2018年01月17日

まちのたね 018022 青山界隈C

A170415 青山〜表参道へ (38).JPG

「この方は」

岡本太郎という方は、おそらくとても魅力的な方なのだろうと思います。テレビなどをメディアを通してではなく、ご本人に直接会うと虜になってしまうのではないかと思いました。付き合いたいかどうかは、別の話かもしれませんが。



A170415 青山〜表参道へ (46).JPG

「叩くことができる喜び」

これが何なのか?考えても答えがでるものではありません。答えをひねり出すものでもありません。それよりも叩いて、感じることで充分だと思います。



A170415 青山〜表参道へ (54).JPG

「乗り出す」

二階のバルコニーから何かが乗り出しています。



A170415 青山〜表参道へ (57).JPG

「恐竜のようなシルエット」

太陽の塔に新しいイメージが付加されています。驚きです。パロディではありません。定着することを拒んでいるのでしょうか。
posted by KAZZ Satoh at 11:11| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

まちのたね 018022 青山界隈B

A170415 青山〜表参道へ (22).JPG

「岡本太郎」

住まいとアトリエが記念館になっています。一般公開されているので、建築を堪能することができます。ありがたいことです。名建築と誉れ高いのですが、訪れたのは初めてでした。山田守自邸の後にここを訪れたのは良かったと思っています。



A170415 青山〜表参道へ (25).JPG

「近代建築のもう一つの考え」

山田守自邸のデザインはバウハウスなどの近代建築を思わせるものだと思いましたが、こちらはル・コルビュジエが提唱した「機械」的な考えが見られます。「ユニット」の増殖で建築が構築される考えです。1920年代は産業の在り方が大きく変わった時代でもありました。その感覚を建築にも取り込む思想と理解できます。

思想の理解はともかく、この建築が心地よいと思ったのは、結局、プロポーションがよいのだろうという結論です。寸法の押さえ方が上手いのでしょう。



A170415 青山〜表参道へ (37).JPG

「階段の取り扱い方」

階段周りをゆったりと設えることができるだけで建築が素晴らしいものに思えてきます。近代建築がそれまでの様式と異なるのは、階段のデザインを権威的に設えないところにあるのかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 10:41| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

まちのたね 018020 青山界隈A

A170415 青山〜表参道へ (16).JPG

「福井県アンテナショップ」

都道府県のアンテナショップは有楽町界隈に多く存在しますが、青山界隈に福井県のショップがありました。確か有楽町にもあったと思いましたが、ここにある理由が知りたくなりました。



A170415 青山〜表参道へ (17).JPG

「テナントミックス・ビル」

福井の物産を楽しみながら、施設の造りに関心を寄せていました。中庭的なスペースに面して幾つかのテナントが面する構成です。容積率を使いこなす発想ではありません。このような造りが、これからの時代はよいのではないかと思います。



A170415 青山〜表参道へ (19).JPG

「恐竜」

敷地入口あたりのモニュメントです。福井と言えば、恐竜です。越前ガニや永平寺などともに名物のひとつです。



A170415 青山〜表参道へ (20).JPG

「更地」

ブルーシートが敷き詰められ、等間隔に重しの石が置かれています。クリストか?と、一瞬思いました。
posted by KAZZ Satoh at 09:08| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

まちのたね 018019 青山界隈@

A170415 青山〜表参道へ (1).JPG

「山田守自邸公開」

昨年の4月のことでした。建築士会関係の情報だったと思いますが、公開されるというので出かけました。都心のど真ん中にあります。当時は、ど真ん中気分だったのか。とにかく、そんな場所に都心のど真ん中とは思えないような佇まいでした。



A170415 青山〜表参道へ (4).JPG

「近代建築全盛」

フランク・ロイド・ライトやヴァルター・グロピウスなどの名前が浮かんでくるような建築です。山田守は京都タワーや武道館を設計されました。他にも土木技師としても活躍されたように記憶しましたが、あやふやです。

近代建築を真っ向から取り入れた建築は、清々しく思います。それでいながら日本での生活様式を捨てていないところに注目しなければなりません。「器」は近代建築かもしれませんが、「精神」は日本的なのだろうと思いました。庭の見せ方、和室の設え方。正座した視点からの眺望などなど。

イス座の生活を主とする現代日本の生活は、根本的なことが変わってきているのだろうと思います。かつてのバリバリの近代建築のほうが、じつは和風なのだろうと思いました。日本においては。


A170415 青山〜表参道へ (14).JPG

「そして隣へ」

山田守邸の道を挟んだ向かいは青山学院です。キャンパス内には、学校が100年以上存続していることを示す建築が残っています。山田守邸にしても大学の校舎にしても、もしかすると「歴史性」を顕在化するのは、もはや建築のみかもしれないという気がしてきます。

都市基盤は、実は時代に合わせて容易に変化します。前回の東京オリンピックのときには、苦肉の策で川の上に高速道路を通しました。「記憶の継承」というものを、近現代の基盤整備(土木)は、どのように考えてきたのでしょうか。などと思ってしまいました。
posted by KAZZ Satoh at 09:43| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

まちのたね 018018 神戸「三日目」I

A170402 家族旅行B@神戸 (212).JPG

「三宮ワンダー」

道路の上をまたぐように広場スペースがあります。これは凄いことです。再開発がなされるときは、このラビリンスはどうなるのでしょうか?個人的には、ぜひとも保持してほしいと思います。



A170402 家族旅行B@神戸 (215).JPG

「フォリーを通って」

本当に凄いと思います。現状をくまなく調査したいと思ってしまいます。



A170402 家族旅行B@神戸 (217).JPG

「これも現実」

2階3階は使われていないところが少なくないようです。何が原因なのか。気になるところです。建築のヴォリュームが現代の需要と合わなくなってきているのでしょうか。



A170402 家族旅行B@神戸 (222).JPG

「ゲート性」

アーケードの出入り口は、ゲート性が演出されます。ぼくは好きです。商業エリアに入っていくのだと気持ちになります。商業エリアは、テーマパークなのだと思わせる装置です。



A170402 家族旅行B@神戸 (223).JPG

「地下鉄の階段」

4月の初めでした。昨年の。神戸市あげての応援の雰囲気が素敵です。神戸市の地下鉄だからできるのかもしれませんが、このような露出が増えることで街へのアイデンティティが育まれると思います。柏も、ぜひともお願いしたい。



A170402 家族旅行B@神戸 (224).JPG

「活躍を期待したが、、、」

昨年は辛いシーズンだったでしょう。結局、この人のケガが神戸の成績を不安定なものにしたのかもしれません。ドイツから大物を引き入れたにせよ、チームに馴染むには時間がかかります。ネルシーニョ監督が解任されましたが、不運だったと思います。サッカーにはつきものといえ、この現実を乗り越えて行かなければなりません。対岸の火事を笑っている訳にはいきません。

posted by KAZZ Satoh at 11:01| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

まちのたね 018016 神戸「三日目」H

A170402 家族旅行B@神戸 (181).JPG

「道を使う」

行政能力の高低を測るのに、道路空間の利活用の有様を評価軸に用いるのはアリだと思いました。



A170402 家族旅行B@神戸 (196).JPG

「三宮ラビリンス」

昨晩に通過したときに驚きましたが、最終日になってじっくりと堪能しました。空中を横切る歩廊があります。これは凄いことです。しかも階段がついています。理解できませんでした。最初は。



A170402 家族旅行B@神戸 (198).JPG

「大画面」

日本ではないような気がしてきました。



A170402 家族旅行B@神戸 (203).JPG

「空中庭園」

アーケードのなかに存在します。阪神淡路大震災のときは無事だったのでしょうか?



A170402 家族旅行B@神戸 (205).JPG

「何かが見える!」

空中庭園から反対側を見ていたら、なにやらフォリー(あずまや)のようなものが目に飛び込んできました。行ってみましょう。



A170402 家族旅行B@神戸 (208).JPG

「ディスプレイ」

アーケードの空中歩廊が展示場となっています。商品の中を潜り抜けて向こうに行きます。これは楽しいです。神戸の真の魅力は三宮アーケードが出来上がってしまう気質にあるのではないでしょうか。
posted by KAZZ Satoh at 13:57| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

まちのたね 018015 神戸「三日目」G

A170402 家族旅行B@神戸 (157).JPG

「再び元町」

昼間の元町を訪れました。昨晩との違いを感じます。門をくぐる前から。



A170402 家族旅行B@神戸 (162).JPG

「大にぎわい」

なぜ、これほどに人がいるのでしょうか。総数の話ではなく密度の話だと理解していますが、それでも人が多い。中華街=活気、とイメージが刷り込まれます。またしても。



A170402 家族旅行B@神戸 (164).JPG

「噂のコロッケ屋」

観光ガイドブック「るるぶ」にも紹介されていました。あれ、「まっぷる」だったかもしれません。コロッケ屋というか肉屋ですが、安藤忠雄事務所が設計したようです。



A170402 家族旅行B@神戸 (165).JPG

「なるほど」

建築は四方から眺めないとなりません。この建築は安藤事務所かもしれないと思いました。店舗のヴォリュームとしては1階分で充分です。しかs、それでは周囲の景観と合いません。それで2階部分にパネルを付加しています。そうすることで元町の景観ヴォリュームを整えているだと理解しました。



A170402 家族旅行B@神戸 (170).JPG

「門」

「復光」とあります。「復興」を思わせながらも「光」とすることで希望が見えてくるような気がしました。



A170402 家族旅行B@神戸 (172).JPG

「自動販売機」

なかなかです。漢字のパワーを感じます。
posted by KAZZ Satoh at 10:19| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

まちのたね 018012 神戸「三日目」F

A170402 家族旅行B@神戸 (128).JPG

「カモメビル」

ビルの名前がカモメビルです。外壁にレリーフであります。古い建物です。再活用されて商業施設になっています。以前は何だったのでしょうか。



A170402 家族旅行B@神戸 (132).JPG

「見事なモザイク」

驚きです。階段がモザイクタイルです。きっとモダンな建て主だったのでしょう。建物に入ってよかったです。



A170402 家族旅行B@神戸 (138).JPG

「壁面から」

何かが流れています。最初に気がついたのは、そのことでした。絵が描かれていることに気がついたのは、その後でした。このような街並みは楽しいです。



A170402 家族旅行B@神戸 (150).JPG

「新しいのか古いのか」

階段周りのデザインは新しいと思いましたし、平面構成もあたらしいのではないかと思いました。しかし、ビルそのものは新築とは思えませんでした。周囲の影響でしょうか。そのように思ってしまうのは。



A170402 家族旅行B@神戸 (151).JPG

「外観」

リニューアルした建物ではないかと、今でも思っています。それはともかく、このビルの在り方は、参考になりました。各階の平面構成は、いわばガランドウでした。
posted by KAZZ Satoh at 13:42| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

まちのたね 018010 神戸「三日目」E

A170402 家族旅行B@神戸 (118).JPG

「ウラ的」

三宮や元町と海岸通りの間に走る道界隈の様子です。三宮アーケードや湾岸のどちらからも「ウラ」的な場所なのでしょうか。面白いことになっていました。



A170402 家族旅行B@神戸 (124).JPG

「古いビルが並ぶ」

古いビルに新しいお店が入っています。そして若者が通り過ぎます。神戸の街の底力でしょうか。



A170402 家族旅行B@神戸 (126).JPG

「看板たち」

このような光景は柏でもお目にかかりますが、数が多いですね。作品が並んでいるように見えます。「手作り」というキーワードは、普遍的なものかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 10:22| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月06日

まちのたね 018009 神戸「三日目」D

A170402 家族旅行B@神戸 (103).JPG

「湾岸通り的な」

海に面した大通り沿いに立つ歴史的建造物です。この界隈は歴史的建造物ですが現代の店舗になっているビルがいくつかあります。これも観光のひとつです。



A170402 家族旅行B@神戸 (104).JPG

「このビルも」

面白いものです。家賃は幾らでしょうか?



A170402 家族旅行B@神戸 (107).JPG

「すごい階段」

とても立派です。かつては、何に使われていたのか?



A170402 家族旅行B@神戸 (108).JPG

「さらに上がると」

階段周りの象徴性が分かりやすくデザインされています。結局、オフィスビルの目玉スペースはエントランスから階段にかけての動線です。来客に訴えかけられる場所であることを改めて理解します。



A170402 家族旅行B@神戸 (112).JPG

「そして佇む」

時間を持て余すと。このようになります。
posted by KAZZ Satoh at 11:56| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月05日

まちのたね 018007 神戸「三日目」C

A170402 家族旅行B@神戸 (71).JPG

「煉瓦倉庫」

ここにも煉瓦倉庫がありました。こういう建物の再活用は絶対必要だと思います。



A170402 家族旅行B@神戸 (72).JPG

「港的風景」

海辺を整えることも大切です。海と川辺は油断すると荒れてしまいます。もっとも気を配るべきは周縁だと思っています。中心は放っていてもなんとか整います。周縁に気を配れるかどうかが、街の寿命に関わると思っています。



A170402 家族旅行B@神戸 (82).JPG

「K-WAVE」

煉瓦倉庫にライブスペースがありました。ここは、アカペラグループのパーマネントフィッシュの拠点のひとつです。この日の夕方に出演するようでしたが、神戸滞在の最終日でしたので諦めました。



A170402 家族旅行B@神戸 (87).JPG

「遅めの昼食を」

なんだかんだと煉瓦倉庫も混んでいました。少し待って、昼食です。雰囲気が良いところでの食事はリッチな気分になります。



A170402 家族旅行B@神戸 (92).JPG

「こんな写真も」

誰が撮っても様になります。カメラが勝手にピンボケを演出しました。



A170402 家族旅行B@神戸 (94).JPG

「プレート」

女性が好みそうなことは明らかです。しかし、それは男性にとっても健康な食べ物です。量を嘆く若者は多いかもしれませんが、そういう年齢ではありませんのでOKです。
posted by KAZZ Satoh at 10:17| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月04日

まちのたね 018005 神戸「三日目」B

A170402 家族旅行B@神戸 (48).JPG

「駅の広告」

ポートライナーの駅構内の広告です。壁一面の大判は素敵です。まるで建築の一部であるかのようです。他の公共交通も、このくらい大胆にやってくれてもいいのに、と思いました。



A170402 家族旅行B@神戸 (53).JPG

「そして、ハーバーランドへ」

いまにして思えば、神戸のあちこちを網羅する旅行でした。ハーバーランドへも向かったのですから。



A170402 家族旅行B@神戸 (54).JPG

「モニュメント」

キリンのモニュメントですが、目を引きます。なかなかに素敵そうなエリアです。賑わいにも溢れていました。



A170402 家族旅行B@神戸 (58).JPG

「エルビス」

エルビス・プレスリーの銅像の前で歌っている人たちがいました。分かりやすいシチュエーションです。説明がしやすいです。柏で銅像を作るとしたら、、、爆風スランプでしょうか。ナオト・インティライミでしょうか。サムシング・エルスでしょうか、、、



A170402 家族旅行B@神戸 (59).JPG

「跳ね上げ橋」

小さい橋です。港エリアの一コマですが、このようなものが傍にあるような設えが羨ましいです。本来は港湾作業の施設ですので、部外者は見られるものではなかったと思います。時代が変わり、このエリアが商業の場所になったことで、風景のひとつとなりました。
posted by KAZZ Satoh at 14:11| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

まちのたね 018003 神戸「三日目」A

A170402 家族旅行B@神戸 (24).JPG

「見上げれば」

UCCのコーヒーミュージアムでしたか、博物館でしたか、館内を見上げるとアラベスクでした。これを見たとき、来てよかったと思いました。



A170402 家族旅行B@神戸 (25).JPG

「タペストリー」

これも興味を惹きました。コーヒーの発祥はエチオピアと聞きますが、日本には欧米を通じて輸入されました。多文化世界にコーヒーが存在することを示しているのでしょうか。



A170402 家族旅行B@神戸 (30).JPG

「なんとなく好き」

このような解説模型が好きです。立体で表現されると嬉しくなります。



A170402 家族旅行B@神戸 (32).JPG

「麻袋」

若いときは憧れました。流行だったでしょうが、質感は今でも惹かれます。それが、こんなに並んでいるので楽しくなりました。



A170402 家族旅行B@神戸 (34).JPG

「既視感」

豆を炒る機械です、どこかで見たような気がします。あ、高松伸のドローイングです。



A170402 家族旅行B@神戸 (43).JPG

「椅子が豆」

このくらいはやってほしいものです。ちゃんとありましたので安心しました。
posted by KAZZ Satoh at 10:03| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

まちのたね 018001 神戸「三日目」1

A170402 家族旅行B@神戸 (7).JPG

「ポートアイランドへ」

モノレールに乗りました。行先は長男の要望です。



A170402 家族旅行B@神戸 (8).JPG

「海を」

この旅行では海を何度か見ることができました。瀬戸内海の海です。ピンときませんが。



A170402 家族旅行B@神戸 (18).JPG

「お目当ての施設」

目的地がモノレールからも見えました。UCCの博物館です。



A170402 家族旅行B@神戸 (19).JPG

「ちょっと早かったので」

時間つぶしに周辺を歩きました。計画されたプロムナードです。埋立地の。意外と心地よいものでした。



A170402 家族旅行B@神戸 (21).JPG

「緑の」

緑のパンダをどれでも全部、、、と、ずさみました。
posted by KAZZ Satoh at 18:08| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

まちのたね 017410 神戸「二日目」R

A17401 家族旅行A@神戸 (363).JPG

「ファミリア」

どうやら、ここが本店のようです。三宮アーケードの中にあります。「べっぴんさん」のドラマでは小さな商店街で店が始まったように描かれていましたが、当時の三宮はどのようだったのでしょうか。



A17401 家族旅行A@神戸 (366).JPG

「ホテルの窓から」

朝、見た景色です。夜も見ました。長い一日が終わりました。神戸は、あと一日です。
posted by KAZZ Satoh at 13:25| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

まちのたね 017407 神戸「二日目」Q

A17401 家族旅行A@神戸 (352).JPG

「見せること」

よいものでも見せ方を覚えていないと伝わりません。ライトアップは、観光客のためにばかりあるものではないように思います。むしろ神戸市民に向けてのメッセージなのだろうと思います。



A17401 家族旅行A@神戸 (356).JPG

「チャイナタウン」

元町あたりですが、神戸の街の面白いところは、それぞれのスポットがこじんまりとしながら隣り合わせにあることです。通り一本違えると、いきなり真っ赤な世界です。



A17401 家族旅行A@神戸 (357).JPG

「異国な雰囲気」

異文化が混在することは大切なことだと思います。排除の思想ではなく、寛容の思想が育つのではないでしょうか。もちろん、裏腹な部分はあるでしょうけど。



A17401 家族旅行A@神戸 (360).JPG

「広場」

なぜ、日本には広場が発達しなかったのでしょうか。なぜ、大陸は広場が発達したのでしょうか。日本は都市国家の文化ではないからでしょう。だからサッカーも感覚が異なるのでしょう。それを武器にするしかないのでしょう。



A17401 家族旅行A@神戸 (361).JPG

「公衆電話ボックス」

絶滅危惧種的な施設ですが、なくなっては困ります。それも真っ赤です。
posted by KAZZ Satoh at 10:21| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

まちのたね 017405 神戸「二日目」P

A17401 家族旅行A@神戸 (331).JPG

「メリケンパークへ」

メリケンパークへ歩いていったのですが、パークエリアに辿り着く直前に祠を見つけました。地蔵尊でした。ハイカラな土地柄に存在感があります。



A17401 家族旅行A@神戸 (332).JPG

「ビッグフィッシュ」

フランク・O・ゲーリーによるものです。この巨大オブジェは具象的です。これもハイカラではないような気がします。むしろ、ゲニウス・ロキを呼び寄せるための仕掛けなのではないかと感じます。



A17401 家族旅行A@神戸 (334).JPG

「この変な建物」

巨大な魚の脇に目立たないような建築がありますが、これは変です。夜に訪れたので内部を確かめられなかったのが残念です。



A17401 家族旅行A@神戸 (345).JPG

「光と影」

この夜景を見たときから、光に隠されたものが気になりました。それが何かを分からないままに写真を撮りました。



A17401 家族旅行A@神戸 (349).JPG

「背後には」

ポートタワーを眺めた後に振り返りました。そこで見えたものを写真に撮りました。近づいてみました。



A17401 家族旅行A@神戸 (350).JPG

「遺構」

阪神大震災の被害状況をそのままに残されています。これを忘れてはなりません。神戸では隠したいだろうものにも光を当てています。
posted by KAZZ Satoh at 16:01| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

まちのたね 017402 神戸「二日目」O

A17401 家族旅行A@神戸 (324).JPG

「伝統」

歴史的建造物を残すだけでなく、現役で使うことで「伝統」が育まれると思いました。ここは、観光ガイドブックなどでも著名なカフェです。オトナな世界です。



A17401 家族旅行A@神戸 (326).JPG

「歴史的遺構」

「遺構」という言葉で「歴史的」なものであることを著わしているので、上手くない小見出しだとは思いますが、「強調」ということでご了解願います。これは下水管です。このようなものを街なかに「見せる」ことは大事なことです。



A17401 家族旅行A@神戸 (328).JPG

「ライトアップ」

歴史的建造物のライトアップは全国各地で行われているので、いまでは当たり前の風景のように思ってしまいます。しかし、コストのことを思うと、やらなくてもいいものです。それを敢えて行うところに街の気分が醸し出されます。ありがとうございます。



A17401 家族旅行A@神戸 (329).JPG

「現代建築も」

素敵にライトアップされていました。このいうのが好きです。



A17401 家族旅行A@神戸 (330).JPG

「見せるところと」

頂部にライトを当てないのは、なにか理由があるのでしょうか?気になって写真を撮りました。
posted by KAZZ Satoh at 10:18| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

まちのたね 017399 神戸「二日目」⓯

A17401 家族旅行A@神戸 (298).JPG

「すごいアーケード」

三宮のアーケードです。ブリッジがあります。しかも、両者のレベルの違いを階段で解決しています。「二日目」は通り過ぎただけなので、このときは三宮のことはよく分かっていません。



A17401 家族旅行A@神戸 (300).JPG

「街と神社」

生田神社の鳥居が街なかにどどーんとありました。参道なのでしょう。他の場所ですと、鳥居で繋がれる賛同エリアは神社界隈の風情が見えてくるものですが、ここでは逆転しています。生田神社までの距離があることも、「独立鳥居」的な様相になっています。トマソン的に思いました。



A17401 家族旅行A@神戸 (301).JPG

「大丸」

巨大なヴォリュームと思いました。日本のスケール感ではないように感じました。悪いとは思いません。感心しました。



A17401 家族旅行A@神戸 (304).JPG

「回廊」

このような空間をカタカナでなんと呼ぶのでしょう。ここでは、なんと呼ばれているのでしょう。確かめるのを忘れていることに気がつきました。



A17401 家族旅行A@神戸 (317).JPG

「元町」

街区の特徴を示すものは多様にあります。建物の連なりから生まれる「街並み」が思いつきますが、アーケードや、ここに見られるようなゲートもそのひとつです。これがあるから「元町」と思うのでしょう。大事です。
posted by KAZZ Satoh at 09:30| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

まちのたね 017398 神戸「二日目」M

A17401 家族旅行A@神戸 (286).JPG

「包丁塚」

生田神社の脇にありました。ちょっとかっこいいので目に留まりました。どなたがデザインされたのでしょうか。



A17401 家族旅行A@神戸 (287).JPG

「神社内神社」

神社にはいくつかの神様が祀られていることが多くあります。生田神社にもお稲荷さんがありました。そして、その脇には「いかにも」な建築があります。もしかして、包丁塚も含めての整備でしょうか。



A17401 家族旅行A@神戸 (288).JPG

「鳥居体験」

幾つものの鳥居を潜りながら向かう空間体験は、独特なものです。日本の宗教は寛容なので、異教徒であろうと潜るのは自由です。このあたりまでは。



A17401 家族旅行A@神戸 (289).JPG

「お参り後のルート」

お稲荷さんをお参りした後のルートは、コンクリートの斜め壁に沿って進みます。この道を通る人になにがしかの思いが芽生えるでしょう。



A17401 家族旅行A@神戸 (291).JPG

「そして下界へ」

生田神社の脇から出ていくと、このような建物がありました。いきなり下界におりてきてしまったような気持ちです。目が覚めました。
posted by KAZZ Satoh at 15:04| Comment(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする