2017年04月10日

まちづくり関連本、など 1345

A井上道義 ショスタコーヴィチ 交響曲全集.JPG

「井上道義 ショスタコーヴィチ交響曲全集」
2017

今年の2月に発売されたばかりのようです。千葉県少年少女オーケストラの定期公演で販売されていました。

井上さんがショスタコーヴィチ交響曲を全曲指揮したと聞いていましたから、このアルバムは自分にとっては待望のものです。12枚組でとても丁寧にまとめられています。ロシア構成主義的なパッケージデザインも好きです。

さて、演奏ですが、交響曲の最後から聴いています。そして、今、ブログの記事を書いているこのときは交響曲第1番に辿り着いています。聴きながら書いています。どの演奏も、井上さんの渾身が伝わってくるように思いました。できることなら、しっかりとしたオーディオ装置で聴きたいと思います。

この全集が素晴らしいのは、千葉県少年少女オーケストラの演奏も収録されていることです。第1番を演奏しているのですが、ショスタコーヴィチが19歳のときの作品だそうです。それを井上さんが、同年代の若きオーケストラに演奏させました。全集のCD1枚目には第1番がふたつ収録されています。最初に聴けるのはサンクトペテルブルク交響楽団で、その次に千葉県少年少女オーケストラの演奏が収録されています。

全演奏を日比谷公会堂で行ったそうです。この企画も凄いと思いましたが、千葉県少年少女オーケストラも日比谷公会堂で演奏したそうです。そして、彼らの演奏を聞いた他のオーケストラの目の色が変わったらしいということを聞きました。全編が気迫に溢れているのは、井上さんの執念によるものだけでなく、若きオーケストラがもたらしたものを要因のひとつなのではないかと思います。

もう少しで、千葉県少年少女オーケストラの演奏が始まります。
posted by KAZZ Satoh at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月09日

まちづくり関連本、など 1344

Aちょくやく.JPG

「音楽のカテゴリーで」

勢いにのって買ってしまいましたが、使えません。やがて、黄ばんだ白い紙になってしまいそうです。英語の歌詞を書き写して、それを訳して歌う。という作業をするのが、このノートのもっとも正しい使い方です。間違っても「お絵かき帖」として使ってはいけません。端っこにパラパラ漫画を描くなんてのは、もってのほかです。しかも、主人公が王様で「高速道路の星」のソロを弾いている、なんてのが、もっともいけません。
posted by KAZZ Satoh at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

まちづくり関連本、など 1342

A千葉県少年少女オーケストラ 第20回定期演奏会.JPG

「千葉県少年少女オーケストラ 〜結成20周年・財団設立30周年記念〜」
2017

2016年3月に行われた演奏の録音です。ジャケットで判断できますが、20周年の記念は「第九」でした。その前に「シャコンヌ」(バッハ)を演奏しましたが、その後は第九です。プロのソリストと合唱は東京オペラシンガーズ。指揮は、下野竜也。なんと豪華な布陣でしょうか。とても10歳から20歳までのメンバーで構成されているオーケストラのものとは思えません。

アンコールに「大地讃頌」が収録されていますが、これも聴きごたえがあります。このような活動を千葉県がなされていることは賞賛に値します。知事がどなたであっても、この活動がとん挫しないことを願います。

叶うならば、ラ・フォル・ジュルネでも演奏してほしい。クラシックファンが各地から集うのですから、その方々に鑑賞していただきたいと思います。そして、このオーケストラをさらに成長させてほしいと思います。
posted by KAZZ Satoh at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

まちづくり関連本、など 1339

A VINTAGE.JPG

「VINTAGE」
TOSHIKO & LEW、2008

先日、銀座山野楽器で見つけました。「生産中止」と書いてあるものですから、買わずにはいられないと思いました。裏を返せば、そのように書いてなければ、控えたでしょう。しかし、一度、ルウ・タバキンの演奏を聴いているので、見つけると手に取って眺めてしまいます。買うか買わないかは、その時の財布の事情に因ります。

ところで、このアルバムは夫婦でデューク・エリントンを演奏しているというものです。ビッグバンドの曲を二人で演奏するというものです。こういう演奏は、ごまかしがききません。演奏者の力が明確に出ると思います。すごいアルバムなのだな、と思って聞いています。飽きることなく聴けることを思うと、本当に力があるのだろうと思います。自分にみたいなモノ知らずでも、そのように思うのですから。
posted by KAZZ Satoh at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

まちづくり関連本、など 1334

A TRUMPET CONCERTOS.JPG

「TRUMPET CONCERTOS」
JOSEF HOFUBAUER、2016

銀座山野楽器で見つけました。輸入盤です。最初に収録されているトランペット協奏曲を聴きたかったからです。作曲は、アレクサンドル・アルチュニアン。現代の作家になるようです。3月26日に行われる千葉県少年少女オーケストラの定期公演で演奏される曲のひとつです。ですから、いわゆる「予習」です。

アルバム全編を通して、トランペットが冴えわたります。久しぶりに良い音を聴いたようにな気になりました。モーリス・アンドレ以来ではないかと思いましたが、自分が無知なだけです。素晴らしトランぺッターは沢山いることでしょうから。

それにしても、ほれぼれします。
posted by KAZZ Satoh at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

街づくり関連本、など 1333

Aショスタコーヴィチ 第6番 第9番.JPG

「ショスタコーヴィチ 交響曲第6番、第9番」
指揮:マリス・ヤンソス、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団、1991録音

ショスタコーヴィチのことはよく分からないのですが、ロシア革命のころに「革命」と名が付く曲を作っています。たしか、NHKの「らららクラシック」だったと思いますが、肯定的に創ったわけではないようなことを聞いたように覚えています。そして、指揮者である井上道義さんが、ショスタコーヴィチの交響曲全曲を演奏したことがあるということも聞きました。

柏あたりのCDショップでは、井上さんが指揮をした演奏がCDになっているものを見かけませんので、手に入りやすいものでコツコツと集めてみようと思いました。好きか嫌いかではなく、聴きながら何を感じるのか知りたくなりました。知らない世界が開けるかもしれません。

このCDは、全体の音圧が低いようです。最近のCD、特に日本のミュージシャンのものはラジオCDプレーヤーのようなものでも、よく聞こえます。それに比べると、昔のCDのようです。ですから、あまり迫力が感じられないのでヴォリュームを上げますが、音がもう少しクリアーであるとよいのに、、、などと訳知り顔になってしまいます。困ったものです。自分が。

さて、曲ですが、個人的には「近代」と呼ばれた時代のものが好きなようです。古典的な交響曲に比べて、ストラビンスキーなどのロシア系が好きなようです。まあ、クラシックのファンと言えるほどの教養がありませんので知らないものばかりですから、そのうち他の地域の作曲者たちに出くわすと大きな転換が起きるかもしれません。

自分でもよく分かりませんが、ショスタコーヴィチやガーシュインなどは、何回聴いても飽きません。国や地域の観点よりも、時代性なのかもしれません。自分が関心を示すのは。
posted by KAZZ Satoh at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

まちづくり関連本、など 1332

Aファリャ 三角帽子.JPG

「バレエ音楽《三角帽子》火祭りの踊り 他」
アンドレ・プレヴィン指揮、2016

このCDは2016年にリリースされたようですが、ライナーノーツの解説には2001年とあります。演奏は、1982年と1989年に行われているとのことです。

このアルバムを購入したのは、「予習」のためです。千葉県少年少女オーケストラの定期公演の演目のひとつが「三角帽子」です。まったく馴染みがないので、聴いてみたくなりました。スペインな調子が面白いです。このような楽曲を聴くと、ヨーロッパの音楽は、実は多重構造であることが分かってきます。いわゆる「クラシック」というものをジャンルで括っていますが、純粋クラシックと民族調クラシックと大きく分かれているのではないかと思います。クラシックに詳しくなく、民族音楽に興味を覚えていた自分としては、曲によって垣間見える民族調にヨーロッパの多重性と底力が表れているように思います。

EUと各国の在り方が、実はクラシック音楽に体現されているのではないかと、分かった風なことを思ってみたります。
posted by KAZZ Satoh at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

まちづくり関連本、など 1330

Aトリトメナシ.JPG

「トリトメナシ」
チャラン・ポ・ランタン、2017

知っている人は知っている有名な人になってきました。と、勝手に思っていますが、自分などがおもう以上に多くの方が注目しているのだろうと思います。ミスター・チルドレンのライブにも登場するらしいですし。

さて、今回のアルバムも、元気です。テンポが速いです。こちらに元気があるときに聴くと、この人たちの元気さに打ちのめされる気がしました。ノリにノッている感じが伝わってきます。
 ところが、こちらが元気足りないとき、例えば二日酔いから復活できないでいるとき、、、そんな時に聴くと元気を沢山もらえる気がします。面白いものだと思いました。

面白いのは、Reiと片平里菜と共作している曲があることです。その他に東京スカパラダイスオーケストラともやっています。誰もが注目するユニットなのでしょう。
posted by KAZZ Satoh at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

まちづくり関連本、など 1329

Aピアノレッスン.JPG

「ピアノレッスン」
マイケル・ナイマン、1994

映画のサントラ盤です。先日、バラエティ番組で曲が流れたので、思い出しました。そして聴いてみました。そうしたら、テオ・アンゲロプロス監督作品のサントラ盤より哀しいことが分かりました。こちらのほうが感情を揺さぶります。テオ・アンゲロプロスのほうは、自分を遠くに連れていくような気がします。そして、彷徨うことを強いられるようなきがします。

ピアノレッスンは、内に籠ります。自分の内面に深く落ち込み、そして、眠らせておいた感情の蓋を開けらてしまいます。封じ込めていたものたちが、炭酸が吹きあがるようにこみ上げてきます。気を付けないと、収集が付かなくなります。

ゆっくりゆっくり聴かなければなりません。用心深く聴かなければなりません。作業が出来なくなります。
posted by KAZZ Satoh at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

まちづくり関連本、など 1328

A Musics For Films.JPG

「Music For Films」
エレニ・カラインドルー、1991

先に挙げた「こうのとり、たちすさんで」サウンドトラック盤と同じ時期に手に入れました。テオ・アンゲロプロス特集を映画館で上映されていたときです。このアルバムも映画館で見つけました。CDショップでは手に入らないと思い、決断しました。その時に買わないと、買えなくなるものがあります。海外旅行で、そのような経験を何度かしました。大したものではありませんが、あのときに買っておけばよかったと思ったものです。

このアルバムには3つの作品に提供された曲が納められています。「Landscape in The Mist」「The Beekeeper」「Voyage To Cite」ジャケットの写真は、「Landscape in The Mist」邦題は「霧の中の風景」です。ドイツに出稼ぎに行った父を追ってドイツに向かおうとする少女とその弟の話です。バルカン半島に霞む霧の向こうの世界に旅立つのですが、この姿がバルカン半島の現実を現わしているのかもしれないと思いながら観ました。

残念ながら、他の2作品は観ていません。しかし、チャンスがあれば観ておきたいと思っています。ギリシアの現実というものを正確に理解できる人がいるのだろうか?と、アンゲロプロスの映画を観るたびに思います。観光地のひとつとしてギリシアを眺めてしまいますが、そこに生活があります。
posted by KAZZ Satoh at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

まちづくり関連本、など 1327

Aこうのとり、たちすさんで.JPG

「こうのとり、たちすさんで オリジナルサウンドトラック」
エレニ・カラインドルー、1992

テオ・アンゲロプロス監督作品「こうのとり、たちすさんで」のサウンドトラックです。眠っていたものを掘り起こしました。

四半世紀も前の映画であることに気がつきました。ですから、物語が霞んでいます。この映画が日本で公開されたころ、アンゲロプロスの映画がまとめて上映されました。頑張って観に行きました。旅芸人の記録は見逃したように思っています。

「こうのとり、たちすさんで」も映画ではっきりと覚えているのは、ジャケットの写真にあるシーンです。国境で離ればなれになった人々が、行き来を許されないまま、結婚の儀式をします。花婿と花嫁がそれぞれの川岸に立ちます。すごいことが起きていると思いました。バルカン半島の現実なのか、それともファンタジーなのか分かりませんが、相当なリアリティを感じたことを覚えています。

アンゲロプロスが描く、ギリシア北部マケドニア地方から東欧を遠望するような暗い空や風景を旋律にすると、このアルバムに納められている音楽になります。見事に体現されているのだろうと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

まちづくり関連本、など 1321

A HANDS.JPG

「HANDS」
BRIAN BROMBERG、2009

ジャケットにあるように、どの曲もウッドベースのみの演奏です。このアルバムはキングレコードからの発案だそうです。こういうものが生まれることが凄いと思います。チャレンジする気持ちをもってCD制作がなされる21世紀の現場のひとつなのでしょう。
 とても豊かな世界が広がっているような気がします。無限なのかもしれない、と思えます。

キングレコードは「低音傑作選」というシリーズをリリースしています。「WOOD」も「WOOD2」も「HANDS」もこのシリーズです。有り難いことです。何度聴いても引き込まれます。これは演奏が素晴らしいのはもちろんですが、録音技術の発達によるものらしいことを「HANDS」のライナーノーツを読んで知りました。

こういうことを知ってくると、かつての名演奏と言われてきたものへの欲求が高まります。一方で、当時の録音の妙味も捨てがたいので、両方を聴き比べしたくなります。まあ、オーディオファンではないので、欲求を言葉にするところで留まりますが。
posted by KAZZ Satoh at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

まちづくり関連本、など 1319

A WOOD 2.JPG

「WOOD 2」
BRIAN BROMBERG、2005

続きがあることを知りました。こういうことをアマゾンで知るのが現代です。そして、アマゾンの護符とカードで買いました。ネットで購入するのに番号を入力すると売買成立です。たいしたものです。

ところで、このアルバム。前作よりも、アグレシッブに思います。ピアノやドラムがガンガン聴こえてくるからかもしれません。演奏にあおられて作業もやる気になります。とくにドラムが響きます。
深呼吸をして落ち着かなければと思うほどです。これも飽きません。なんだか、永遠に聴いていたい気持ちになります。

生きていてよかったと思えるアルバムのひとつです。
posted by KAZZ Satoh at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

まちづくり関連本、など 1315

A王様伝説.JPG

「王様伝説」
王様、2003

今年が2017年ですから、14年前にリリースされたことになります。そのころは、金沢にいました。王様の演奏を拝見したのちに、王様から直接購入いたしました。丁寧にサインも頂きました。有り難いことです。

これは、ベスト盤ですが、本当にベスト盤です。嬉しいくらいに。最後に収録されているのが、リハーサル時の録音ですが、そうる透が叩いています。これが、なんだか有り難い。

王様については、別の機会にします。
posted by KAZZ Satoh at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

まちづくり関連本、など 1313

A THRILLS.JPG

「THRILLS」
LED ZEPPELIN、1992

イタリアで販売されたもののようです。1977年にロスアンジェルスで行われたライブです。つまりは、海賊盤です。どこで買ったのか、覚えていません。何年も前に手に入れました。かつての仕事場での同僚がくれたものかもしれません。

2枚組です。1枚目の1曲目が、MOBY DICK。20分以上の演奏です。次の曲がACHILLES LAST STAND。こちらは25分弱。このような演奏を観てしまうと、型にはまったものは全部つまらなく感じてしまうでしょう。1970年代は、このような雰囲気に満ちていたのだろうと思います。ジャズもロックもやりたい放題です。

80年代以降は決まりに事に収まっていったと理解してよいのかもしれません。マネジメントの勝利です。そして、何かがつまらなくなりました。
posted by KAZZ Satoh at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

まちづくり関連本、など 1312

A MY ROOM side 4.JPG

「MY ROOM saide4」
Hiroko Williams、2016

ウイリアムス浩子の4枚セットの最後のアルバムです。このようなコンセプトそのものが豊かであるように思います。ゆったりと時が流れていく気分をCDではなく、レコード盤の感覚で愉しむことが贅沢に思えます。

2016年も最後が見えてきました。そこで、このような気持ちでいられることに感謝します。
posted by KAZZ Satoh at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

まちづくり関連本、など 1311

A MY ROOM side 3.JPG

「MY ROOM saide3」
Hiroko Williams、2015

数曲ずつのミニアルバム形式の第三弾です。ライブの時に浩子さんは、レコード2枚組の想定だと言っていました。これは、2枚目のA面ということになります。

ライブはアグレッシブに響きましたので、このアルバムの雰囲気とは異なりました。そういうことを知るのが面白く思います。同じものを再現してくれと思いません。ジャズですから。
posted by KAZZ Satoh at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

まちづくり関連本、など 1310

A MY ROOM side 2.JPG

「MY ROOM saide2」
Hiroko Williams、2015

ていねいに作られたアルバムだと思います。なんだか、柔らかい気持ちになります。別の人間になりそうです。それも良いのかもしれません。
posted by KAZZ Satoh at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

まちづくり関連本、など 1309

A MY ROOM side 1.JPG

「MY ROOM saide1」
Hiroko Williams、2014

2016取手ジャズナイトに出演されました。そして、うちにアルバムがあります。会場で購入しました。

ジャズ・ヴォーカルとアコースティック・ギターの組み合わせです。静かに聴いています。穏やかになります。
posted by KAZZ Satoh at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

まちづくり関連本、など 1308

A WOOD.JPG

「WOOD」
BRIAN BROMBERG、2001

探し求めていたものを見つけました。何年か前に柏の知人に紹介してもらいました。借りて、何度も繰り返して聴いていました。しかし、演奏者の名前を覚えられなかったので、迷宮入りとなっていました。
 あるとき、CDショップで名前を見つけましたが、このアルバムではありませんでした。それが、先日、見つかりました。次男へのクリスマスプレゼントを求めに出かけた際に。これは、自分への贈り物とします。

ウッド・ベースの響きを、これほどに魅力的に録音されているアルバムはないのではないかと思うほど、ベースの音がガンガンに響いてきます。

早く、いろいろなことを片付けてベースの練習をできるような気分にならなければなりません。
posted by KAZZ Satoh at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする