2019年11月28日

まちのたね 019352 八ヶ岳南麓

A IMG_5251.jpg

「今年は行けました」

大学の恩師の別荘に毎年夏に集まります。昨年は台風の影響で参加できませんでした。今年は、なんとか参加できましたが、夜に到着することとなりました。



A IMG_5253.jpg

「このアングルから」

このように別荘を観たことは少ないことに気がつきました。



A IMG_5256.jpg

「橋」

よく造るものだと思います。恩恵を受けているので、感謝しています。しかし、感心するというか、呆れるというか、、、建築のスケールではないことを痛感します。



A IMG_5255.jpg

「八ヶ岳」

山を眺めることは大切だと思います。このような景色を見ると。ビルばかり見ていてはいけません。
posted by KAZZ Satoh at 14:30| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

まちのたね 019333 西ブロック

A IMG_5217.jpg

「千葉県建築士会西ブロック」

この2、3年、会長の意向を受けて、西ブロックの支部長とこちら方面の執行部の方々と語らう機会があります。やり方はブロックごとに決めてよいのですが、この語らいがなかなかに面白いものです。各支部の事情を伺いながら、自分の支部のことを顧みることができます。他の支部の活動を聞くと感心します。そして、勇気をもらったりします。有難い時間です。自分も他の方々のように支部の人間を何人か
連れていきたいと思います。

このときのお店は、市川・浦安支部の堀川支部長が設計した建築でした。これも、勉強になりました。有難いことです。
posted by KAZZ Satoh at 14:20| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

まちのたね 019303 @歓月

A IMG_5158.jpg

「三小通り商店会」

三小通り商店会は2カ月に一度、役員会を開きます。商店会の会員さんの店を持ち回りで会議の場とさせていただいていますが、お店がひとつ閉じました。7月のことです。年齢的なものなので、引退というかたちです。お仕事を全うされたので何よりですが、お店が無くなるのは寂しい限りです。

しかし、このように変化していきます。小さな商店会でも変化があります。かつてのような気分で運営はできません。新しい気分で運営していくことが必要です。新しい方策を行うことよりも、新しい気分が大事だと思います。やることは変わらないとしても、気分が変われば続いていくのではないかと思います。気分が変わらないのに、新しい方策を企てたとしても難しいのではないかと思います。賛同者とともに行動する人がいないからです。
posted by KAZZ Satoh at 16:27| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

まちのたね 019297 夏のお祭り

A IMG_5131.jpg

「栄町」

今年も夏の祭礼に呼ばれました。なぜ、人は祭りを必要とするのでしょうか?パソコンは長いこと使っていると、よく分からないゴミが貯まります。それを時々クリーニングします。また、最適化します。人間には集団クリーニングと最適化は必要だということでしょう。



A IMG_5130.jpg

「神輿」

なぜ神輿を担ぐのか?日本の場合は、神の御霊を神輿に下ろして、練り歩きます。神の何かが納まったものを担ぐということになります。おそらく神のパワーというかエネルギー量は無尽蔵なのだと思います。日本国内だけでもあらゆるところで御霊入れをしますから。

担ぎ手は、おそらく神輿を担ぐことで個別にクリーニングと最適化が行われるのでしょう。
posted by KAZZ Satoh at 15:07| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

まちのたね 019249 国立がん研究センター東病院

A IMG_5020.jpg

「千葉県建築士会支部交流会というもので」

千葉県建築士会は「支部交流会」という企画があります。県内21支部を順繰りにまわり、県内の建築士の交流を深めようという主旨のものです。

2019年度は、柏支部が担当です。11月に開催予定ですが、分科会のひとつに考えているのが、がんセンターの見学会です。どのような内容になるのかは、先方に検討をお願いしています。よって、それまでのお楽しみということになります。

10月になると消費税が上がることで世間はてんやわんやになることでしょう。しかし、おそらく我々は、支部交流会をまとめ上げることで頭がいっぱいになるのだろうと思います。たぶん、、、、
posted by KAZZ Satoh at 11:39| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月25日

まちのたね 019205 ヒンメリ本物

A IMG_4843.jpg

「キット」

このようなものが売られているそうです。いい時代です。

建築士会の「建築士の日」の事業で活用しました。
posted by KAZZ Satoh at 11:14| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

まちのたね 019300 まちなみウォッチングF

A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (97).jpg

「流山駅前」

ここにまちづくりの拠点があります。



A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (98).jpg

「内から」

中から外を見ると、こんな感じです。素晴らしいと思いました。



A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (99).jpg

「屋根に穴」

これもいいです。日本じゃないみたい。こういうところから流山の街づくりが動いていくのだと知ると、ワクワクします。
posted by KAZZ Satoh at 16:56| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

まちのたね 019298 まちなみウォッチングE

A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (75).jpg

「土地の人と」

流山に代々生きてきた地主さんとしては、現代の生活様式に合わなくなってきた建物をどのように保全活用していくか、ということは大事な課題です。個人的な話だけではなく、町としての意味合いも含めて。流山市として伝統的なエリアの保全と活用は街のアイデンティティにも影響しますし、経済的にも影響があります。

しかし、このような建物を借りる立場の人にとって、そのことがどのくらい大切なことなのか?地主さんたちと同じ方向を向く借主が増えると街は面白くなるかもしれませんが、それを強要する訳にはいきません。



A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (82).jpg

「重厚感と」

古い建物が放つ存在感は格別です。今なお使われているなら、なおさらです。個人的には生きたまま保全されることを望みますが、なかなか難しいことでもあります。かつての建物は、その時代ごとの最適解を求めてできていると思います。ですから現代の人々が使いこなせるか否かという問題と、かつてのものを愉しめるか否かなど、様々な要因が絡みます。



A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (90).jpg

「土手」

江戸川です。上流は野田。下流は松戸です。千葉兼的には。別な見方をすれば三郷や金町柴又などの地名も浮かぶでしょう。変わらない風景と思ってしまいましたが、そんなことはありません。土木技術が発展した風景です。
posted by KAZZ Satoh at 12:57| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

まちのたね 019296 まちなみウォッチングD

A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (64).jpg

「初めての学校」

記憶に間違いがなければ千葉県内で初めて学校ができた場所らしいです。それだけ、かつての流山の方々は先見の明と財力があったのだと思いました。県庁所在地だったことがあるのも頷けます。



A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (67).jpg

「鳥居」


神社という空間は面白いと思います。お寺はご本尊がありますが、神社はご神体が様々です。山だったり、川だったり、岩だったり。そうでなければ鏡だけだったり。このような概念を海外の方々は理解しにくいだろうと思います。実態があるのかないのか?どのように理解すればよいのか?自分側の問題を突きつけられているような気がします。



A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (72).jpg

「富士塚」

神社の裏手に築山があるのが凄い。造られた当時の方々の財力と心意気に感嘆です。富士山を拝む気持ちは、日本人でも未整理なのかもしれません。しかし、未整理のままでよいと思います。
posted by KAZZ Satoh at 11:41| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月16日

まちのたね 019293 まちなみウォッチングC

A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (57).jpg

「新選組」

流山は新選組にとって大事な場所です。ここに写る蔵は、ある意味最後の場所です。近藤勇が隠れていた場所です。町の人々を思って自ら出頭したそうです。



A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (59).jpg

「さりげなく」

このような建築は好きです。自分にはさりげなくあるように思いました。目立つ建物でしょうか?自分には、そのようには思えませんでした。次は中に入りたいと思います。



A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (61).jpg

「ディテール」

つい、こんな写真を撮ります。そして、撮ったことを忘れてしまいます。
posted by KAZZ Satoh at 10:41| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

まちのたね 019287 まちなみウォッチングB

A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (42).jpg

「一茶の宿」

流山には小林一茶が何度か訪れていたそうです。俳句の師匠として呼ばれていたそうです。



A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (49).jpg

「湾曲」

東日本大人災の影響でしょうか。訊いたはずですが、忘れています。



A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (53).jpg

「注目」

新しい建物ですが、周囲を配慮した造りになっているように思いました。



A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (56).jpg

「石庭」

通りに面して現代風に言えばポケットパークのような設えがなされています。いいなあ、と思いながら写真を撮りました。

posted by KAZZ Satoh at 09:41| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

まちのたね 019284 まちなみウォッチングA

A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (28).jpg

「古い街並み」

流山の旧市街は古い建物が残っています。これらを残すことが良いことかどうかは分かりませんが、大切に思う気持ちを育む活動は必要と思います。



A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (29).jpg

「見世蔵」

万華鏡のお店です。街散歩的なテレビ番組では数多く取り上げられている場所と記憶しています。茄子紺というのでしょうか。きれいです。



A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (33).jpg

「撮りました」

2月のころは、花粉症対策が万全だったことを示しています。



A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (37).jpg

「速度抑制」

うちの商店会の通りにも、ところどころに欲しいです。
posted by KAZZ Satoh at 09:48| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

まちのたね 019282 まちなみウォッチング@流山@

A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (21).jpg

「流山の計画」

千葉県建築士会は「まちなみウォッチング」という事業が行われています。2018年度は流山の旧市街をまち歩きするものでした。午前中は市役所の方が旧市街の街並み保全と歴史的な建物の保存などの計画について紹介されました。このような話を聴く機会は多くないので、有難いことだと思いました。



A 190309 建築士会「流山まちなみウォッチング」 (24).jpg

「流山の街は」

旧市街は、行灯を見かけます。お店は公的施設に置かれています。面白いことが起きていると思いました。午前中の市役所の方の話を聞けずに街歩きをすると、大事なことを知らずに回ってしまったのだろうと思いました。そして、自分の興味の範囲しか分からずに回ることになるのだろうと思いました。それは、自分にとっては面白くないと感じます。
posted by KAZZ Satoh at 09:52| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

まちのたね 019259 建築士の日のチラシ

A IMG_4880.jpg

「住宅相談会」

千葉県建築士会各支部一斉事業として6月30日(日)に開催するための案内を石戸ビルの掲示板に貼っていただきました。



A IMG_4964.jpg

「@柏MODI」

会場は柏MODIの店前広場でしたので、柏MODIもチラシを置いてくれました。有難いことです。
posted by KAZZ Satoh at 11:16| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

まちのたね 019219 こんぴらさま

A IMG_4536.jpg

「春の祭礼」

うちの町会のお祭りです。春は金毘羅様。夏は香取様です。日本の神社は幾つかの神様が同居していますので、このようなこと起きます。そして、商店会長の立場で呼ばれて、今回は酔っぱらってしまいました。

ありがたいことです。
posted by KAZZ Satoh at 13:02| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

まちのたね 019215 さくらのころA

A IMG_4486.jpg

「自然を愛でる」

このような感性は古代からのものなのか?などと、時々思います。



A IMG_4490.jpg

「枝の流れ」

「脈」という文字を思い出します。
posted by KAZZ Satoh at 09:27| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

まちのたね 019214 さくらのころ@

A IMG_4479.jpg

「千代田公園」

自分にとってもっとも近所の名所です。三小通り商店会の花見が今年も行われました。



A IMG_4481.jpg

「愛でる」

俳句や短歌では鑑賞力が求められることが分かってきました。よい作り手は、よい読み手でもあります。そうなると、花見も鑑賞の力があるとよいのでしょう。「花より団子」と嘯きながら、「秘すれば花」などと思い酒を呑めるようになれば、そこで誰といても独りの愉しみを味わうことができるのかもしれません。



posted by KAZZ Satoh at 09:03| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

まちのたね 019161 バナー

A IMG_4198.jpg

「三小通り商店会として」

2018年は風の強い日が多かったように思っています。それで、幾つかのバナーが落ちたり、外れて垂れ下ったりしていました。それを補修しました。昨年度のことです。レイソルがJ2に落ちたとはいえ、三小通りのバナーがだらしないママでいるのは、好ましい話ではありません。
posted by KAZZ Satoh at 17:13| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

まちのたね 019129 仕事未満だけど

A IMG_4117.jpg

「取材の手伝い」

LNN柏というものがあります。Youtubeなどを通じて柏のローカルニュースを伝える活動です。何年前からか、これの手伝いをするようになりました。音声役が多いのですが、ときおりレポーターをやることがあります。正規レポーターはいるのですが、その方が都合で来られないときや、下見のつもりがいきなり取材になるときなど、代わりを演じることがあります。「通りすがりのレポーター」と自分では呼んでいます。1月に行われた取材も同様でした。まだ、配信はされていないようです。
posted by KAZZ Satoh at 13:19| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

まちのたね 019128 勉強会

A IMG_4218.jpg

「UDC2」

岩手県紫波町オガールの岡崎さんが柏に来てくれました。こういうときは自分の立場がどうあれ、参加しようと思いました。おそらく、自分のような人間がいまさら、このような場所に顔を出すことが憚られるのでしょうが、たまにはお許しくださいという気持ちです。

なぜ、岡崎さんの話を聴きにいったのかというと、「本人」を観たかったからです。どのような人があの難題を成し遂げたのか?なぜ、成し遂げられたのか?裏を返せば、うまくできない地域には何が足りないのか?ということが透けて見えてくるだろうと思うからです。柏は可能性があります。岡崎さんのような方を呼ぶことができるだけのパワーがあります。この勉強会に80人くらい来ていたと聞きました。素晴らしいことです。

岡崎さんの話を聴いた後に、本を買いました。これは本でしっかりと読みこむべきだと思ったからです。自分が、今後、このような仕事をするわけではありません。また、まちづくりに関わるわけでもありません。それでも、いままでにやってきてしまったことの延長線上で、岡崎さんのような方が気になります。

改めてUDC2に感謝です。
posted by KAZZ Satoh at 10:58| Comment(0) | アクティビティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする