2021年01月19日

まちのたね 021035 ムーミンバレー-14

201115 ムーミンバレーパーク (164)_R.JPG

「砦」

子どもたちが楽しく遊べるエリアです。昔の遊園地を思い出します。ただし、こんなに雰囲気があるものではありませんでしたが。今の時代は素敵です。



201115 ムーミンバレーパーク (165)_R.JPG

「テント」

この白いテントは当初からあったのでしょうか。かっこいいものですが、全体の雰囲気とは異なるように感じました。夏の暑さを避けるための手立てなのだろうと思います。



201115 ムーミンバレーパーク (169)_R.JPG

「物語が見えます」

おそらく有名なシーンなのでしょう。象徴的な展示なのだろうと思います。



201115 ムーミンバレーパーク (174)_R.JPG

「岩のてっぺんに」

灯台があり、おそらくムーミンたちが向かっています。どういう物語なのか、、、やがて知ろうと思います。
posted by KAZZ Satoh at 14:28| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月18日

まちのたね 021033 ムーミンバレー-13

201115 ムーミンバレーパーク (151)_R.JPG

「乗ってみたいもの」

湖の上を渡ります。行って戻ってきます。一度はやってみたいと思います。



201115 ムーミンバレーパーク (155)_R.JPG

「秋の光」

秋から冬にかけての陽光は好きです。春に向かう光も好きです。なんだか、葉っぱが柔らかく見えるような気がします。



201115 ムーミンバレーパーク (156)_R.JPG

「モルタル金ゴテ」

背景を無機にできて、なおかつ冷たすぎない感じがモルタルの良さでしょうか。



201115 ムーミンバレーパーク (159)_R.JPG

「子どもだったら」

大人は詰まらないと思います。
posted by KAZZ Satoh at 13:35| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

まちのたね 021031 ムーミンバレー-12

201115 ムーミンバレーパーク (138)_R.JPG

「飽きない」

ここのジオラマは飽きません。なぜでしょうか。たぶん、物語を知らないからです。昔、アニメをテレビでみた記憶はありますが、中身のことはすっかり忘れています。



201115 ムーミンバレーパーク (140)_R.JPG

「コンテスト」

パーク内の写真を撮って応募するというもののようです。こういうの、いいです。もし、次に訪れることがあるならば、コンテストに参加したいと思います。



201115 ムーミンバレーパーク (143)_R.JPG

「ムーミンのおうち」

正式な名前を忘れてしまいましたが、すみません。しっかりと確認する気持ちもありません。でも、この建物には入ってみたいと思いました。無料エリアだけでも。ムーミンの身長を調べなければ。



201115 ムーミンバレーパーク (144)_R.JPG

「地下室」

この建物には地価があります。ヨーロッパの建物らしいと思いました。そして、こういうところちゃんと造ってくれることに感謝です。当たり前か、ムーミンの世界ですから。


posted by KAZZ Satoh at 15:39| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月16日

まちのたね 021029 ムーミンバレー-11

201115 ムーミンバレーパーク (121)_R.JPG

「りったいせかい」

ムーミンの作者は美術の人ですから、このような立体世界についてはイメージが湧くのだろうと思いました。この制作に関われたら幸せをひとつ増やすことができたかもしれないと思ったりします。



201115 ムーミンバレーパーク (124)_R.JPG

「情景が変わる」

立体造形が光の演出でシーンを創ります。ますます本を読んでいないことを残念に思いました。物語世界に親しんでいれば、演出の意図が分かったことでしょう。分からなくても楽しく見ていましたが。



201115 ムーミンバレーパーク (133)_R.JPG

「半分見える」

ムーミンのおうちは半分が丸見えです。回転するので外観が見える時と、内部が見える時があります。ムーミンパパが自営で建てたそうです。



201115 ムーミンバレーパーク (136)_R.JPG

「たぶん実物大」

四角い箱のような建物を出てテラスから見える景色です。ムーミンのおうちの実物大だろう建物があります。「だろう」としか言えないのは、物語の詳細を知らないので、実際の寸法を分かっていないからです。そうか、ムーミンの身長も知りません。
posted by KAZZ Satoh at 15:29| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

まちのたね 021025 ムーミンバレー-9

201115 ムーミンバレーパーク (103)_R.JPG

「いきなり」

ムーミンの物語を立体で教えてくれる施設の中に入りましたら、いきなり寂し気な展示です。しかも、闇の奥へ気持ちが持っていかれそうです。かえって興味を覚えました。ムーミンの世界観は、実は柳田圀男と通ずるのではないか?などと思いました。



201115 ムーミンバレーパーク (105)_R.JPG

「これも寂し気な」

焚火です。暗いです。展示が。焚火だから暗いのは当然かもしれませんが、ディズニーではこのように表現しないのではないかと思いました。おそらく、これらの展示を見て、ムーミン世界に惹かれていったのだと思います。



201115 ムーミンバレーパーク (107)_R.JPG

「スナフキン?」

ピノキオかと思いました。ピノキオでも構いませんが、闇夜がリアルです。まるで夕刊フジのコマーシャルです。細い枝をくべたら、それ以上の炎が現れそうです。



201115 ムーミンバレーパーク (108)_R.JPG

「雨」

次の展示も暗いです。トーベ・ヤンソンの世界に興味を覚えます。ムーミンは可愛いものではない。ということを意識付けようとしているのではないでしょうか。子どもたちに。親がアニメで培ったムーミン像を整えなおそうとしているのかもしれません。

posted by KAZZ Satoh at 16:47| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

まちのたね 021022 ムーミンバレー-8

201115 ムーミンバレーパーク (92)_R.JPG

「ムーミンの家」

シンボルなのでしょう。大きくない建物です。そうでした。ムーミンパパが自分で建てた家だと書いてあったと思います。お父さん、凄いです。



201115 ムーミンバレーパーク (93)_R.JPG

「逆に存在感」

ここだけが矩形です。一番目立たたない場所に建てられていますが、個人的には角張った部分が気になります。色彩計画だけでなく、もう少し柔らかくすることもできたのではないか。などと、余計なことを思います。



201115 ムーミンバレーパーク (94)_R.JPG

「アプローチ」

このアプローチは好きです。これがムーミンの世界観なのだろうと思いました。



201115 ムーミンバレーパーク (96)_R.JPG

「トーベ」

作者とムーミン一家です。トーベの顔にも慣れてきました。


posted by KAZZ Satoh at 11:03| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月12日

まちのたね 021019 ムーミンバレー-7

201115 ムーミンバレーパーク (83)_R.JPG

「何度も撮る」

見上げれば何度も写真に撮っていました。たぶん、新鮮に思えたのでしょう。この色遣いが。そして、散見するムーミン世界のキャラクターたちも気になりました。その目つきに。



201115 ムーミンバレーパーク (85)_R.JPG

「スピーカー」

パーク内の音が気になっていました。なかなかにいい音だと思ったからです。そして、その正体を見つけました。BOSEでした。なるほど。



201115 ムーミンバレーパーク (86)_R.JPG

「中心エリアか」

後で思えば、ここが人造湖の入り江あたりだったのだろうと思います。比較的広い平地がある場所です。ですから、幾つかの施設が集合していました。奥に見えてくる建物が四角張っているのが気になりました。もう少し柔らかいファサードに仕立て上げることもできたのではないかと。



201115 ムーミンバレーパーク (88)_R.JPG

「小さな家」

こういう建物を見ると、自分がムーミンの世界を知らないことに気がつきます。知っていれば、この建物が含む物語が湧いてきたことでしょう。ムーミンバレーパークは物語を、他のテーマパークよりも求めているような気がしました。
posted by KAZZ Satoh at 14:23| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月11日

まちのたね 021016 ムーミンバレー-6

201115 ムーミンバレーパーク (73)_R.JPG

「おもしろいもの」

テーマパークだからこそ存在できるのだろうか?と、これを見たときに思いました。テーマパークでない「フツー」の場所でも見かけることができれば、それは愉しいものだと思いました。現実には、湖などの所有者や管理者は誰なのか?などという問題があるのでしょうね。



201115 ムーミンバレーパーク (75)_R.JPG

「カヌー」

人造湖なので、穏やかです。ムーミンバレーパークが近くにあったなら、何度も足を運んだだろうと思いました。次はカヌーに乗りたいものです。



201115 ムーミンバレーパーク (81)_R.JPG

「芝居小屋」

実際は芝居小屋ではありませんが、そのように感じました。こういう小さいものが点在するのは好きです。



201115 ムーミンバレーパーク (82)_R.JPG

「切り株的」

実際は「掘っ建て的」ですが。
周囲を加工してささくれ立たないようにしているのだろうと思いました。これは知恵だと感じました。そして、椅子というデザインになっていると思います。
posted by KAZZ Satoh at 10:40| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月10日

まちのたね 021014 ムーミンバレー-5

201115 ムーミンバレーパーク (59)_R.JPG

「紅葉のトンネル」

綺麗な風景だと思いました。なんだか久しぶりい紅葉を味わったような気がしました。



201115 ムーミンバレーパーク (67)_R.JPG

「入口のところに」

ようやく入場ゲートを通過し、最初に出くわす建物です。ここでも食事ができるようです。しかし、先に済ませてしまいましたので、寄りませんでした。初めてでしたのでパークでの楽しみ方が掴めていませんでした。



201115 ムーミンバレーパーク (69)_R.JPG

「湖に浮かぶ」

ムーミンの世界が分かっていないので、、、、まったく失礼な客ですが、建物の意味を分からずに風景を愛でました。



201115 ムーミンバレーパーク (70)_R.JPG

「冬だなあ」

通りの上に飾られたものたちが寒い感じでいいなあと思いました。氷の世界です。北欧は、このような世界観なのだろうなあ、と思ったりしました。

posted by KAZZ Satoh at 12:03| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月09日

まちのたね 021012 ムーミンバレー-4

201115 ムーミンバレーパーク (42)_R.JPG

「ディスタンス」

カヌー体験の乗り場だったと記憶しています。椅子をならべて、蜜にならないように配慮されていました。



201115 ムーミンバレーパーク (43)_R.JPG

「ネットの世界」

こういうネットの世界は実感が伴うので、愉しそうです。自分が子どもだったら、絶対に遊びたかったと思います。



201115 ムーミンバレーパーク (54)_R.JPG

「まだ入園していないけど」

はじめてのムーミンバレーパークは不思議です。まだパークに入園していないのに、もうパーク内にいるようです。うっかり、ここでくつろいでしまって、すべてOKな気分になったらどうしようか。などと訳の分からない心配をしました。



201115 ムーミンバレーパーク (58)_R.JPG

「紅葉」

なかなかにきれいでした。よいタイミングだったのだと思います。「紅」でも「黄」でも「こう」です。日本語は上手いことやっています。
posted by KAZZ Satoh at 17:09| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月08日

まちのたね 021010 ムーミンバレー-3

201115 ムーミンバレーパーク (33)_R.JPG

「ロケーションの良さ」

この湖は人造湖ですが、林に囲まれた土地はなかなかのものです。ランドスケープを意識できる敷地では、建築は必要以上に目立たなくてよいのだろうと思います。ムーミンバレーですし。



201115 ムーミンバレーパーク (37)_R.JPG

「犬を連れた人々」

ムーミンバレーパークに至る前のショッピングエリアに犬を連れた人が多くいたのは、イベントがあったからのようです。こういうイベントがあることをムーミンバレーパークのサイトを見ていて気がつきませんでした。どうもサイトの見方が分かりません。文法が異なるようです。



201115 ムーミンバレーパーク (38)_R.JPG

「11月15日」

この店はクリスマスグッズを販売していました。そういう季節であることを、改めて感じる場所でした。しかし、新型コロナウィルスの影響か、クリスマスな雰囲気が近づいてきていないよな気がしていました。



201115 ムーミンバレーパーク (41)_R.JPG

「あれ?」

アマビエ様じゃん。と、思いました。チェーンソーでの彫刻ものだと思いますが、見事でした。新型コロナウィルスが収束しても、鎮座されることを期待しました。
posted by KAZZ Satoh at 13:51| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月07日

まちのたね 021008 ムーミンバレー-2

201115 ムーミンバレーパーク (25)_R.JPG

「食事」

バイキング形式のランチを取りました。手袋がもれなくついてきます。というか、自分でとります。そして、バットから自分の皿に移すときは、手袋をしていないといけません。そういう時代なんだと思いました。この習慣が定着するかもしれないとも思いました。



201115 ムーミンバレーパーク (29)_R.JPG

「窓の向こう」

湖が見えます。いい眺めです。ここに新しく計画するならば誰もが考えることかと思いますが、実現されていることが素晴らしいと思いました。いい天気でした。11月15日。



201115 ムーミンバレーパーク (31)_R.JPG

「テラスと坂道」

先ほどの眺めは2階からでした。この写真に見えるパラソルは1階です。道は、さらに下がります。地形の特徴を活かすのは、計画をしていて楽しかったのではないかと思いました。



201115 ムーミンバレーパーク (32)_R.JPG

「森に灯台」

湖の向こうに灯台が見えます。ムーミンバレーパークのことがよく分かっていないので、つまりはムーミンのお話の世界が分かっていないからですが、あの灯台がどのようなものかを分からないままに写真を撮りました。分からないままに撮るのは大事だと思います。
posted by KAZZ Satoh at 16:08| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

まちのたね 021006 ムーミンバレー-1

201115 ムーミンバレーパーク (7)_R.JPG

「七五三の日に」

2020年11月15日に訪れました。埼玉県飯能市にあるムーミンバレーパークです。世界ふしぎ発見で放送されたことがきっかけとなりました。



201115 ムーミンバレーパーク (8)_R.JPG

「光る」

駐車場に車を停めてからアプローチ路へ進むと、道の上にぶら下がっているものがありました。普通に考えたら、光るだろうな。と思うものです。この時点では、その程度の感じ方でした。それよりも、パークそのものがどのようになっているのか、よく分からないのが気になっていました。



201115 ムーミンバレーパーク (11)_R.JPG

「まず見えてくるもの」

入場ゲートを通過していないのに建物が見えてきました。これがショッピングエリアのナントカ言うやつだな。と、なんとか分かりました。



201115 ムーミンバレーパーク (15)_R.JPG

「キッチンカー」

先の建物は進行方向の右手にあります。そして広場めいたところに出てくると、何台かのキッチンカーがありました。写真はそのひとつです。「ムーミンバレーパーク」の名前にふさわしい雰囲気なのだろうと思いました。このときは、この日のイベントが何か、何も気づかずにいました。
posted by KAZZ Satoh at 22:06| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月03日

まちのたね 021003 横須賀方面-11

201103 横須賀美術館〜東京湾フェリー (131)_R.JPG

「恋人の聖地」

金谷港にもありました。横須賀美術館もそうでしたが、ここもそうでした。フェリーは「恋人の聖地」を繋いでいます。新たな発見です。



201103 横須賀美術館〜東京湾フェリー (136)_R.JPG

「夜の便」

これから柏に戻るというときに撮りました。夜のフェリーも悪くないと思います。一度乗ってみようと思いました。



201103 横須賀美術館〜東京湾フェリー (138)_R.JPG

「SA」

房総半島からの帰りも早くなったものです。途中に寄りました。高速道路は快適なものです。あちこちに寄るだけの余裕があるときは別ですが。一日が充実したと思える日は、様々な風景が素敵に見えてきます。

これで終わりです。
posted by KAZZ Satoh at 15:47| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

まちのたね 021001 横須賀方面-10

201103 横須賀美術館〜東京湾フェリー (119)_R.JPG

「金谷港」

フェリーが千葉県側に着きましたので、千葉県側の土産物エリアで休憩です。神奈川方面を向いたオブジェがあります。この写真をパソコンの背景にしています。



201103 横須賀美術館〜東京湾フェリー (125)_R.JPG

「夕日」

雲の切れ間に太陽が見えました。こういう落日もいいものです。



201103 横須賀美術館〜東京湾フェリー (130)_R.JPG

「雲の表情」

空の表情と言ったほうがよいのかもしれません。いずれにせよ、よい雰囲気だと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 16:38| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月31日

まちのたね 020310 横須賀方面-9

201103 横須賀美術館〜東京湾フェリー (103)_R.JPG

「ヨット」

ヨットがいました。個人所有だろうか。などと思いました。自分には手が届かないし、考えもしないレジャーです。



201103 横須賀美術館〜東京湾フェリー (110)_R.JPG

「海鳥」

フェリー客がくれるお菓子を狙っているようです。容易に得られる餌なのでしょうけど、そういうものを食べていては身体がいかれてしまうのではないか?などと余計な心配をします。



201103 横須賀美術館〜東京湾フェリー (116)_R.JPG

「千葉県へ」

フェリーは停車位置が指定されます。バランスを考えてのことですが、この作業が面白いと思っています。そして、港に出ていくときも、指示に従います。秩序が求められます。
posted by KAZZ Satoh at 14:02| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

まちのたね 020308 横須賀方面-8

201103 横須賀美術館〜東京湾フェリー (92)_R.JPG

「三浦半島」

夕方の船なので、太陽は西側にあります。向こうに見えるのは三浦半島です。出航のころは横須賀と思っていましたが、沖合に出てくると三浦半島と思います。



201103 横須賀美術館〜東京湾フェリー (95)_R.JPG

「灯台」

これを見たときに香川県高松の鉄の美術家:槇塚登さんが作る灯台のブローチを思い出しました。



201103 横須賀美術館〜東京湾フェリー (96)_R.JPG

「海鳥たち」

景色に気を取られているうちに、だんだんと視界に入ってきました。海鳥たちです。船についてきます。なぜ?
posted by KAZZ Satoh at 11:15| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月29日

まちのたね 020304 横須賀方面-7

201103 横須賀美術館〜東京湾フェリー (79)_R.JPG

「フェリー」

横須賀からフェリーに乗りました。千葉県金谷港へ向かいます。横須賀美術館がメインでしたが、サブはフェリーです。



201103 横須賀美術館〜東京湾フェリー (88)_R.JPG

「11月初旬」

スクリューの波紋も穏やかに思いました。晴れただけでなく、風も穏やかな一日だと思いました。



201103 横須賀美術館〜東京湾フェリー (90)_R.JPG

「スペシャル・エディション」

フェリーの中で買いました。お土産です。神奈川県側のラベルと千葉県側のラベルがセットになっています。こういう品物は好きです。
posted by KAZZ Satoh at 09:21| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月28日

まちのたね 020302 横須賀方面-6

201103 横須賀美術館〜東京湾フェリー (75)_R.JPG

「横須賀美術館へ」

向かいのホテルエリアから美術館へ戻ってきたのは、車を停めていたからです。そして、改めて建築を眺めます。白い建築は、近代建築の象徴のように見なされますが、青空とのコラボでキャンバスのようにもなります。この構図がよかったかどうかは、ともかく。



201103 横須賀美術館〜東京湾フェリー (78)_R.JPG

「シンプルに」

白い壁との対峙は、このくらいに潔く臨むのがよいのかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 18:40| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月26日

まちのたね 020299 横須賀方面-5

201103 横須賀美術館〜東京湾フェリー (69)_R.JPG

「観音崎京急ホテル」

横須賀美術館の向かいにあるホテルです。これは、船のかたちですね。こういうの、好きです。



201103 横須賀美術館〜東京湾フェリー (71)_R.JPG

「ボードウォーク」

ホテルの下は海岸ですが、遊歩道となっています。意外と長いのですが、それが心地よいと思いました。このような場所があることは、豊かなことだと思います。



201103 横須賀美術館〜東京湾フェリー (72)_R.JPG

「反対側」

入り江を遊歩道が覆います。このような場所は、少ないのではないかと思いました。自分が知らないだけなのでしょうが、いいものだと思います。
posted by KAZZ Satoh at 11:22| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする