2017年06月15日

まちのたね 017165 太陽の塔がいっぱいF

A IMG_4789.JPG

「土俵入り」

祝、稀勢の里。という意味も込めて。
posted by KAZZ Satoh at 09:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

まちのたね 017162 アートのような

A IMG_4778.JPG

「男便所」

とあるライブハウスの男便所です。アートのようだと思いました。
posted by KAZZ Satoh at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

まちのたね 017159 太陽の塔がいっぱいE

A IMG_4771.JPG

「なにをしているのだろう?」

自分で作っておいて、こんなことを言うのもなんですが。
posted by KAZZ Satoh at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

まちのたね 017154 太陽の塔がいっぱいD

A IMG_4770.JPG

「季節を先取り」

ひと月前に写真を撮ったように覚えています。早くも西瓜を頂きましたので、太陽の塔たちに共演してもらいました。多少、浮かれているように見えます。
posted by KAZZ Satoh at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

まちのたね 017147 太陽の塔がいっぱいC

A IMG_4765.JPG

「東京防災」

「東京防災」と聞くと「東京砂漠」を思い出すのはなぜでしょうか。どうでもよい話ですが、それに輪をかけてくだらない話になります。それが写真にある有様です。
posted by KAZZ Satoh at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

まちのたね 017140 太陽の塔がいっぱいB

A IMG_4746.JPG

「盆栽と競演」

盆栽を室内にいれているので、鉢の受けとして器が必要でした。弁当のプラスチックのそれがぴったりの大きさでした。

で、そこに太陽の塔たちです。
posted by KAZZ Satoh at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

まちのたね 017138 太陽の塔がいっぱいA

A IMG_4743.JPG

「コップのふちに」

かつてのコマーシャルを思うと、「コップのふちにいたっていいじゃないか」と叫んでみようか。



A IMG_4744.JPG

「2体」

つまりは、団体演舞が可能です。


posted by KAZZ Satoh at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

まちのたね 017136 太陽の塔がいっぱい@

A IMG_4742.JPG

「岡本太郎記念館にて」

青山にある岡本太郎祈念館に、、、あれ、祈念館。いや、記念館に行ってきました。そこで見つけたのが、ガチャガチャとかガチャポンとか言われるものです。全部、太陽の塔が入っているようです。「コップのふちの太陽の塔」というもののようです。

なんて恰好をしているのか。
posted by KAZZ Satoh at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

まちのたね 017096 KJSO

A161016 KJSO @ アートラインかしわ2016 (1).JPG

「柏ジュニアストリングオーケストラのワークショップ」

2016年の秋のことです。柏ジュニアストリングオーケストラがアートラインの一環でワークショップをしました。個人的には、好きなイベントです。弦楽器に触れる機会が少ない中で、青空の下、クラシック音楽に親しむ機会を作っています。

自分が、少しずつクラシック音楽に馴染んできているから思うのですが、音楽に貴賤はなし。ポピュラー音楽ばかり聴いている人はクラシックを遠ざけ、クラシックばかり聴いている人はポップスを敬遠する傾向があるように思われますが、そんなことを気にせずに「ただの音楽」と思えれば楽なのに、、、と思います。

ところで、今年もファミリー広場で開催されるのでしょうか。そうであれば、また観に行きたいと思います。もし、別のところで行われるのであれば、探しに行こうと思います。
posted by KAZZ Satoh at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

まちのたね 016263 福永明子展@柏

A IMG_4095.JPG

「11月下旬のこと」

いしど画材にて小さな個展がありました。いしど画材で福永さんの教室が始まるそうです。

福永さんの絵は透明感があると思います。「清い」という気がします。ご本人がどうかという話は横に置いておいて、作品が「清い」というのは特徴なのだろうと思います。この「清さ」に多くの人は惹かれるのかもしれません。

一方、ドロドロしたものが好みの人もいます。内面をえぐるような、内臓を掻きむしられるような作品を作る人もいます。どちらがいいのかという話ではなく、そうなってしまうのだと思います。思いのたけを著わしたあげくのことです。これはこれで仕方がありません。

福永さんの絵を見る機会に恵まれるたびに、作家がどのように変化していくのか?ということを愉しんでいる自分に気がつきます。
posted by KAZZ Satoh at 10:28| Comment(2) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

まちのたね 016260 球

A IMG_3922.JPG

「穿たれる」

正面に立つ。正面だと思うところで。

A IMG_3926.JPG

「覗いてみる」

スマホで。本当は、観ていない。
posted by KAZZ Satoh at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

まちのたね 016246 缶バッジ

A IMG_3905.JPG

「スタンプラリーの成果」

アートラインかしわ2016のスタンプラリーを達成したのちに手に入るものは、この缶バッジです。これは100個用意されたと聞きました。これの他にオリジナルヴァージョンが20個。これらは、すべて絵が異なります。

好きなものをもらえるのではなく、箱の中に手を突っ込んで探り当てます。そして、出てきたのはオーソドックスなものでした。スタンプラリーは、一人一回とお願いされているので、これっきりです。
posted by KAZZ Satoh at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

まちのたね 016242 共晶点

A IMG_3845.JPG

「アートラインかしわの華」

2016年のアートラインかしわでも開催されました「共晶点」。柏に所縁のある作家たちが展示をします。毎回思うのですが、見ごたえがあります。作家たちが自分の人生を注ぎ込んでいるなあ、といつも刺激を受けます。

いつも思うのですが、会期が短い。もう少し長く展示できればいいのに。と、思います。

写真は、オープン直前の様子です。
posted by KAZZ Satoh at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

まちのたね 016237 ピンクの季節

A IMG_3849.JPG

「継続は力なり」

アートラインかしわ2016が終わったようです。今年で11回目です。街は少しずつ変わっていきますが、なるべく長く続いていくことを期待します。



A IMG_3850.JPG

「街灯のメッセージ」

油断できません。街を歩いていて、このような文言に出くわします。ここで歌人や俳人が歌会や句会をやって頂く。それは、アートラインが仕掛けるのではなく、結社の方々が勝手に行う。このような連動が生まれると街の魅力が倍増するのだろうと思います。

または、ストリートミュージシャンが、これらの文言を大声で読み上げながらギターを搔きむしる。とか。勝手にインスパイアされて、勝手に次のアクションが生まれる。こういうのを面白がりたい。
posted by KAZZ Satoh at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

まちのたね 016235 スタンプラリーの始まりと終わり

Aスタンプラリー開始前.JPG

「アートラインかしわ2016の始まり」

この時点で、実はアートなのではないかと思います。空白を埋めるのは、実はスタンプではなく、自分自身です。勝手に絵を描けばよかったか。。。



Aスタンプラリー完遂.JPG

「アートラインかしわ2016の終わり」

遠目で見ると、上手くできているように見えます。近づくと、スタンプの押し方が甘いので、ズレが見つけられます。

しかし、この程度で丁度よいと思います。自分としては。完璧を目指さない。目指しても、失敗を受け入れる。その隙間がアートになる。などと、思います。
posted by KAZZ Satoh at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

まちのたね 016222 スタンプラリー@アートラインかしわ2016

A IMG_3846.JPG

「美術作家のすばらしさ」

アートラインかしわ20016にてスタンプラリーが行われています。各ポイントでスタンプを押すのですが、完遂すると一枚の絵が仕上がります。その出来上がりっぷりがすばらしい。

しかし、もっと素晴らしいのは、スタンプを押す側にも完璧さを求めているところです。そのために、どうすれば上手くスタンプできるのかを、指南されます。



A IMG_3848.JPG

「上手くいったり、いかなかったり」

クリアフォルダーの四隅に切られているトンボに合わせて用紙を挟み込みます。そして、そのポイントであるピンクの枠に収まるようにスタンプを押します。すると上手くいくことになります。

しかし、実は、このように丁寧に指南されても上手くいかないときがあります。少しズレます。これをどのように捉えるのか?
 そうか、美術家が我々に求めるのは、そのズレが人生を著わすということを理解せよということか。そして、完璧に生きることの難しさ。目指すことの大切さ。さらに、上手くいかないことも「これでよし」と自分を認めていくことの重要性。などなどを体感させるものなのでしょう。これは、アート行為です。
posted by KAZZ Satoh at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

まちのたね 016216 エレベーターの中@アートラインかしわ2016

A161002 アートラインかしわ2016 (26).JPG

「馴染んでいるのか、いないのか」

アートラインかしわの企画ですが、これも定番になっているのでしょうか。毎年、お目にかかっているような気がします。

秋になるとエレベーターの中が彩られます。駅の自由通路から商業ビルに上がっていく箱の中が。これは季語になりましょうか。ローカルルール適用という話ですね。
posted by KAZZ Satoh at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

まちのたね 016215 今日で最後かな@アートラインかしわ2016

A161002 アートラインかしわ2016 (25).JPG

「柏島屋連絡通路」

6Fの連絡通路に展示されています。記憶に間違いがなければ、今日で最後だったような。

10月初めにライブペインティングがあったようです。その作品です。蛍光塗料を使っているようで、影になると別の表情を見せます。アートは、日常から少しズレる感覚を提供してくれます。しかし、その先を追い詰めてはいけません。戻ってこられなくなります。
posted by KAZZ Satoh at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

まちのたね 016213 渦巻か@アートラインかしわ2016

A161002 アートラインかしわ2016 (17).JPG

「7階から4階へ」

今年も、柏高島屋ステーションモールの吹き抜けに作品が現れています。



A161002 アートラインかしわ2016 (19).JPG

「勝手な考えですが」

渦潮なのだろうと思いました。以前、鳴門で渦潮を船の底から眺めたことがあります。そのことを思い出します。

空中に出現した渦潮。正確には、渦潮の表面とでも言うべきなのかもしれません。作者は渦潮と思っていないかもしれませんが、勝手にそのように解釈しています。そして、勝手に思いを巡らせることにしますが、空気中に渦潮が現れるということは、何をかき混ぜようとしているのか?柏の街をかき混ぜて、何が沈み込んでいき、何が生まれ変わるのか?転換期にあるのだろうと、どんどん勝手な想像が膨らみます。
posted by KAZZ Satoh at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

まちのたね 016212 落書き@アートラインかしわ2016

A161002 アートラインかしわ2016 (10).JPG

「落書きしていい街」

アートラインかしわ2016の企画です。これは素敵です。チョークで路面が落書きされまくっていました。素晴らしいです。



A161002 アートラインかしわ2016 (11).JPG

「この人はプロ」

多くの本当の落書きのなかに本物さんがいました。見入ってしまいます。このようなシーンが、アートラインかしわの真骨頂だと思います。



A161002 アートラインかしわ2016 (12).JPG

「タイル目地も」

職業柄、断然好きな風景です。
posted by KAZZ Satoh at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ART LINE 的 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする