2017年06月19日

まちのたね 017168 盛岡❷川沿い

A161028 盛岡、紫波 (111).JPG

「街なかに川」

盛岡の街は川に沿っています。北上川が有名ですが、城下と町人町を分けているのは中津川です。写真にあるのは中津川沿いの風景です。緑に覆われすぎている建物です。カフェです。

北上川は大きな川なので、街を隔てるには治水が大変だったのだろと思いました。中津川のほうがコントロールしやすいのだろうと感じました。



A161028 盛岡、紫波 (106).JPG

「橋詰に銀行」

よくよく考えれば面白いものです。川沿いに立派な銀行があります。明治に建てられたものです。今は銀行の博物館施設になっています。

盛岡の都市の歴史を何もわかっていないことに気がつきます。なぜ、中津川沿いに銀行があるのか?しかも、こんなにも川に迫った場所に。もう少し川から離れていてもよいのではないか?などと思います。歩いているときには気がつきませんでした。そういうところが甘いのでしょう。
posted by KAZZ Satoh at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

まちのたね 017167 盛岡❶古い町並み

A161028 盛岡、紫波 (100).JPG

「消防団」

盛岡は古い街なので、このような建物が今でもチラホラ残っています。古いっていっても明治以降のものです。
しかし、近代を感じさせる建物のほうが希少になるような気がしますので、頑張って残してほしいです。



A161028 盛岡、紫波 (101).JPG

「これも古い」

大きな商家です。通りに沿って建物があります。建物の裏は川です。敷地が細長いということでしょうが、一軒で街並をつくっています。これは、凄いことです。



A161028 盛岡、紫波 (102).JPG

「お店は」

荒物屋とでもいうのが似合っているのでしょうか。この業態のまま続くといいなあと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

まちのたね 017166 紫波町❻オガールC

A161028 盛岡、紫波 (49).JPG

「看板」

「紫波マルシェ」と書かれています。10回くらい発語しているうちに「しあわせ」と言ってしまうような気がしました。



A161028 盛岡、紫波 (51).JPG

「おおらかな空間」

おおらかでよいです。外もおおらかですが、中もおおらかです。気持ちがよいです。



A161028 盛岡、紫波 (53).JPG

「あずまや」

別の言葉が似合いそうです。でも、フォリーとかではなく、使われ方がイメージできるような言葉を探したいと思いました。けど、探すのを忘れていました。



A161028 盛岡、紫波 (57).JPG

「カフェ」

食事をしました。少し遅めの昼食だったように覚えています。ワインを飲んだような記憶があります。コーヒーも頂きました。なんだか、わったりとしてしまいました。もとい、まったりとしてしまいました。



A161028 盛岡、紫波 (74).JPG

「いつかは泊まってみよう」

そのように思いました。一人で泊まったら、黄昏てしまうかもしれませんが。

そのときはそのときです。
posted by KAZZ Satoh at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

まちのたね 017164 紫波町❺オガールB

A161028 盛岡、紫波 (42).JPG

「町役場」

大したものだなあと思ったのは、役場をこの計画に引き入れていることです。おのずとここが町の中心にならなければなりません。これが本当の都市計画だと思います。



A161028 盛岡、紫波 (43).JPG

「なくてはならないもの」

雨と雪が多い地方には必要です。外部空間と内部空間を繋ぐ役目をするエリアです。実は、晴天続きの地方にも必要です。日よけになります。

このようなエリアを「柔らかい装置」と呼びたいと思っています。そのように呼んでいる人は少なくないと思います。



A161028 盛岡、紫波 (46).JPG

「人工芝」

商業と公共の複合施設。体育館と宿泊の複合施設。役場。それを繋ぐ豊かな外部空間。そして、人工芝のグラウンドです。県内各地からサッカーをやりにくることでしょう。雨や多少の雪でもプレーできることが魅力です。

「計画」段階の勝利だと思います。これ段階がグダグダなことが多いような気がします。
posted by KAZZ Satoh at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

まちのたね 017158 紫波町❹オガールA

A161028 盛岡、紫波 (36).JPG

「雪国仕様」

この通路は大切です。訪れたときは10月末でしたので、恩恵を感じませんでした。しかし、真冬になれば分かります。雪を避けて歩けることは有り難いことです。



A161028 盛岡、紫波 (40).JPG

「向かいの建物」

体育館だったと記憶しています。
バレーボール専用と聞いた記憶があります。
隣がホテルになっているので、合宿も出来ます。
このようにプログラムされることが大事だと思いました。



A161028 盛岡、紫波 (41).JPG

「秋を見せる」

中庭スペースにどのような樹木を植えるのか?これも大事です。管理の面ばかり考えてはいけません。使う人が心地よく思うためには、あるいは気持ちよく思えるには、または素敵と感じられるか?それらを大切にしながら、管理面も考慮して選ぶのがよいと、改めて思います。
posted by KAZZ Satoh at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

まちのたね 017156 紫波町❸オガール@

A161028 盛岡、紫波 (32).JPG

「ファクトリーな」

青森で「Aファクトリー」という商業施設を見たからかもしれません。オガールの施設を見ても「ファクトリー」と思いました。この形態は、牛舎などをイメージしているのではないかと思いますが。



A161028 盛岡、紫波 (33).JPG

「商業施設だけではない面白さ」

オガールスペースと呼ばれている建物です。民間複合施設だそうです。先の写真は官民複合です。「民間」と「官民」の違いです。「民官」とは言いません。

なぜ、このような施設ができるのか?それは、よい計画者がいるからです。しかし、もっと注目すべきは、よい決断者がいるということでしょう。つまりは、紫波町の政治のトップにいる方々が面白いのだと思います。お役人様にありがちな前例主義を打破する力があるのでしょう。



A161028 盛岡、紫波 (34).JPG

「よき計画者たち」

この建築を直に見て思うのは、「建築する」ことの意味がすっかり変わっていることです。大学で教わった感覚の建築家像は、もはや古いものです。古いからダメだというのではなく、古いものを乗り越えた姿があるように思います。

柔軟なのだと思います。現代の建築家は。そして、形をまとめるのが上手いと思います。面白いのは、凄い感動を得る訳でもないところです。昔の建築が放つ威厳のようなものは感じられません。それは、この文章を書いている自分の資質の問題かもしれませんが、明らかにかつての建築と異なると思います。

何が異なるのかは、おいおい考えていきます。
posted by KAZZ Satoh at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

まちのたね 017155 紫波町❷駅A

A161028 盛岡、紫波 (28).JPG

「ここにも八角形」

八戸はっちを見てきた後でしたので、八角形を見ると「ここにもか」と思いました。おそらく六角形を造るよりは造りやすいのではないでしょうか。方位の概念を落とし込むにも都合がよいです。



A161028 盛岡、紫波 (31).JPG

「全景」

昔懐かし駅舎を思わせる外観です。紫波町の玄関という立て付けに見合うものだと思いました。紫波町は木材を特産としていると記憶しています。地域の特徴を取り込むに形態に好感を覚えました。



A161028 盛岡、紫波 (86).JPG

「待合室」

10月末に訪れたときは人が僅かいました。待ち時間の使い方は人それぞれですが、ここがいっぱいになる時間帯があるのだろうか?あるのであれば、どんなだろうか?と思いました。賑やかな風景を見てみたいと思いました。できれば冬場に。
posted by KAZZ Satoh at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

まちのたね 017153 紫波町❶駅@

A161028 盛岡、紫波 (18).JPG

「盛岡を離れて」

元は東北本線だったところでしょうか?地方の鉄道事情に関心がなかったので分かりません。いずれにせよ、盛岡から南へ向かいます。

ワンマン電車です。



A161028 盛岡、紫波 (19).JPG

「紫波駅」

ホームという空間は、思いのほか古いままです。駅舎は新しくなったり、エキナカなどが出来たりしますが、ホーム周辺は昔を引きずっているような気がします。



A161028 盛岡、紫波 (23).JPG

「目的は」

目的はパネルにあるとおり、OGALです。一度は観ておきたいと思っていました。この機会を逃すと紫波町を訪れる機会はないだろうと思いました。



A161028 盛岡、紫波 (27).JPG

「ピンクの幟」

駅舎のなかにありました。「街コン」です。全国どこでも。現代は「街コン」と言いますが、かつては何と呼ばれていたのでしょうか?「歌垣」?古すぎますか。
posted by KAZZ Satoh at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

まちのたね 017151 盛岡❶城から駅へ

A161028 盛岡、紫波 (9).JPG

「石垣を眺める」

昨年の10月末のころです。盛岡の城は紅葉です。このような風景を一年中眺められる場所は素敵です。オフィスであろうとマンションやホテルの一室であろうと。



A161028 盛岡、紫波 (11).JPG

「バス」

全国各地で市内循環のようろなバス路線があります。しかも、安い値段設定になっています。これは有り難いものです。観光客にとっても有り難いもので、街の様子が分かります。生活用路線なので、街の人の様子が見えて来るようです。



A161028 盛岡、紫波 (16).JPG

「川を越える」

たぶん、北上川だろうと思っています。その向こうは岩手山だと思っています。



A161028 盛岡、紫波 (17).JPG

「さて、盛岡を」

一度、盛岡を離れます。そして、鉄道のローカル線に乗ります。
posted by KAZZ Satoh at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

まちのたね 017150 八戸❾街の断片

A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (185).JPG

「つい、、、」

最上部の透明な部分はどうなっているのだろう?どなたが設計されたのだろう?などと思ってしまいます。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (188).JPG

「はっちの隅」

花が見えます。赤い花です。モノトーンの背景ですから、よく分かります。こういう設えが街に増えることを期待します。全国的に。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (194).JPG

「じぇ」

新幹線の八戸駅脇にある物産館で見つけました。八戸は岩手県北エリアと連動していますので、このようなものも売られています。「はっち」の売店で浄法寺漆器がありましたが、それと同じです。そういえば、物産館では琥珀も売っていました。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (199).JPG

「新幹線ホーム」

チューブのような外形です。他の駅と異なるので、写真を撮ってしまいました。これで、視察は終わりです。南へ下りますが、自分だけは盛岡で下車しました。まだまだ続きます。
posted by KAZZ Satoh at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

まちのたね 017148 八戸❽横丁

A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (170).JPG

「横丁の街」

八戸は横丁の街でもありました。滞在時間が少なかったことを残念に思いました。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (171).JPG

「横丁としての設え」

いくつかある横丁のなかでは、最も新しいとのことです。ですから、ちゃんと整っています。ちゃんとしているところが面白いです。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (174).JPG

「どこまで許されているのか?」

このような通りが存在することが街を豊にすると思います。行政側は、どのようなスタンスでしょうか。たぶん共犯者だと思います。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (176).JPG

「しびれるほどの」

何時の時代か分からなくなるような風景です。このような風景が残っていくことを願います。それは、ノスタルジーではありません。活力の表現という意味において。
posted by KAZZ Satoh at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

まちのたね 017145 八戸❼はっちD

A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (157).JPG

「南部煎餅」

元南部藩ですから、八戸にもあります。屋台が素敵です。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (159).JPG

「寄ってみました」

これは売り物ではありませんでした。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (158).JPG

「テラス」

内部空間と外部空間を繋ぐ場所です。よくできています。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (162).JPG

「椅子」

はっちに座る。ということになります。
posted by KAZZ Satoh at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

まちのたね 017144 八戸❻はっちC

A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (128).JPG

「こどもの居場所」

はっちの中にこのような場所があることが素敵です。しかも、デザインが甘くないところも素敵です。ここで遊ぶこどもたちは、このデザインに触れながら育つのでしょう。原風景のひとつとなります。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (132).JPG

「まちぐみ」

面白い存在のようです。行政との距離感も面白いようです。適度でかつ緊張感のある関係のようです。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (139).JPG

「クォーツ」

人工クォーツを制作する会社と工場が八戸にあるそうです。地場産業の紹介ですが、このような表現に驚きました。少しカッコよく。と思えば、いろいろとできるものだと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

まちのたね 017143 八戸❺はっちB

A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (120).JPG

「中庭に面して」

はっちの中庭は八角形ですが、面してカラフルなイスが置いてあります。各階によって異なるイスが置かれていますが、このような設えがアクティビティの多様さを具現しているようで面白いです。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (96).JPG

「見上げれば」

建築の図面には「VOID」という言葉が疲れます。日本語に訳すときに様々な意味合いに変換されますが、ここはまさに「なにもない」場所。あるいは、「何もできない」場所だと思いました。

「空」が中心にあるとは、なんと日本的だろうと思いました。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (118).JPG

「窓際」

花一輪。誰の仕業でしょうか。
posted by KAZZ Satoh at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月29日

まちのたね 017142 八戸❹はっちA

A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (88).JPG

「ミニFM」

このような活動の費用対効果を求める声が上がることがよくありますが、続けていくことに意味が出てくるものだと思います。給与とやりがいが担保されていれば、少しずつ面白くなるものだと思います。八戸で続いているということは、容認されているのだろうと思いました。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (90).JPG

「う、浄法寺」

八戸が南部藩であることが良く分かります。岩手県二戸市浄法寺町の漆器が売られていました。こういう現象を見ることが好きです。現代の「境」の感覚だけでない区切り方が見えてきます。馬淵川+安比川で繋がる文化圏でもあります。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (95).JPG

「なんだこれは?」

青森のワラッセを思い出しました。そして、黄泉も思い出しました。暗い海の向こうにぼやあと光る集団が見えたような気がしました。盆に帰ってくるのだろうと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

まちのたね 017141 八戸❸はっち@

A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (71).JPG

「伊調選手おめでとうございます」

「はっち」という施設の入り口に飾ってありました。2016年10月下旬のことです。リオ・オリンピックが行われた年で、伊調選手が4連覇を果たしました。地元としては当然のことですね。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (76).JPG

「全景」

すぐに「建築的」評価を考えてしまうよう自分を訓練していることに気がつきます。このような写真を撮ると。しかし、「はっち」の魅力は、それを超えているはずです。建築があって、アクティビティがしっかりと仕組まれています。そういう姿勢を評価する時代に入っていると思いました。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (77).JPG

「ロゴ」

ロゴのデザインに見え隠れする意図を左脳でくみ取りながら、右脳でキャッチする。まるで、曲芸です。

右脳でキャッチするだけではプロになれないのだろうと思っています。しかし、難しいものです。
posted by KAZZ Satoh at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

まちのたね 017139 八戸❷馬淵川

A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (69).JPG

「川下」

岩手県二戸市を流れる馬淵川からみると、相当に川下です。海の気配を思うほどです。八戸の馬淵川は。
posted by KAZZ Satoh at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

まちのたね 017135 八戸❶八食

A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (45).JPG

「郊外の市場」

どのような経緯でできたのか分かりませんが、なかなかに凄い規模です。港に近いところにないのが面白いです。むしろ、海産物をメインにしたショッピングセンターのような感じで、強力な気がしました。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (46).JPG

「伊調!」

金メダルおめでとうございます!八戸市民も大喜びのようです。そうでしょう。すごいことです。本当に。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (60).JPG

「そして、まちづくり」

八食センターの2階はホールになっているそうで、そこでいろいろな催しが開かれています。「まちづくり」に関するイベントも開かれるところが素敵です。しかも、ポスターが作られ、盛り上がっているように思いました。

八食センターのような場所が、オリジナルを産むのでしょう。
posted by KAZZ Satoh at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

まちのたね 017134 十和田へ

A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (11).JPG

「八甲田から十和田へ」

大型タクシーの車窓から。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (30).JPG

「奥入瀬」

銚子大滝です。千葉県民からしてみると、なんだか不思議なネーミングです。立派な滝です。



A161027 八甲田、奥入瀬、十和田湖、八戸 (37).JPG

「十和田湖」

もう見ることもないと思っていたけど、、、などと思っていました。なぜ、このようなことを思うのか、よく分かりません。どういう気分だったのか。
posted by KAZZ Satoh at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

まちのたね 017133 八甲田

A161026 二戸、青森、八甲田 (80).JPG

「青森から八甲田へ」

酸ヶ湯へ向かいました。途中に茶屋があります。そこで休憩となり、山の写真を撮りました。昨年の秋のことです。



A161026 二戸、青森、八甲田 (91).JPG

「八甲田ホテル」

いつかは泊まってみたいと思わせるホテルに泊まりました。有り難いことです。このような場所を体験することも研修のひとつです。なぜなら、ホテル空間を街の空間に置き換えることで、街で行われるべきアクティビティが見えてくると思うからです。



A161026 二戸、青森、八甲田 (85).JPG

「ログハウス」

ログハウスに興味があります。それは、ライフスタイルとしてではなく、イヌイットやネイティブアメリカンの生活を想像できるからです。丸太の厚みをもつ家は、どのようなものなのか?何を感じることができるのか?



A161026 二戸、青森、八甲田 (96).JPG

「ホテルのまわり」

自然が迫る場所です。油断していると覆われてしまうのでしょう。常に対処しなければならないのでしょう。安泰などという言葉は無縁なのかもしれない、などと思いました。

安泰であるために、常に自然と対峙するのでしょう。



A161026 二戸、青森、八甲田 (109).JPG

「カーネーション」

花一輪の有り難さ。
posted by KAZZ Satoh at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする