2020年01月21日

まちのたね 020040 門前仲町-3

A 190623 門前仲町ぶらり (27).jpg

「公園」

込み入った下町風情を感じるなかで開けた場所があります。公園として使われています。このような場所があることは、街の息抜きになると感じました。



A 190623 門前仲町ぶらり (35).jpg

「たしか」

残っているものは台座だったと思います。この上に何かがあったはずです。もう忘れています。



A 190623 門前仲町ぶらり (36).jpg

「燈明講」

積み上げた石それぞれに何かが彫られています。寄進した人々の名前だと理解しました。こういうことですよね。金を出した人を懸賞する姿勢が街を創ります。現代は、寄進ではなく税金による公共事業となります。これは、匿名性によるものであり、かつ金を収めた人の思いをかなえるのかどうかは分からない仕組みとも言えます。寄進のほうが直接的です。どちらがいいとは言いませんが、現代は寄進の感覚は薄れているのでしょう。
posted by KAZZ Satoh at 10:21| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

まちのたね 020039 門前仲町-2

A 190623 門前仲町ぶらり (15).jpg

「横丁」

いい雰囲気です。しかし、昼間です。



A 190623 門前仲町ぶらり (17).jpg

「公共トイレ」

区役所が設営したものではないようです。横丁の人々が共同したのだと思います。素敵なことです。



A 190623 門前仲町ぶらり (18).jpg

「昭和の遺産的な」

できれば、無くならないことを願います。



A 190623 門前仲町ぶらり (24).jpg

「複合ビル」

何軒かが集まってできたのだろうと思います。このような建物が昭和後半以降の街なかの建物の一般解なのだろうと思いました。でも、町家とか民家とは言わないですね。
posted by KAZZ Satoh at 12:47| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月19日

まちのたね 020037 門前仲町-1

A 190623 門前仲町ぶらり (1).jpg

「下調べ」

2019年度の大学の演習で門前仲町を担当することになったので、6月ころだったでしょうか、下調べに行きました。まずは、地図を観ます。



A 190623 門前仲町ぶらり (3).jpg

「変わったかたちの建物」

存在感があります。設計者を知りたくなりました。



A 190623 門前仲町ぶらり (7).jpg

「歴史的建築物」

モダニズム建築です。その時代にできたものなので、本物ということになります。現在は再活用されていて、観光案内所となっています。素晴らしいことだと思いました。



A 190623 門前仲町ぶらり (11).jpg

「階段」

丁寧に造られています。当時の仕上げ材の種類は、いまほど多様ではないので、かえって味がある仕上がりになっています。現代だと、タイル仕上げにするよりは、別の仕上げが選択されやすいです。それは、工期とコストの問題からもタイルが選ばれにくくなっていると感じます。
posted by KAZZ Satoh at 13:21| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

まちのたね 020033 茂木本家美術館-3

A 190609 茂木本家美術館ほか (41).jpg

「さりげないが」

中から外を見たとき、額縁があるように感じられた窓です。外から見ると出っ張りがついています。なんだか造形作品のように思いました。建築が仕掛けるちょっとしたアートなのかもしれません。



A 190609 茂木本家美術館ほか (45).jpg

「広々と」

庭を持つということは素晴らしいことだと思いました。このような建築を観ると。



A 190609 茂木本家美術館ほか (64).jpg

「スペース」

隣接する施設との調整をどのように図るのか、いろいろとスタディされたのだと思います。



A 190609 茂木本家美術館ほか (76).jpg

「野間土手」

茂木本家美術館を離れて、この日のメインプログラムのために野田市役所あたりに行きました。そこには樹林帯が残されていました。雑木林のようですが、そのまま手入れされています。保全されていることが分かります。市役所のまわりにこのようなものが残されているのは、とても素敵なことだと思いました。



A 190609 茂木本家美術館ほか (79).jpg

「野田の文化会館」

2018年6月9日、ロックの日と呼ばれている日ですが、清水ミチコが野田に来ました。野田で清水ミチコを観られることは、幸せなことです。
posted by KAZZ Satoh at 10:18| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

まちのたね 020027 茂木本家美術館-2

A 190609 茂木本家美術館ほか (25).jpg

「建築の可能性」

2019年6月に訪れたとき、「建築の可能性」を思いました。普通の住宅では造ることが難しいかもしれないスペースがありました。列柱の向こうに一枚の絵画が見えるという空間は、自分のなかに潜む非日常性を開いてくれるような気がしました。



A 190609 茂木本家美術館ほか (26).jpg

「ピンク・フロイド」

なんとなくピンク・フロイドが浮かびました。プリズムのジャケットが思い出されたからですが、それだけでなく、西洋的な美的感覚がかたちになっているような気がしたのかもしれません。



A 190609 茂木本家美術館ほか (28).jpg

「光」

「光」と鍵括弧をつけたとき、少しでも特別な意味を感じます。それは宗教的な響きであったり、権威的な響きであったりさまざまかと思いますが、そういうものを感じました。



A 190609 茂木本家美術館ほか (32).jpg

「窓のむこうに窓の」

窓枠に切り取られた風景が入れ子になっているように感じました。手前の窓と奥の窓の間に距離があるので、不思議な景色になっています。切り取られた風景は遠近法によって見えてくる白い枠に収まっています。
posted by KAZZ Satoh at 10:01| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

まちのたね 020023 茂木本家美術館-1

A 190609 茂木本家美術館ほか (13).jpg

「MOMOA」

野田市にあります。キッコーマンの茂木本家所蔵の美術品を公開する美術館です。昨年(2019)6月に訪れました。今は休館中のようです。

開口部から見える風景が素敵でした。これを見せたいがための開口部だろうと思いました。



A 190609 茂木本家美術館ほか (14).jpg

「見上げれば」

面白いところから光が入ってきます。自然光を入れています。



A 190609 茂木本家美術館ほか (16).jpg

「コーナー」

照明器具の取り付け方に目が留まりました。



A 190609 茂木本家美術館ほか (18).jpg

「柱廊」

ギリシア神殿のような柱の並びと思いました。構造的には不要な柱です。何を表現するための空間なのでしょうか?柱のためのガラス張りの部屋です。



A 190609 茂木本家美術館ほか (19).jpg

「何が見えるのか」

列柱の向こうに見えるのは鎮守の森です。神社があります。ギリシア神殿のような場所から日本の神様を眺めることになります。面白いと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 15:53| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

まちのたね 019417 松戸マーライオン

A IMG_5481.jpg

「お墨付き」

シンガポール政府公認と書いてありました。こういうところがいいです。ちゃんとしていると感じます。伊勢丹だったところにアジアン・フードコートが出来ていました。夏に行ったときに見つけました。

今は、どのようになっているのでしょうか。先日、行けなかったので、来年には行ってみたいと思います。
posted by KAZZ Satoh at 09:52| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月25日

まちのたね 019411 宇治へ-8

A 190501 出石、豊岡、「京都」 (163).jpg

「展示室を抜けて」

展示室は地下空間のように思わせる場所でした。出口に向かいエスカレーターに乗ると、そこは天上の場所のように思える明るい世界でした。そして、現代であり、日常でした。



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (164).jpg

「造りがうまいなあ」

建築が大きい唸らないように分割され、かつ植栽に囲まれた計画は、すごいなあと思いました。長居したかった。



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (170).jpg

「現代建築」

平安時代に造られた平等院の敷地内に現代建築があります。しかし、それは主張しすぎることなく佇んでいます。モダニズム様式の後に造られたものですが、「平安」にどのように対峙すべきか?相当に考えられたのだろうと思いました。もっと建築のことを考えないといけません。



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (179).jpg

「そして駅弁」

二泊三日の豊岡方面への旅行は無事に終わりました。新幹線の中で駅弁を食べるのも悪くないものだと思います。
posted by KAZZ Satoh at 10:15| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月24日

まちのたね 019408 宇治へ-7

A 190501 出石、豊岡、「京都」 (135).jpg

「平等院」

初めてきました。修学旅行では訪れませんでした。観るべき建築のひとつであることは間違いありません。しかし、思っていたよりは大きくないと思いました。人が写らないように写真を撮るのが難しいです。



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (137).jpg

「晴れていれば」

小雨交じりでしたので、池に映る姿もすっきりとはいきませんが、人が写らないように頑張りました。現場は、こんなに静かな雰囲気ではありません。



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (145).jpg

「名建築」

誰もが見とれてしまうのではないでしょうか。こういうものが名建築なのだと思います。しかし、建築だけが建築ではありません。池、周囲の樹木。遠方に見える京都の山々。あらゆるものが建築を構成しています。ですから、景観ということばは、大切だと改めて思います。



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (161).jpg

「そして地中へ」

見学ルートは、最後に地中に入っていきます。博物館です。背後の小山のような場所の地下空間が博物館になっています。建築が見えないのが収蔵庫のようで面白いです。まるで墳墓のなかに入っていくようです。

この小山のように思っていたところは、もともとの地形なのでしょうか?平等院が建立されたとき、この地形はどうだったのでしょうか?何も知らないことに気がつきます。

posted by KAZZ Satoh at 10:04| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月23日

まちのたね 019406 宇治へ-6

A 190501 出石、豊岡、「京都」 (91).jpg

「宇治の街」

平等院周辺は、かつての風情に満ちています。しかしながら生活もされているので、現代の風味が見かけられます。面白いです。伝統は常に「今」を表現しています。



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (96).jpg

「辻利」

抹茶系の飲食物でおなじみの「辻利」です。宇治ですね。時間がなかったので、入りませんでした。



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (131).jpg

「平等院」

藤です。宇治で辻利を見た後に藤です。何気に韻を踏んでいます。平等院の中に入りました。令和元年になったばかりの5月1日のことです。
posted by KAZZ Satoh at 14:09| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

まちのたね 019402 宇治へ-5

A 190501 出石、豊岡、「京都」 (73).jpg

「山中」

京都へ向かう風景は山の中の街並みが時折現れます。川と道路と集落の配置などを眺めます。



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (77).jpg

「スタジアム」

亀岡でしたか、駅の近くにサッカーができるスタジアムが建設されていました。来年の京都サンガのホームになるのでしょうか。新しいスタジアムが各地にできています。スタジアムを観に行くツアーが生まれそうです。。。。それよりもサッカーですね。観るのは。



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (85).jpg

「京都駅にて」

京都駅の端っこな場所に着いたような気がしましたが、そもそも京都駅のホーム構成ことが分かっていません。



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (86).jpg

「先端」

写真映えするなあ、と思いました。世界に自慢できるもののひとつなのかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 12:58| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

まちのたね 019399 宇治へ-4

A 190501 出石、豊岡、「京都」 (58).jpg

「格子に暖簾」

このような設えが凄いです。写真に撮ってしまいます。



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (61).jpg

「クジラ」

なぜ?



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (62).jpg

「カメ」

なぜ?



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (63).jpg

「ドット」

よくみたら「桐花」です。花びらの数でどうのこうのとあったような気がしますが、老眼もあるせいで、よく分かりません。わかったからどうだというものでもありませんが。

いずれにしても、このような列車に乗れたことは有難きご褒美だと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 13:32| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

まちのたね 019397 宇治へ-3

A 190501 出石、豊岡、「京都」 (45).jpg

「車内で」

植村直己冒険館で購入した本を電車の中で読みました。黒田征太郎が関わっています。とてもいい本だと思います。個人的には、植村直己に元気をもらうというよりは、黒田征太郎にもらいました。



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (48).jpg

「遺構」

京都から豊岡に向かう時に見つけましたので、豊岡から京都に向かうときに写真に撮りました。今後、どのようになるのでしょうか?残されるのか?建て替えられるのか?個人的には、文化施設として生まれ変わることを期待します。誰が使うのかはともかく、、、



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (55).jpg

「素敵な列車」

豊岡から京都へ向かう途中で、列車を乗り換えました。丹後方面から京都へ向かう列車に乗り換えです。それまでの列車は、記憶に間違いがなければ大阪に向かうものでした。乗り換えの駅は、どこだったか、、、



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (56).jpg

「おどろきの」

九州を走る豪華列車はテレビで見たことがあります。この列車は、普通の特急列車です。特別料金はいりません。不思議ですが、なんだか楽しくなりました。



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (57).jpg

「二度と乗らないかも」

おそらく、二度と乗らないだろうと思いました。なので、たくさん写真を撮りました。

続きます。
posted by KAZZ Satoh at 10:00| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

まちのたね 019395 宇治へ-2

A 190501 出石、豊岡、「京都」 (24).jpg

「豊岡から京都へ」

豊岡へのアクセスは、時間がかかるとはいえ多様です。京都にも、大阪にも、神戸にも行けます。要所であることを理解します。



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (25).jpg

「さりげなく玄武岩」

やるな、豊岡。と、思いました。



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (35).jpg

「黒田征太郎」

植村直己冒険館にかかる展示です。素晴らしいと思います。地元の人には見慣れた景色かもしれませんが、来街者にとっては大切な紹介だと思います。



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (40).jpg

「地方駅」

こういう風情は、大事だと思います。都会の駅は都会すぎて面白くなくなっているようなきがしていたのですが、それは「旅情」の雰囲気が見えなくなっているからでしょうか。「旅」というよりは「仕事」です。

posted by KAZZ Satoh at 10:48| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

まちのたね 019392 宇治へ

A 190501 出石、豊岡、「京都」 (4).jpg

「令和元年の朝」

2019年5月1日の朝、豊岡の様子です。



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (10).jpg

「新聞」

即位即位即位即位、、、とあります。それはそうですね。



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (13).jpg

「平然と」

ウーパールーパーに変りなし。と思いました。



A 190501 出石、豊岡、「京都」 (14).jpg

「豊岡と言えば」

コウノトリだそうです。個人的にはコウノトリと聞くと「コウノトリ立ちすさんで」でしたか。テオ・アンゲロプロスの映画を思い出します。それと、野田市です。
posted by KAZZ Satoh at 18:39| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

まちのたね 019389 豊岡エリア-14

A 190430 出石、「豊岡」、京都 (241).jpg

「夜の風景」

豊岡の街を、歩きました。食事をしたところからホテルまで。何枚か写真を撮りましたが、印象に残ったところだけをあげます。古い街であることを知ります。しかし、いろいろと残念に思います。それは、人が少ないことから起きていることを知ります。人がいるだけで、勝手に街は元気になることを、改めて思いました。



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (247).jpg

「ふれあい公設市場:

自分は「公設市場」というものが分かっていないと分かりました。「公設」で設置した理由が、今はどうあるべきなのか?しっかりと考えなければならないのでしょう。「これまでのものを、とりあえず残しておく」という感覚は、もう通用しなくなっていると思いますが、これまで街を引っ張ってきた人たちは「自分の人生の幕引き」と重ね合わせて発言されることなく次に進む考えが満ちていくことを期待します。
 そうでないと、街を引っ張ってきた人たちとともに沈没します。



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (256).jpg

「ビジネスイン」

豊岡の街には、ビジネスホテルが幾つかあります。しかし、メジャー系のホテルは幾つかあったでしょうか?ないほうが面白いのだろうと、勝手なことを思います。

posted by KAZZ Satoh at 10:06| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

まちのたね 019386 豊岡エリア-13

A 190430 出石、「豊岡」、京都 (226).jpg

「勧められて」

豊岡の観光グッズショップで夕飯の美味しい店を紹介してもらいました。そのうちのひとつにお邪魔しました。驚きでした。



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (228).jpg

「お通し」

これがお通しです。驚きました。「ッパねえ」という言葉を思い出しました。



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (230).jpg

「しゃぶしゃぶ」

二人分です。そんなに!というヴォリュームです。そして、とても美味しい。これが驚きです。とても美味しい。



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (231).jpg

「刺身まで!」

日本海まで僅かの距離間であることを改めて思い知りました。豊岡の街は、グルメの街でイケる。隠れ家というよりは、びっくり食堂街です。自分にとって。たぶん、地元の人々は「当たり前」に思っているのでしょう。安くて美味しくて大宴会ができる街、という売込みができるのではないかと思いました。



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (232).jpg

「最後に!」

なんですか!このご飯の量は!という太巻きです。米が旨い!東京の有楽町にある豊岡市のアンテナショップで米を売っている理由が分かりました。参りました。若い時にきていれば完食できたでしょうが、もうダメです。すみません。



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (234).jpg

「屏風」

坊主が屏風に上手に坊主の絵を描いた。だったか、、、、そんな気分です。ありがとうございました。このお店で食事ができたことで、また来てみたい場所になりました。
posted by KAZZ Satoh at 14:36| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

まちのたね 019383 豊岡エリア-12

A 190430 出石、「豊岡」、京都 (211).jpg

「カバンストリートだから」

カバンの自販機です。緑色のほう。
赤色は、取っ手付きの自販機です。
面白いのに、なんか地味です。



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (216).jpg

「出てきたもの」

ワンカップな感じが好きです。中身は、お土産として好評でした。
いいものなのに、、、



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (217).jpg

「取っ手?」

カバンストリートのストリートファニチュアです。背もたれが取っ手です。素晴らしい。



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (218).jpg

「これも?」

これは笑いました。郵便ポストです。取っ手付きです。
カバンストリートだけがカバン仕様なのは、残念なのかもしれません。
それこそ、JRの駅舎から、他の通りすべてが「カバン」になるくらいの勢いがあってもいいのではないかと思いました。
もしくは、植村直己です。植村さんは、あっちのほうだから、とか思っている場合ではないと思いました。

来年度から演劇大学ができると聞きました。そうであれば、平田オリザです。街なかすべて平田オリザのお面で満たされるくらいの勢いを「期待します。
勝手なことを言ってすみません。


posted by KAZZ Satoh at 13:14| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

まちのたね 019379 豊岡エリア-11

A 190430 出石、「豊岡」、京都 (195).jpg

「公共空間の整備」

仕事柄でしょうか。公共空間に、つまりは道路空間に都市施設が構築されている街を見ると、その街のポテンシャルを思います。



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (196).jpg

「護岸整備」

豊岡の街なかを流れる小さな河川の護岸は親水空間として整備されています。先の写真は公共トイレですが、その近くに親水公園があります。いつ整備されたのでしょうか。いずれにせよ、このような整備がなされるだけの位置づけにある街なのだと理解しました。



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (200).jpg

「カバンストリートのファニチュア」

豊岡と言えばカバンストリートとのことですが、それを思わせるファニチュアが見られました。このような設えは、どこでもできるものではありません。頑張っていると思いました。



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (202).jpg

「六角形」

イスが六角形ですが、これは玄武岩です。先ほど本物を見てきましたので、すぐに連想できました。本物を期待してはいけないでしょうか?



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (203).jpg

「豊岡鞄」

豊岡といえば鞄。ですからカバンストリートです。そして、かばん屋さんが多くあります。当たり前ですが、鞄の街です。工場が幾つもあります。そして、続きます。
posted by KAZZ Satoh at 16:51| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

まちのたね 019377 豊岡エリア-10

A 190430 出石、「豊岡」、京都 (169).jpg

「豊岡の街」

観光ガイドなどを見ると「カバンストリート」が協調されていますが、それだけの街ではないことに気がつきました。それは、朝、出石から豊岡に来る路線バスからの景色で。



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (170).jpg

「明治以降の街並み」

このような建物を見ると、要所のひとつだったことを理解します。交通の便がよいところなのでしょう。



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (177).jpg

「コバス」

全国各地で見かけます。小さなバスです。小回りが利きそうです。バスは、このようなものでも十分なのではないかと思います。自動運転の時代になれば、バスはどのようになるのでしょうか。



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (187).jpg

「ホテルになったところ」

豊岡を象徴する場所のようです。観光ガイドでは、銀行でしたか、リノベーションしてホテルとレストランと紹介されています。客室数が少ないので、一杯でした。残念でした。



A 190430 出石、「豊岡」、京都 (188).jpg

「銭湯」

文化としての銭湯は、どこも難しそうです。なくなっていくことも文化の現象なのでしょう。
posted by KAZZ Satoh at 14:08| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする