posted by 佐藤K(KAZZ Satoh) at 2005年09月22日 00:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック